Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

8月の結果

 

こんばんは、君嶋です。




8月が終わりましたね。


8月は、eBayだけの売上は、過去最高でした。


理由はシンプルで、

「売れているものをたくさん出品した」

ということに尽きます。


しっかりリサーチ→同じ価格で出品

という流れで出品した個数が、結構多かったです。


これは外注化の賜物ですね。


それに加えて、既に出品してある商品が数千とあるので、

売上がMAXになるのは当たり前です。



ただ…かなり作業に追われます。


特に選ばず出品していると、

「低単価のものがたくさん売れる」

という事態に陥るので、

メール対応、仕入れ、梱包、発送、品切れ対応…

等の仕事がかなり多かったです。


こんな感じのことは先日の記事でも言いましたね。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11340463655.html



以前、ある月の利益を計算していた時、

「利益3000円以上の商品が、3割にも満たないのに、

それらの商品が8割程度の利益を生んでいる」

ということがわかりました。


これは、たくさんリサーチ出品をすると、

よほど変な基準で出品していない限り、このくらいの値に収束するのだと思います。


つまり、普通にリサーチ出品をしている場合、

ほとんどの低価格商品は、不要と言っても過言ではありません。


ちなみに、低価格商品を大量に販売しているセラーをTerapeakで調べても、

多少の数値の大小はあれど、大体こんな感じになります。

(利益額はわからないので、売上の話ですが)



なので、これはeBay出品には当てはまるようです。

http://bit.ly/O9ec2A


うーん…なんだか不思議ですね。


僕みたいになんでもかんでも出すならば、限界までやればいいんですが、

特にリミットが少ない人は、「利益額の高い商品」に入れ替えていくことが大事でしょうね。


売れる確率の大小も大事ですが、それを測るのは結構むずかしいので…


参考にしてみてください。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。