Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

選択と集中をしてはいけない理由

 

「成功するには、選択と集中!」

よく聞くフレーズですが、果たしてどれだけの人が、
それを理解して、実践出来ているでしょうか?


確かに、しっかりと選択と集中をしたほうが、
何事も成果が出やすいに決まっています。

だから、僕は選択と集中は必要だと思います。


が、選択と集中を、
「他のことをやらないための言い訳」
にしているケースが、むちゃくちゃ多いです。


人間は、基本的に行動したくない生き物なんですよ。

でも、「稼ぎたい!」って思ってるのに、何もしない、っていうのは、
なんかこう、罪悪感や焦りが出てくるじゃないですか。

それを抑える言い訳として、
「今はこれをやってるから、これに集中しないと…」
っていう理屈を使って、精神の安定を保つんです。


「今はeBayに集中しているから、Amazonはやめておこう」
みたいな感じ。

そうすれば、Amazonなんて、新しくて色々覚えるのが面倒なこと、
やらなくて済みますからね。


で、実際その「選択と集中」した何物かで成果が出てるかというと、
まー出てないんですよね。

成果が出てないだけじゃなくて、
実は、何も変わったことしてなかったりするケースがほとんどです。

「集中してるんだから、いつか成果でるだろう」的な。

そりゃー出ないですよね。

「選択と集中」って言っても、
ずっと同じことしてたって、同じ成果しか出ないに決まってるんです。

「集中して、何もやってない」っていうことなんですよ。


あと、選択と集中っていうのは、実践に対して行われるべきで、
入れる情報に対して行われるべきではありません。


例えば、
「自分は輸出をやってるんだから、輸入の話は聞かないようにしよう」
みたいな人、結構いると思うんですよね。

これは本当に無駄ですよ。
このケースも、選択と集中を、
「他の情報を入ない言い訳」に使ってるわけですね。

だって、勉強とか面倒だから。


それで、実践も、あっちこっちかじってはやめて…
みたいになるのがダメなだけで、
情報自体は、あればあるほどいいです。

何を聞いて、どんなアイディアが出るかわからないもんですよ。



そんな感じで、自分が、
「選択と集中」を意識してるなーと思った時は、

・それが本当に有効な選択と集中なのか?
・単なる言い訳に使ってるだけじゃないのか?

を、一度しっかり考えてみましょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。