Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

店舗リサーチとは逆のアプローチ

 

「最強の輸出入新年会」が、来年も開催されます。

稼いでいる人の数が最も多く、
僕が知る限り、物販系で一番楽しいイベントです。


価格も高くないですし、
「おもしろそー」くらいの気持ちでも申し込んじゃいましょう。

もちろん、僕も参加しますので。


最強の輸出入新年会2015
http://ossblog.jp/2015shinnen




「店舗で仕入れてネットで売る」
っていうのは、オーソドックスな転売の方法ですし、
当然、輸出することだって可能です。


しかし…

店舗仕入れをやってる人と話をしてて、
あることに気づいたんですよ。


それは、「リサーチの方法が真逆」ということです。


一体どういうことなのか…


店舗で仕入れる場合は、まず店舗に行きますよね。

で、一番世間一般に浸透しているやり方は…
目の前にある商品を、
「これいくらで売れるかなー」
って調べて、仕入れ値との価格差をみる感じです。


店舗に行った場合、その店舗で仕入れられるものは、
目の前にあるものだけですから、
このリサーチ方法は間違っていません。


しかし、この感覚でリサーチすると、思わぬ弊害が起こります。


僕がeBayを始めたころよくやってたリサーチの一つは、
Terapeakの「*e*」を使った検索で、
とにかく、日本人セラーから売れてる商品をひたすら見ていく、という方法でした。

当たり前のことですが、
「一体何が売れてるんだろう?」
っていうところから入っていくってことです。

で、売れてるものの仕入値を調べるわけですよ。


だからある意味では、店舗で仕入れるアプローチとは逆なんですよね。

だって、ネットの場合、商品の仕入先は、
いわば目の前に無限にあるわけです。

売れてるものを調べれば、高確率で仕入れられるんですよね。


それを、店舗でリサーチする感覚で、
「これ仕入れられるけど、どうなんだろう?」
って調べてくのは、かなり非効率的と言えます。

それは、ある程度売れるものを絞ってからやることです。


店舗仕入れをやってる人は、若干その傾向があるようですし、
店舗とかネットとか抜きにしても、
「これ売れるかな?」から入っちゃう人は多いです。


兎にも角にも、最初は、
「何が売れてるか知ること」
これを徹底してやっていきましょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。