Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

外注する報酬を安くしなければならない理由

 

外注化に関して最もよくある質問の一つが、
作業の報酬の決め方です。


僕は、その質問を受ける度に、
「出来るだけ安くから募集するのが鉄則」
っていう話をするのですが…

逆に疑問に思われるのが、
「本当に、こんな報酬で作業を行ってくれる人がいるのか?」
ということです。


僕に言わせれば、そんなもの、いるに決まってるんですが…

なんでそういう疑問が生まれるのかというと、
やっぱり、自分基準で考えているからだと思います。


自分なら、こんな安い報酬で作業をすることはない。
だから、同様に、そんな人いないのではないか?

という考えです。


これは、一見正しいように見えなくもないですが、
実は、根本的に間違った考え方なんです。


と、いうのは…

ビジネスって、何らかの価格差によって儲けるもの。


その価格差って、モノの価格だけじゃなくて、
色々なところに存在するわけですが…

「作業の価格」もそのうちの一つです。


自分は、これだけ安く仕入れられるんだから、
こんな高くは買わない。
けどお客さんは買うから、儲かる。

と同じように、

自分は、これだけの時間があったらもっと稼げるんだから、
こんな報酬では作業をしない。
けど外注さんはするから、儲かる。

っていう考えで外注するんですよ。


搾取とかそういう考えでは決してなく、
ビジネスとして、価格差をとって稼ぐのは当然のことです。


そしたら、
「自分はそんな報酬では作業をしないから…」
というのは、大きな間違いに決まってますよね。

自分がやらないレベルの報酬にしないと、
価格差が生まれないことになり、なんの意味もないからです。


当たり前ですが、見落としがち。

「価格差をとる」っていう意識は、重要です。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。