Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

実店舗の価値をパクる

 

こんばんは、君嶋です。






最近、こんな記事を見かけました。

http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1301/29/news141.html


確かに、僕も思いっきり店員に聞いた挙げ句、価格をチェックしてAmazonで買ったりします。


昨日言ったICレコーダーとかもそんな感じでした。

アクセサリーセットだと、Amazonは楽器屋の半額くらいでしたからね…。



では、実店舗がある意味はあるのか?と考えてみました。


僕の場合、店舗に行く理由として考えられるのが…

1.実物を見たいもの、試しに使えるもの(服、楽器等)を買うとき

2.今すぐに必要、もしくは欲しいものを買うとき

3.どれを選べばいいかわからないから、とりあえず店員に聞きに行くとき

という感じですね。


ICレコーダーを楽器屋に見にいったのは、他の用のついででもあるんですけど、

結果的には3になりました。


で、結局は買わない…と。

商売あがったりですね…。



でも、僕らは実店舗を持っているわけではないので、逆に考えればいいですね。


即ち、実店舗のメリットの部分を手に入れるということ。



1は商品によりますが、試しに使ってみたりしてもらうのはほぼ不可能ですし、

せいぜい説明をしっかりするくらいですね。


2もかなり難しいですね。

FBAとかFedExの翌日配送とか、そういうのである程度は実現可能ですが、

Amazon以上になることはできません。


なので、僕らがフォーカスすべきは、3ですね。


それには、商品の知識をしっかりつけることです。



これが商品によっては本当に奥が深くて、いくらでも掘り下げることができます。


例えば…

最近、とある大人のグッズ(おもちゃ?)について調べてたんですが、

その系統のグッズを大量に試して、レビューをしていた人がいました。


(僕は決して個人的に興味があったわけではないんですが!)

思わず、「なるほど…こんなに奥が深いのか…」と唸ってしまうようなもの。


ああいうのって(どういうのだよって話ですが笑)、試してみなければわからないので、

試した人が、全て同じ目線でレビューをして、まとめてあるっていうのは、本当に価値のあることです。



ショップが売り込み用に用意した商品説明とか、

Amazonのレビューみたいに、色々な人がそれぞれ違う視点で書いてるやつとは、また違いますね。



その人はただ2chでレビューをしてただけなんですけど、

もしそれがショップのブログだったら、(万が一買うことがあれば)僕はそこで買ってる可能性が高いです。


もちろん、価格を調べたりはすると思いますけど、

実店舗とネットほど開くこともないでしょうし。



やっぱりこれからのキーとなるのは、専門店化です。


そういうことをやる人が増えてくれば、実店舗はさらに苦しくなっていくでしょうけど、

僕らにとってはそっちを目指すべきですね。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。