Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

中古で出品数を伸ばすには

 

物販において、新品の商品っていうのは、
流行り廃りが非常に激しく、
この前売れてたものが、今全く売れないなんてことはザラです。

ですから、新品の商品を扱う場合は、
絶えず最新の売れ筋をチェックしなければならないし、
出品している商品のリストは、「新鮮」でなければなりません。


これは、無在庫販売において、数少ない差別化出来る部分の一つです。

僕の場合だと、
「1ヶ月以内に売れているもの」に絞って出品しています。


が、中古となると、話は全く変わってきます。

例えば上記の基準の「1ヶ月」だと、売れてるものがかなり見つかり辛いです。


中古の商品って、新品よりも出る数がだいぶ少ない場合がほとんどなので、
1ヶ月では、かなり見れる数が少なくなってきます。

中古って新品と違って、流行り廃りが少なく、
「寿命」が存在しない商品が多いんですよ。

ずーっと価格が変わらなかったり、むしろ上がったりとか。

なんで、もっと昔に売れた商品でも、十分に売れる可能性が高いってことですね。



無在庫販売は、数。

これは中古でも変わりませんし、常に真理です。
新品ほどは必要ない、というだけで、十分な数は必要。


そこで手を広げるためには、
「売れている根拠の期間を広げる」
というのは、おそらく多くの人に一番有効なやり方です。

大抵直近しか見てないんですよ。
1ヶ月とか、せいぜい3ヶ月とか。


最近公開した理駆さんとの対談を聞いてもらえばわかりますが…

理駆さんが扱ってるような商品も、
まさに「滅多に売れないけど、値下がりしない」という条件を満たしています。


新品だからこう、中古だからこう、と100%言い切れるわけでもないんですけど、
大体の傾向はこんな感じ。

何れにしても、商品の寿命を常に意識して、それに沿って手を広げていくのが重要ですね。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。