Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

信頼すると信頼しないの共存

 

今日は昨日の話の続きです。

http://ossblog.jp/archives/4168


僕が「外注化の極意」と思ってることは2つあるんですけど、
そのうちの1つが、
「SOHOさんを信頼する」ということです。


これはつまり、
「eBayにログインしてもらうのが怖い」
という人に向けて言っているメッセージですね。

ログインしたって悪さする人はいないんだから、
信頼してガンガン任せていこうぜ!っていう話です。


しかし…
これだけだと昨日の記事と矛盾します。

実際、損害が出てるわけですから。


「信頼する」と一口に言ってもですね…いろいろあるんですよ。


例えば、eBayのログインパスワードを教えたとして…

最悪の事態とはなんでしょうか?


超低価格で大量に出品されて、
めちゃめちゃ売れてしまう…とかでしょうか。


しかし、こんなことをする人はいません。
ここが「信頼」すべきところなんです。

なぜなら、そんなことをしても、相手の得にならないから。

だから、eBayのログイン情報なんて、
教えるのは全く問題ないのです。


しかし仮に、銀行のログイン情報を教えていたら、
お金を抜くのは造作もないことですよね。

これは相手の得になりますから、
もし教えるならば、最大限のリスクの覚悟と、
その管理が必要になります。


また、発送担当者が音信不通になった…みたいなケースも考えられるといえばられます。

その場合出る損害はどの程度か?これも予測がつきますよね。



相手は人なので、仮に自分を裏切るようなことがあったとしても、
得にならないようなことをするわけではありません。

相当恨みを買っていない限り。


そういう意味で、「信頼する」っていうのが重要なんですね。



そもそも「怖くて任せられない」という人は、
別に最悪の事態とか想定もしていません。

正体不明のものに対して「怖い」って言ってるんですよ。


しっかり考えれば、任せることに伴うリスクは、
正確に見えてきます。

そうすれば、リスクを許容できる範囲で、
安心して任せられますよね。


ある意味、
・信頼する
・信頼しない
この2つの共存です。

矛盾しているようで、していない。


それができるようになると、気軽に仕事を任せられるのに、
何かあったときのダメージも受けない、という、
最強の状態になれます。


「怖くて進まない…」という場合は、こんなことを考えてみてください。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。