Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

FBA納品完了!

 

こんばんは、君嶋です。





やっと最初にAmazon.comにFBA納品した商品が到着しました。


アメリカ宛に送ったのが13日ですから、実に2週間以上経過しています。

仕入れからの日を数えると、3週間近くですね。



かかる時間の話は先日しましたので…

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11560672327.html


今日は、短縮する方法を考えてみましょう。



とは言っても、短縮出来るところは多くありません。


まず、国際発送です。


EMSを使うならば、

「インボイス等をきちんと作成する」

ということで、通関が早くなったりするようですね。

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/ryugaku/know/labelandinvoice.html



手書きの場合だと、結構サボリ癖がついてたりするんじゃないでしょうか?


心当たりがあったら、オンラインシッピングツールの導入を検討してみてください。

https://www.int-mypage.post.japanpost.jp/mypage/M010000.do


入力は手間ですが、複数書類が必要な国ならば、手書きよりは楽です。



または、EMS以外の方法、(FedExやDHL等)で送るという方法があります。


これは非常に高額な場合が多いですが、

大体、重ければ重い程割安ですので、大量に納品する場合はEMSよりは良さそうです。


早い方法を使えば2日程度でつくようですから。


今回EMSで1週間かかったので、実に5日の短縮です。



次は、アメリカ国内発送。


これは何とも言えませんが、Amazonで(Amazonのレートを利用する)UPSのラベルを発行すると、

「UPS Ground」という発送方法のラベルが出てきます。


Groundってことは陸送ですよね。あんな広い国を…。


1-5 business daysと幅があるようですが、

僕の場合は思いっきりマックスの5営業日(1週間)かかりました。


その代わり送料は$4と非常に安いので、何とも言い難いのですが、

ボリュームが増えてきたら、高額な航空便などを利用する価値はありそうです。



納品までの間にできるのはコレだけですね。



あとは入金を早くするとか、ちょっと話は違いますが、クレジットカードで支払いを遅らせるという手もあります。


が、入金はPayoneerが最速ですし、

ボリュームが増えてくると、クレジットカードを使うと損する場面が多いです。


まあ、カード会社に手数料がいくので、当たり前ですよね。


例えばAmazonで買うにしたって、いくつか買うなら直接取引をしたほうがいいでしょう。



発送もそうですけど、結局は、払うお金と回る早さを天秤にかけることになります。


なので、結局、資金力がある人が勝ちます。



だからといって、資金がなければ出来ないというわけではありません。

単に効率がちょっと悪いだけなので。



ただ、それを繰り返すと大きな差になるのは覚えておいてください。


成長しようという意欲にも繋がると思いますから。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。