Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

普通でないバイヤー

 

こんばんは、君嶋です。



今日は知人から聞いたeBayのトラブルを紹介します。



・商品を落札されたが、忙しくて1日メッセージに返信が出来なかった。


・たった1日返事をしなかっただけで、PayPalにクレームを入れられる。


・商品は既に仕入れてしまっていた。高額商品だったので、なんとか取引を成立させようと、商品を送った。



この対処は、まあ間違いというわけではないです。


何故なら、追跡番号を提示すれば、PayPalの資金保留は解除される「はず」だからです。



ちょっと話は逸れますが、eBayのポリシーには、「土日(休日)はバイヤーからのメッセージをチェックする必要はない」と書いてあります。


なので、1日メッセージに返事をしなかったからといって、eBayから何かされるわけでもありません。




ただ、僕の場合は、クレームが来た時点でおとなしく返金する可能性が高いと思います。


このバイヤーが普通でないのは明らかですよね。

一度資金が返ってきても、到着後にまたどんなクレームを入れられるかわかりません。


eBayやPayPalは基本バイヤーが有利になるようになっているので、そういうバイヤーは避けた方が無難です。



ただ、絶対返金するとは言い切れません。


その基準は、「その商品がどの程度売れやすいか?」というところにあります。



例えばヤフオクで1円出品しても、仕入れ額と同額で売れるならば、即返金ですよね。


しかし、

$2000で売れたから10万円で仕入れたのに、通常は5万円にしかならない…

という話だったら、在庫リスクも非常に高いので、送るほうを選ぶと思います。



とにかく重要なのは、トラブルに遭っても冷静に対処することです。


「その行動によるリスク」をしっかり見極めましょう。





P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。