Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

料金後納のメリット

 

こんばんは、君嶋です。



今日は昨日の続きです。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11241503563.html


料金後納郵便のメリットの話でしたね。


僕が感じる隠れたメリットが一つあります。


それは、「郵便の人に覚えてもらえる」ということです。

これだけで色んなことが楽になったりします。


例えば、通常は、集荷依頼の電話をして、

「EMSです。」と言うと、これでもかというくらいに質問攻めにあいます。

・いくつですか?

・宛先の国はどこですか?

・サイズは規定内ですか?

・送り状はありますか?

・20万円超えてませんか?



などなど、挙げればきりがなく、

はっきり言って、非常に面倒です。

(実際、発送するにあたって、先に言っておかなければならないことはほぼありません)


が、これらの質問をするのは、

・僕らがEMSについてちゃんと知っているかどうかわからない

・そもそも対応する郵便側の人も、国際発送についてよく知らない

のような事情があるからで、常連さんだとわかれば何も聞かれなかったりします。



次に、何かあったとき色々と融通をきかせてくれることがあります。


例えば、リチウムイオン電池が入っていたのがばれて、返送されてきたときのことです笑


普通だったら、返却されておしまいです。


ちょっと話は逸れますが、こういう場合、

局によって送料が返ってきたり返ってこなかったりするようですね。

僕は毎回返ってくるので、返ってこない場合も交渉次第かもしれません。


さて、そんなとき、電話をかけてきた郵便の人は、

「では今日の集荷の時に持っていくので、その場で電池抜いてもらえれば、そのまま発送しますよ!」

なんて提案をくれたりします。


あとは、たくさん送ることがわかっているので、

EMSのクッション付き封筒とか、インボイス納入袋とか、

普通は少しずつしかもらえなかったりするものも、言えば箱単位とかで持ってきてくれます。


クッション付き封筒については以前触れましたね。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11118679055.html

(※良い子の皆さんはマネをしてはいけない話が含まれています)



こんな感じで、細かいメリットではありますが、全体的にスムーズに事が運ぶようになります。


なので、月に50個以上EMSを送らなくても、

郵便に煩わしさを感じている場合は、料金後納は結構オススメです。


集荷に来てくれた人に言えば、申し込みは簡単にできるので、

とりあえず申し込んでしまってみてもいいと思いますよ。





P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。