Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

緩衝材

 

こんばんは!君嶋です。



今日は緩衝材の話をしようと思います。


あなたは日本で物を買うとき、届いた箱に詰まっている新聞紙をどう思いますか?

僕は正直言って好きじゃないんですよ。ゴミにするにもかさばるし。


なので、「お客さんもそうに違いない!」と思ってこんな感じの緩衝材を使ったことがありました。


君嶋の輸出ブログ-緩衝材


商品にプチプチをぐるぐる巻いて、箱につめて、緩衝材をつめる、っていう感じですね。


これって結構届いた側としては楽なんですよね。「ぷすっ」って穴をあけて、ぺちゃんこになるんで。



さて、以前の記事(http://amba.to/ulxWz0)で書いたんですが、お客さんが住所を間違えて、商品が戻ってきたことがありました。

この商品は結構平べったく大きい商品で、ちょうどいい段ボールがなかったんですよ。

それで結構大きめの段ボールに、上の緩衝材を大量に詰めて送ったんですね。


それで返ってきた箱をみてびっくり…。超つぶれてるじゃないですか。

箱を開けるとその緩衝材の半分くらいが空気抜けてました。

これじゃあ何の意味もないですね。



それ以来新聞紙に切り替えました。新聞紙は商品にフィットするので、楽で安全です。


さらにわかったのが、「海外のお客さんにとっては日本の新聞紙はゴミではない。」ということです。

実際新聞紙を広げて読んで、「新聞読んだんだけど、日本ではまだポケモンは流行ってるの?」という話から、ポケモンの商品を買ってくれたお客さんがいます。



「空気の緩衝材より重いから送料が高くなる。」という理由で新聞紙使わない人がいますが、試しに新聞紙つめて、新聞紙の重さをはかってください。

せいぜい100g前後のはずです。むしろそれ以上使うようであれば、箱をちょうどいいものに変えましょう。箱の重さによる送料のほうがよっぽど馬鹿にならないですよ。



ということで、個人的には緩衝材には新聞紙またはチラシをお勧めします。タダだし。(これ重要)





P.S.

ブログで取り扱って欲しい話題を募集しています。

eBayに関する、「これについて書いてほしい」「こんな悩みが…」があれば下記までメール下さい。

overseaselling11@gmail.com

特に初心者の方大歓迎です!



P.P.S.

12月1日に「輸出交流会」なるイベント(?)を都内で開催します。

輸出をやっている方、初心者の方など、歓迎です。

最近色んな人と会って思うんですが、同じ志を持った人との話は非常に刺激になり有益なので、平日ですが、興味のある方、是非参加してください!

今のところ少人数なので濃い話が出来ると思いますよ。

一度締め切ったんですが、会議室を予約し、まだ1名分空きがあるので、再募集します。


日時:12/1(木) 19:00くらい~(遅刻参加歓迎)

場所:新宿の会議室など(参加者の方にお伝えします)


参加希望の方は、overseaselling11@gmail.com までメール下さい。お待ちしてます!



P.P.S.

全世界戦略SNSのメッセージにて、12月1日の「輸出交流会」に参加表明頂いた方、これを読んでいたら下記までメール下さい。(急なメンテナンスで繋がらないので…)

overseaselling11@gmail.com



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。