Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazonの返品商品の送り先

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazonでは、eBayよりもやや多めの返品リクエストがあります。


この際、返品先の住所ってどうしてますか?


アメリカ国内じゃないといけないとか、そんな話もありますけど、

日本に設定してもあまり問題になったことはありません。


その場合は、SOHOさんの住所に設定して、国内で捌いてもらう、

というのが一番楽でいいですね。


送り状の発送元もSOHOさんにしておけば、

バイヤーさんが間違えて送る心配もないですね。


自分に送ると後回しになりがちで…

僕なんか未だに超でかいおもちゃが1つ残っています笑

1000円のために自分で送るのもなー…って。



とまあ、国内でも問題ないんですが、

一度海外に行った商品である以上、現地で捌ければ一番です。

海外販売では送料が大きくなりますので。


特に、Amazon.comでの販売は、アメリカ向けが中心になるでしょうから、

少なくともアメリカ国内で捌く方法はあるといいですね。


一番オススメなのは、普通にAmazon.comにFBA納品すること。


最もコストも手間も少なく、日本より高値で売れる可能性も高いです。


そのためには、一人でもいいので、アメリカ在住のSOHOさんがいるとやりやすいですね。

出来れば、日本人の…。


SOHOさんを募集していると、海外在住の日本人は結構います。

特にアメリカは一番多いです。


アメリカ在住の方の応募があったら、あの手この手で引き止めておきましょう笑


「アメリカ在住の人しかできない、こんな仕事もあるんだけど…」

なんて言っておくだけでも、離れていく確率は結構減ります。


「特別感」って大事ですね。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。