Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

リサーチ=ツール??

 

これから輸出ビジネスを始めようとする人とか、
初心者の人とかに、
「オススメのリサーチツールはありますか?」
と聞かれることが多々あります。


この質問だけ見ても、なんとも思わないかもしれませんが…

結構多くの場合、この質問の裏に、
「リサーチとは、いいツールを使ってサクッと行うもの」
という意図が隠れてるんですよ。


確かに、Amazon輸出では、
「ASINという仕組みをうまいこと利用して、
ツールで価格差をガツッと一気に調べる」
というやり方が主流です。

また、多くの初心者向けの塾では、
「うちのツールを使えば簡単に稼げます!」
みたいな発信をしていたりするんですよ。


だから、リサーチっていうのは、
より良いツールを使ったものが勝つ、
という認識になっちゃうんだと思うんですけど…

まあ、この考えは危険です。


リサーチっていうのは、本来、
「調べる」っていうことに他なりません。

一体この商品にどれだけ需要があるのか?
どうやって仕入れることが出来るのか?
どういった特性を持つ商品なのか?

それを調べて知識を得るのがリサーチであって、
決して、ツールをぶん回すことがリサーチではありません。


やっぱりなんだかんだ言って、リサーチの極意は、
「たくさんの売れてる商品を見て、調べること」
だと思うんですよね。


「ツールを使えば稼げる!」というのは、
時に事実だったりしますけど、
それこそがリサーチだと捉えてしまうと、
長続きしない感じになっちゃうんでしょうね。



「リサーチ=ツール」だと思ってたなら、
ひたすら見る、みたいな泥臭いリサーチもやってみてください。

全然違うものが見えてくると思います。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。