Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

契約書を交わすべきか?

 

こんばんは、君嶋です。





SOHOさんとは言え、「人を雇う」ということを考えると、

「何かあった時のために、契約書を交わした方がいいのではないか?」

という懸念が生じると思います。


実際、僕も、一番最初は、

横浜市近辺のSOHOさんを募集して、

会いに行って契約書を交わしたりしました。



が…そのSOHOさんは、

仕事を始める前にどこかに消えてしまいました。



で、契約書を交わしたりするのはやめたんですけど、

全く問題になったことはありません。


やりたいことによっては、考えるべきかもしれませんが、

最初のうちは、全く必要ないと言えます。



ただし、「契約書」とまではいかなくとも、

ある程度のしっかりした約束が必要な場合があります。


特に、oDeskでは要注意ですね。


何故なら、oDeskには評価システムがあり、

言い争いになった時に、評価を傷つける恐れがあるからです。



例えば、最近の例だと…


とあるブログのデザインを、(懲りずに)インド人のデザイナーさんにお願いしました。



君嶋「$100でいいかい?」

インド「ちょっと安いな。$120がいいよ。」

君嶋「じゃあ、納期をちょっと早めてくれ。○○日までに頼む。」

インド「Yes sure will try to do it in 4- 5 days」(ここだけ原文)

君嶋「よし。じゃあ$120でいいよ。」



これが大失敗でした。


「try to do it」っていう曖昧な表現をスルーしてしまったんです。



案の定、○○日の2日後には…


君嶋「いつ終わるの?○○日はとっくに過ぎてるけど。」

インド「ソーリー。体調が悪かったんだ。今日までにやるよ。」

君嶋「…わかったよ。でも約束通り$120は払わないからね。」

インド「オーマイゴッド!!私はtry to do itって言っただけだろ???」


と、こうなるわけです。



なので、特に納期を設定するような仕事は、

「○○日を過ぎたら、報酬は○○ドルに減額」

みたいな規定を、明確にしたほうがいいですね。


払わないのは簡単ですが、評価が傷つくのがマズいのはoDeskも一緒です。



「そこまで言うと気を悪くするかも…」

っていう遠慮がよくないので、そこはガンガンいきましょう。



ちなみに、日本人の場合は、いなくなる人は多いですが、

そうでない人は、大体真面目です。


特に外国人の場合に、こういう点に気をつけておいてください。



クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。