Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazon輸出は利益率がとれない??

 

僕がAmazon輸出実践者の話を聞くと、
大抵とーっても驚くことがあります。


それが、利益率の低さです。

10%というのは普通ですし、
下手したら5%ということもあります。


それに対して、僕は20%とかを出すことも可能です。

何故こういう言い方になるかというと、
利益率なんていくらでも操れるから。


出した価格で売れるわけですから、
高くして出せば利益率は高くなるし、
安くして出せば利益率は低くなります。

当たり前ですね。



利益率が低いと、

・無在庫とはいえ、資金効率が悪い
・返金等のダメージが大きい
・販売個数が多くなるため、対応も増える

というデメリットがあります。


その代わり、利益率を上げる時に比べて、
売上が伸びる、ってことですね。



何故皆の利益率が低いかというと、
「上げたら全然売れないから」なんですよ。

利益率が低いこと自体は
「利益の最大化」をする価格設定が出来ているなら、
別に問題ないんですけど、
10%切るような人って、だいたい稼げていません。


20%もの利益率に設定しても稼げる理由は、非常に簡単。

「出品数が多いから」なんです。


多ければ、高い価格設定にしても売れる商品が、
それだけたくさんあるということ。


要するに、
「利益率が低くて大変…」
っていうのは、Amazonという市場のせいじゃなくて、
完全に自分のせい、っていうことです。


そういう人は、
「いかにして利益率を高く取れる商品もかき集められるか?」
ということを考えてやっていきましょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。