Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

eBayのお客さんはどれほど濃いのか?

 

海外のサイトにおける集客手段には色々あります。

特に、海外向けメルマガを始めてからは、
結構色んなところから集客してみました。


その中でも、
「eBayで集めたお客さんのリストは、濃い」
というのが定説です。

唯一、購入者のリストだからですね。


じゃあ…

そのお客さんが実際どれほど濃いのか?

というのを、ちょっと知りたくなってきました。


僕は、海外のブログからメルマガに登録してもらった場合、
3週間程度のステップメールを配信しています。

eBayのお客さんには、ある程度取引のメールを送ってから、
同じステップメールを配信します。


ということで、
「メールの返信率」
という部分を見てみました。

2ヶ月くらいの期間で、
増えた読者は400人程度。

eBayのお客さんは、そのうち2割くらいです。


最も返事が多いメールに対して、その返事が、
・eBayのお客さんか
・それ以外から来た読者か
というのを調べてみると…


なんと、eBayのお客さんはゼロでした。


これは、かなり意外な結果です。

当然、eBayのお客さんが占める割合が多いと思ってたからですね。


考えられる原因は色々あります。


例えば、メルマガのジャンルがちょっとアレであること。

同じような実験は出来ていませんが、
通常の商品のお客さんに流すメールでは、結構返事が来るので、
ここは一つ、間違いないでしょう。


また、eBayのお客さんには、
「イヤだ」と言われない限りメルマガを流していますが、
それ以外の読者は、自分から進んでメルマガ登録をした人達です。

メルマガそのものへの反応は、後者の方がいい気はしますよね。


が、肝心の「商品の購入率」だったら、eBayのお客さんのほうが高くなることでしょう。

既にお金を払ってる人なので。



…とまあこんな感じで、
一つのデータに対して、色んなことが考えられますし、
それに関するアクションも色々出てきます。

今回みたいに、予想と大きく外れてしまった場合は特にです。


やっぱり、数字だけは裏切らないので、
なかなか面倒な部分ではありますが、
「しっかりと数字でデータを取る」
ということは、怠ってはいけないですね。


なので…

ちょっと避けて通ってきた、Googleアナリティクスの勉強、します…。


「eBayのお客さんはどれほど濃いのか?」
については、今は無理ですが、いずれ、
「商品の購入率」
という部分を計って、しっかり答えを出したいところです。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。