Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

一人でむちゃくちゃ稼ぐ物販とは…

 

最近はこう、ネットビジネスで稼いでいる知り合いが増えています。

ある塾に入ったおかげなんですが、まあその話はおいおい。


当然、その中には物販で稼いでいる人も多くいます。

というか、物販が大半ですね。稼ぎやすいから。


一口に物販と言っても、色々あるわけですよ。

Amazon輸出は変わらず流行っていますし、

輸入でいえばBUYMAがその辺のポジションでしょうし、

せどり(国内転売)なんかも、昔から安定的に稼げているみたいです。


が…

色々な人の話を聞く中で、

ひときわ目立った成果を出す人が多数いるジャンルがあります。



それが、「カメラ転売」です。


Amazon輸出の無在庫販売なんかだと、基本的には薄利多売ですから、

人を使って、大量の作業量をこなす…というやり方が基本になります。


超頑張って人を使って、月収100万、200万。

それをしない限り、Amazon輸出で大きく稼ぐのは不可能です。


が、カメラ転売をやっている人達は、

そのレベル、若しくはそれ以上の利益を、

「たった一人で」達成してしまうんです。


なんと、発送すらも自分で行うとか。



もちろん、僕は日頃から「仕事を任せなさい」という話をしているわけですし、

人を使うのはいいことだと思っています。


でも、人を使うっていうのは、利益あってのこと。


人を使う前段階で大きな利益が出ているというのは、

非常に安定感のあるビジネスモデルなわけです。


ついでに言うと、アカウント停止リスクとかもほぼなく、

商品知識が必要なため、参入障壁が高い。

安定感の塊ですね。


「外注化は難しい」っていわれてますけど、

僕は、その気になれば絶対可能だと思いますし、

「カメラ転売、いいなあ…」と思うわけです。



と、そんなことを思っているうちに、

とある方から、カメラ転売のいい話が舞い込んできました。


明日、いいものをお届け出来ると思います。

楽しみにしていてください。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。