Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

裏ワザなどない

 

こんばんは、君嶋です。





eBayをやっていて発生する悩みの一つに、


「しっかりリサーチして出品している商品が、全く売れない…」


というものがあります。


僕は今もこの悩みを持ってます。


一ヶ月に売れる商品数は、出品数の一割にも満たないので…



それはさておき、初心者の頃は、


「こんなに売れるには何か裏ワザがあるに違いない!」

と思いがちです。

僕も思ってました。


例えば、

「TRSになったら、ベストマッチでの検索順位が上がるから、今の倍くらい売れるに違いない!」

って、TRSになるまでは強く信じていました。


そしてTRSになり、結果…



販売成功率は下がりました笑


出品数が極端に増えたので、リサーチの質が少し落ちたのが原因だと思います。


実感としては、

「TRS効果で売れやすい」

というのは、なくもないかなーと思いますが、ほぼないと言っても差し支えない程度です。


あとは初心者の頃、

「扇子に名前を刻印するサービス」

をしている日本のネットショップを発見して、

「これは売れるに違いない!」

と思い、

・「ここに名前が入ります!」みたいな画像を作り込んで、

・そのショップに電話して、実際に名前が入った扇子の写真を送ってもらい…

と、色々手を尽くして出品したんです。



結果は…まあ察してください笑



要するに、「こうやって売れば売れる、という裏ワザ」は、多分存在しないです。

少なくとも僕は知りません。



「いやいや、あのセラーは自分と同じような商品を扱ってるのに、自分の倍くらい売れてるじゃないか!」



その気持ち、よくわかります。


でも、ちょっと冷静になって調べて下さい。


その人、安売りしてませんか?


以前の記事でも言いましたが、


「単に計算が出来てなくて、売上はあるのに利益が出ていない人」


って、結構いるんですよ。



僕が思うに、売れるかどうかは、

・商品

・価格

だけでほぼ決まると思います。


あとは完全に運ですね。


つまり、リサーチがよっぽどうまくないと(または運がよっぽどよくないと)、売れる確率を上げるのは難しいです。



ものすごく売れる確率の高いセラーの真似をすれば売れるかもしれませんが、昨日の記事(http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11175829540.html)でも言ったように、「お手本」がいないんですよ。


新商品を開拓するのも、当然売れる確率は高くないので、割り切って出品していくしかないですね。



P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。