Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazon無在庫販売で売れない理由考えてますか?

 

物販ビジネスで最も重要なのは、
言うまでもなく、リサーチ。

多くのうまくいかない人は、リサーチに問題があります。

売れるものは、出品するだけで黙ってても売れますので。


ただ…

Amazonの無在庫販売に取り組んでいると、
この当たり前の事実がどーもぼやけてきます。

何故なら、何が売れそうとか売れなさそうとか考えることもなく、
ツールでバコーンって出品して、
価格もツールでまとめて更新して…
あんま、商品を選定している感はないんですよね。


そうすると何が起こるかというと…

売れたとしても、売れた理由はよく分からない。
売れなかったとしても、売れなかった理由はよく分からない。

何故かカートを取れないのがいけないんじゃないか?
売れるのを待つしかないんじゃなかろうか…

そういう思考になってくるんですよね。


もちろん、これは間違っています。

Amazon無在庫販売の場合だって、
リサーチが最も重要なファクターの一つです。

他のプラットフォームに比べ、
価格がちょっと違うと売れ行きが圧倒的に変わるので、
若干比率は落ちるものの…って感じですね。


Amazon無在庫でリサーチっていうと、
いわば「ASINの収集」です。

基本的に大量に出品しないことには始まらないので、
ツールで大量にASIN(商品)を収集するわけですね。

だからこそ、皆、
「収集して出すだけでしょー」って考えるので、
ツール任せで、工夫がなくなる。


稼いでる人は、かなり考えて、より良いASIN、
つまりより売れやすい商品のデータを収集しています。

言い換えれば、「競合が少ないエリア」とも言えるので、
つまり差別化がしっかりできています。


全員から目を集めるような商品ばっかり、収集の対象にしていないか?
ということを真っ先に考えてみましょう。

実際どういう手法があるのか…というのは、また機会があれば。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。