Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

eBay Selling Managerで自動再出品 (Automation Rules)

 

最大級のお祭りで、プレゼンターとして喋らせて頂きます。

世界物販カンファレンス2013
http://ossblog.jp/conference


タダみたいな価格なのに、信じられない程豪華な内容です。

既に多くの方が申し込まれたようですね。

たくさんのメールを頂いています。


もはや来ない意味が全くわかりませんので、まだの場合は即申し込みましょう。



eBayで地味に便利な機能を発見しました。

というより、何で今まで知らなかったのか…。

知らなかったのが僕だけだったらすみません笑


Selling Managerに備わっている、

「Automation Rules」という、自動再出品の機能です。


今出している商品に対して、

・時間指定再出品

・売れずに終了したら再出品

・売れたら再出品

・売れても売れなくても、終了したら再出品

というような設定ができ、その他再出品のタイミング(終わってから1時間後、とか)等も割と細かく決められます。


操作は、該当の商品にチェックをつけて、

「Automation Rules > Assign」を押すだけです。



売れてから再出品するまでの間のタイムラグは、

基本的には無意味なものです。


無在庫で出品している場合、在庫切れの心配がない商品なら、

全て再出品の設定をしておくのが理想です。


Quantityを増やしても効果は一緒ですが、出品枠を余計に食いますからね。


ただし、GTCの商品にはAutomation Rulesを適用することが出来ないので、

これをやる場合は、30daysにする必要がありますが、

実質は、GTC+売れたら再出品、という状態にすることが出来ます。


在庫切れの心配がある商品とない商品の区別とか、

多少管理の手間が増えるので、その辺次第ですね。

数が少ないうちは是非取り組みましょう。



eBayでは、オークション形式の商品のQuantityは1にしか出来ないので、

オークションで何回か売りたい商品がある場合も有効です。


TRS作戦なんて正にそれでしょう。手動の再出品は死ぬ程面倒です。



うーん…eBayには知られざる機能が無数にありますね…。

割と知り尽くしたと思ってたんですが、まだまだでした。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。