Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

人を無限に入れる方法

 

こんばんは、君嶋です。





最近、僕のチーム(?)も大所帯になってきています。


もともと300人くらいのSOHOさんがいるのですが、

実際に動いてるのは(多分)50人くらいだし、

その中でも重要な仕事をしてもらってるのは、半年前は3人とかでした。


最近は、その「コアメンバー」的な人が急に増え始めて、

Skypeの会議通話で新しいビジネスの話が生まれたり、チャットで売れる商品の議論をしたり…


いい感じに加速していますね。



「コアメンバー」になってもらうSOHOさんは、

基本的には、募集とかではなく、こちらからのスカウトです。


既に300人も選択肢があるし、仕事ぶりを知ってるので、簡単なんですよね。

そういう人の中には、何かしら尖って目立って来る人も多いですし。



で、300人とは言わないまでも、10人とか20人を受け入れるには、

仕事がないとダメです。


仕事があるかないか、が不安定な状態は、

一番SOHOさんが離れやすい、最悪の状態です。


なので、人数分の仕事をしっかりと確保する必要があります。


理想は、「無限に仕事がある」という状態です。



これは、難しく考える必要はなくって、

「売上をゼロから生み出す仕事」があれば、それだけで無限です。


例えば、「eBayに出ていない、売れそうな商品を出品して、売れたら報酬が出る」

みたいな仕事は、枯渇することはないですよね。



いきなりそういうのをやってもらうのが難しかったら、

基本の仕事(出品とか)が出来るようになった人は、どんどん移ってもらうようにする、とかでもいいです。


とにかく、仕事がない状態を解消して、かつ、無駄な仕事をさせなければOK。



こういう仕組みが完成すると、(対応出来る限り)無限に人を入れることができて、

欲しい時に、いい人を連れてくることができます。


僕みたいに急に発送個数が倍、3倍と増えても、

「○○さん、発送お願いします!」って言うだけで入ってくれて、非常に安心感がありますね。



社員を雇うわけじゃないので、人がいっぱいいるのはメリットしかないです。


ある程度慣れてきたら、たくさん受け入れることを考えてみて下さい。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。