Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

自分で稼いで、人に伝える

 

こんばんは、君嶋です。





ある知人が、最近就職した会社を早くも辞めるそうなんです。


その会社(会社Aとします)の話があまりに壮絶だったので…



Aは、一言で言うとデザイン会社で、

顧客から、Webサイトやチラシ等のデザインの依頼を受ける、

というシンプルなビジネスです。


で、社員が6人だったかな。

知人はそこでデザイナーをやっていました。



問題なのはここから…


聞いたところによると、Aは割とブラックな会社で、

「残業代は出ないのに、無茶な量の仕事を任されて、

毎日3時間4時間の残業は当たり前、泊まりになることも…」

という感じだそう。


これを聞いた時に、

「じゃあ、そこそこ儲かってるんだろうな。」

と思いました。


デザイナーが無茶な量の仕事をするということは、

それだけ注文が入ってるってことですからです。

善し悪しはともかく、残業代も払ってないし。



が!なんと!


その売上は、eBayやAmazonでちょっと頑張れば一人で達成できるレベルでした。


従業員を6人も抱えているので、当然大赤字です。


お金の使い方も結構派手な感じでした。

明らかにオーバースペックなMac Proを買ったり、

無意味な接待にお金を使いまくったり。



極めつけに、伸びない売上に焦った社長は、

デザインのほうは特に手を加えず、

なんとフランチャイズで飲食店を開業しようとしているそうです。


ちょっと話を聞いただけでも、「ヤバいな…」とわかりますね。




さて、なんでこうなったんでしょう?


当然色々な要因があるとは思いますが、一番は、

「社長が自分で稼いだことがない」

ということだと思います。



デザインなんて、依頼を受けてから作るわけですから、

一人でやっているなら、よっぽど変なことをしない限り、赤字ということはありません。


で、一人である程度稼ぐことができたら、

それを人に伝えてやってもらえばいい話。



Aはその道を通らずに、まだ稼ぐ方法もよくわかっていない状態から、

人をどんどん雇っていったわけです。


で、労働力に見合わない報酬の仕事を取り続けた結果、大赤字、ということですね。



物販に例えるならば、

無在庫販売で1個売って50円の利益にしかならない商品を、

1品30円で出品してもらって、200円で発送してもらう、

みたいなことをやってる、ということです。



一人で稼ぐ人にとっては、コレが明らかにおかしいことであるとわかりますよね。



もちろん、それも経験と割り切ってお金を使うならば別にいいでしょう。


例えば、

「このブランドの商品、売れるかわからないけど、大量に出して売れるか見たい」

というような場合、赤字になることを覚悟して、

SOHOさんに出品をお願いすることは、アリだと思いますし。


ただ、そのこと自体で稼ごうとするならば、それはギャンブル、

いや、自殺行為と言ってもいいでしょうね。



とにかく、

「まず自分で稼いで、それを人に伝える」

というのが鉄則です。


その流れが見えやすい個人で出来る物販は、

正に、ビジネスの入り口として最適だとと思います。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。