Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

オークションは、急ぐ販売方法

 

昨日は、ギター王子中本さんのスクールのセミナーにお邪魔してきたんですが、
そこで、「eBayのオークション」が話題に上がったので、その話を。


まず、大前提として…

eBayでは、オークション形式とBuy It Now(即決)の形式がありますが、
無在庫販売の場合、オークション形式のメリットはほぼありません。


オークションというのは、一言で言うと、
「急ぐ販売方法」だからです。

メリットをいくつか挙げることができますが、
この一言にほぼ集約されます。


一番よくあるのが、在庫を捌いて現金にしたい場合。

低価格から始めることによって、赤字になる可能性はありますが、
高い確率で、指定した期間内で売り切ることができます。


「一点物など、相場価格がわからない」
といった商品もオークションに適しています。

しかし、これも販売を急がないのであれば、
価格を高めに設定して、Best offerでもつければいい話です。



無在庫では赤字になったらなんの意味もないので、
低価格からのオークションを使うことはありませんし、
早く売ることが大事なのではなく、「なるべく高く売る」という方が大事です。


例えば一点物の場合。

オークションで1週間で売り切るより、
当然、Buy It Nowで売る方が高くなりますよね。

そして、商品は一つしかありませんから、
短い期間で売ることで、また次売ることはできないんです。


そりゃ、売るのは早いに越したことはないですが、
無在庫販売ではキャッシュフローをあまり考えなくていい上に、
資金があっても使い道がありません。

ですから、そういった商品の場合は、時間をかけても高く売る方が正解になります。

もちろん、在庫がなくなったら元も子もないので、
限度ってものはありますが…
在庫がなくなるタイミングなんて、誰にもわかりませんから。



ということで、オークション形式は、
基本的に、在庫販売に適していると言えます。

完全に無在庫しかやらない場合は、
とりあえずBuy It NowだけでOKです。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。