Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

大コケですよ…

 

うーーん…

かなり手間暇かけてというか、
お金を使って取り組んでいたあることが、やっと動き始めたんですが、
まー、予想外の大コケでした。

これから改善すればある程度まではいけると思うんですが…
それでも予想よりは下回る感じになるでしょう。


原因はハッキリしてるんです。

今回の取り組みは、とあることを、
スパム的に、しかし迷惑はかからない範囲で、超大量に行って、
がっつりアクセスを呼ぼうっていう感じでした。

が、これに対する僕の思考が、
「まあ、ここまで大量にやればなんとかなるっしょー」
っていう感じだったんですよね。


こういう時は、大体失敗します。
それを完全に忘れてました…


っていうのは、小さい段階で、
「一体いくら稼げるのか?」
ということに、しっかり向き合っていないからです。


例えるなら、
Amazonで、1000品出品して、利益がゼロなのに、
10万品出品しても利益がゼロで、
「失敗した…」って言ってる感じです。


Amazonで1000だと、ちょっと少ない感じですが、
それでも、月に数個以上は売れるでしょう。

だから、それを最大限に広げた時、
利益がボカンと上がってくるわけです。


今回の僕のケースは、
「いくら稼げるのか?」
というところまで計算するのは困難を極めるのと、
それ以前の段階、例えばメルマガ登録の数すらも、
計算するのは骨の折れる仕事でした。

だから、
「まあいいか…」
ってことでそのまま大量にしちゃったんですよね。


でも実際は、
小さいときこそしっかり数字で分析するべきです。

ネットを使った小さいビジネスは、
基本的に、小さいところから始められるのが最大のメリットですから、
いきなり大きく始めることは少ないはずなんですよね。


だから、そこをしっかりやれば、リスクなく稼げる。


そう言えば、僕が本格的にAmazonを始める前に、
3000品とか出してテストしてたなーって思います。


なんかまあ、僕の失敗を活かして、
「小さいときに、しっかり求めている数値が出るようにする」
ということを、怠らないようにしてください…。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。