Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

人を動かすのを諦めましょう

 

何にしても、
「人を動かす」っていうことは、常に難しいことですが…

ビジネスっていうのは、人を動かすことの連続です。


主に、従業員や外注さんなど、仕事をお願いする人と、
商品を買ってもらうお客さん。

僕の場合は、僕のコミュニティ「君嶋組」に所属している人たちもそうです。


この3つは全然違うように見えますけど、
僕は、共通して強く意識していることがあります。


それは、
「動かない人を動かそうとしない」
ということです。


外注さんだったら、仕事ができない人は放置します。

放置したら困るようなポジションには、
そもそも出来る人しか絶対に配置しない。


実際、教育とかって限界があるんですよ。

教えることはできても、動かない人を動かすのはほぼ無理。
全くコストに見合いません。


それに比べると、「君嶋組」の人に関して言えば、
なるべく動きやすい環境作りをしたり、動かす努力を結構しています。

それによって、普通よりは動ける人が増えてるはずですが、
正直、本当にダメな人を動かすのは難しいです。

ここに関しては放置はしませんが、
ある種の「諦め」は、やっぱり存在します。



お客さんに関しては、当たり前のことですが、
「売れない商品を売ろうとする」
というのが、動かす努力に当たります。

が、大抵はうまくいかない。


既に売れている商品を、既に買おうとしている人の前に差し出すのが、一番効率的です。

「それじゃ面白くない!」とか思って、
いろんなこと試したりする時期があるんですけど、
結局、最後はそこに落ち着きます。

eBayでリサーチして、その通りに売るのが一番。



これは、ビジネスだけの話でもないと思ってます。

動かない人を動かそうとすると、多大なストレスがかかるし、
トラブルの元になる。


人に関して何かうまくいかないことがある場合は、
「その人を動かすことを諦めてはダメか?」
を考えるようにするといいですね。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。