Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

EMSの方がクレームに繋がりやすい!?

 

先日、
発送除外したほうがいい地域はあるのか?
という話をしました。

http://ossblog.jp/archives/3671


結論は、「ない」っていうことだったんですけど、
顧客対応の大変さもわかるので、
なんとかうまい具合にトラブル率を下げる方法はないか、考えてたんですよ。


そこで思いついたのは、
「そういった地域は、EMSのみの発送にしたらどうか?」
ということ。

僕はEMSと小型放送物SALを主に使ってるので、
後者のトラブルが多いのではないかと思ったんです。

地域ごとに、
ExpeditedとStandardと…入れるか入れないか設定することができますからね。


多少注文数が減るかもしれませんが、
EMSでないお客さんも、EMSに切りかえる人がいることを考えれば、
トータルとしてはプラスになることもあるのでは?
という感じです。



ってことで、発送方法毎のトラブル率を測ってみました。


すると…

なんと、一部のトラブルの多い国々では、
EMSのほうがトラブル率がかなり高かったんです…。

メキシコとか、サウジアラビアとか…


これまたかなり意外な結果。

どう考えてもEMSのほうがちゃんと着く気がするじゃないですか?


トラブルにも色々あるんで、一概には言えないのですが…
基本的に、EMSのほうが早く着くし、紛失しにくいのも間違い無いと思います。


が!
EMS、Expeditedを選択するお客さんは、
「すぐに欲しい」
という気持ちから選んでいるわけです。

なんで、Standardならば3週間来なくても何も言わない人でも、
Expeditedならば、1週間でも待てなかったりするでしょう。

結果、クレームに繋がりやすいってことですね。



EMSのほうがクレーム率が低い国もありますし、
Amazonではそこまで国ごとに細かく設定できませんから、
注文数が落ちることを考えれば…
「EMSを止めた方がいいのか?」といえば微妙ですが。

でも、
「EMSの方がずっとクレームに繋がりやすい場合もある」
ということは、なんとなく覚えておきましょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。