Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

流されるべき人、そうでない人

 

こんばんは、君嶋です。





「海外アマゾンFBAセミナー」が大反響です。

http://bit.ly/ZZue35


Amazon輸出に取り組むならば、必ず出ておくべきでしょう。

早くも席がかなり埋まってきたようなので、申し込みはお早めに。

募集を停止されてしまっては手遅れですからね。




昨日も言いましたが、今、Amazon輸出がめちゃくちゃ流行っています。


そう、「流行っている」という言い方が一番しっくり来ますね。


理由は様々だと思いますが、

・Amazon輸出に関する情報発信者が増えた

・輸出を実践したいけど、英語出来ないし、難しそう→Amazonなら日本と同じようにできるかも!という真理

恐らく、この辺が主でしょう。



でもこれって、「確固たる理由があってAmazonを選択した」と言えるでしょうか?


まあ、言えないですよね。

正直、「流されてAmazon輸出に行った」という表現のほうが合ってるでしょう。



別にそれが全て悪いわけではありません。

流されようが何しようが、稼げればOKだと思います。


ただ、それは、「今何もしていない人」に限ります。


むしろ、何もしていない人は、積極的に流されてください。

何もしていない時間は、何も生まないからです。


実際、僕も、「何で輸出を選んだんですか?」って聞かれた時、

「たまたま最初に行ったセミナーが、吉田さんのセミナーだったからです」

としか言いようがないくらい、あっさり流されました笑




要するに、

「eBayは稼げない!Amazonの方が熱そうだから、Amazonにしよう!」

というのがいけないという話ですね。



何に取り組もうが、それが誰かが稼げている方法である限り、

「稼げている人」と「稼げていない人」の2種類の人がいるわけです。


なので、「稼げていない人」は、「稼げている人」になれる可能性があるのに、

それでも稼げていない。

そこには、絶対何かしらの理由があるはずですよね。


それを考えずして、別の「熱そうな」手法に飛びつくというのは、正直無意味です。


昨日も言ったように、無在庫販売に話を限定すれば、

Amazonは、eBayに比べて、ずっと競争が激しくなるでしょう。


だからと言って、eBayが良いとか、そういうことを言うつもりはありません。

Amazonのほうが優れている点は多々あります。


が、今やってることを辞めてAmazonに取り組むならば、

それぞれの長所と短所をしっかり理解した上で取り組むべきですね。



「よし、流されない!だからAmazonは無視する!」

と思われても嫌なので、一応言っておきますと、FBAに関しては、全く話が違います。


FBAは、一つの物流の手段だからです。

つまり、(輸出の範囲に限り)何をやっていようが、絶対役に立ちます。


僕も、FBAを、Amazon販売ではないことと組み合わせたいなと思っています。



とにかく、自分で考えて結論を出すことが大事、ということですね。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。