Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

International shippingの送料設定・その2

 

こんばんは、君嶋です。




今日は昨日の話の続きです。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11206334166.html



「eBayと日本郵便の間の、国が属する地域のズレ」の話ですね。



例えば、ロシア。


ロシアは、eBayでは、「ヨーロッパでもあり、アジアでもある」という扱いですが、日本郵便ではヨーロッパ扱いです。


さて、International shippingでは、アジアもヨーロッパも別々に送料設定ができますね。

両方設定している場合はどうなるのでしょうか?




答えは、「より順番が上の設定が適用される」です。


つまり、International shippingの1番目がアジアで$10、2番目がヨーロッパで$20、と設定をしていると、「ロシアまでの送料は$10」と表示されてしまいますが、順番を逆にするだけで、ロシアには対ヨーロッパの送料を適用できるのです。


この法則を使えば、アフリカなどの送料設定もできますね。


International shippingの設定の順番を、

ヨーロッパ→カナダ&メキシコ&オーストラリア→アジア→ワールドワイド

にすることで、最初の3つに当てはまらない国は、全てワールドワイドの送料が適用されます。

そこでワールドワイドの送料を、一番高い南米&アフリカの送料にしておけばいいわけですね。


もちろん、これも完璧ではなく、もうちょっと送料の安い国も、対南米&アフリカの高い送料が適用されることがあります。


が、設定しなければ、検索で下位表示され、不利になりますので、設定するに越したことはありません。



昨日言った「アジアの送料を、アメリカと同じにする」という設定をすれば、正しくない送料が表示される国は、そう多くありません。

(北中米とオセアニア、合わせて50ヶ国ちょっとくらいですが、ほとんど聞いたことのない、落札されたこともない国ばかりです…)



International shippingの送料設定で悩んでいた方、是非この順番で設定してみてくださいね。





P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。