Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

お客さんからの電話

 

こんばんは、君嶋です。




たまーにですが、eBayのお客さんから電話がかかってくることはありませんか?


eBayではお互いに電話番号を見れるので、何かあった場合に電話をかけてくることがあります。



さて、僕は基本的に英語がしゃべれないので、電話がかかってきても、

「あ、国際電話だ…」

と思った瞬間に無視します笑


あとで電話に出られなかったことを謝るのと、英語ができないことをそれとなく伝えます。



が…今日は違いました。



なんと、非通知でかかってきたお客さんからの電話を、とってしまったんです!笑


かなり焦りましたが、なんとか半分くらいは会話になりました…



そのお客さんは、その直前に、商品を買った後にもかかわらず、

「月曜までに発送できるか?」

「FedExは使えるか?」

「木曜までに必要なんだけど、それまでに届くか?」

というようなことを、何度も何度もメッセージで聞いてきて、

とてもイライラしていたところでした。


結局その方はその電話でキャンセルの申し出をしてきたんですが、

(なんとか半分くらいは会話になっていた…と思いたいです)

最後の、

「I apologize. Thank you so much! Kimishima-San!」

という言葉を聞いて、イライラはどこかに吹っ飛んでしまいました。



やはり、実際に声を聞くと、とても感じの良い方だったりして、

文章だけで喋るのとは全く違ってくるんですね。



僕もよく「メールが冷たい」と言われる方ですが、リアルでは温かいです笑



なので、どうしようもないクレーマーに当たった時とかに、

ちょっと電話をかけてみて、誠心誠意謝ったら、意外とすんなり許してくれるかもしれませんね。


英語の壁はありますが、いざとなったら通訳を使えばいいので、

手段の一つとして覚えておくといいと思います。


今日の自分の感覚だと、割と効果は抜群です!




P.S.

エグゼクティブ会員の募集を再開しているようです。

http://bit.ly/rR4FWj

僕もメンバーズサポートの一員として、頂いた質問にお返事をしています。

輸出というビジネスに興味のある方、実践中の方は、是非入会をお勧めします。


また、より本気で取り組みたい方は、精鋭エリートをお勧めします。

http://bit.ly/GCYM1M

こちらはあまり詳しい説明は載っていないので、興味のある方は、

overseaselling11@gmail.com

までご連絡ください。





P.P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

eCheck

 

こんばんは、君嶋です。



eCheckをご存じですか?


eCheckとはPayPalの支払いの種類の一つで、

バイヤーが支払いを行ってから決済が完了するまで、数日の期間を要するものです。


僕たちセラーは、しっかり決済が完了してから商品を送らなければなりません。

まれに決済が正常に完了しないことがあるからですね。


理由は色々でしょうが、故意に決済を完了せずに、商品を持ち逃げ…という詐欺も存在するようです。


気をつけてくださいね。



さて、今日このeCheckで支払われた商品を、間違えてヤフオクで落札してしまいました。


入金前に気付いたのでよかったのですが、かなりの高額商品なので、

入金していれば一大事、発送までしていたらもっと一大事でした…


が、ヤフオクはeBayと違って、気軽にキャンセルをすることができません。


・自分に悪い評価をつけてキャンセルしてもらう

・落札手数料を支払って良い評価で終わらせてもらう

の2通りしか、キャンセルする方法はありません。

(人によっては2つ目の方法に応じてくれないかも…)


ヤフオクの場合もそうですが、他のショップで仕入れる場合も、

キャンセルは面倒な場合が多いですよね。


eCheckの支払い通知のメールは通常の支払通知のメールとよく似ていて、

ついうっかり仕入れてしまいがちですが、頭の片隅に入れておいてくださいね。






P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

返金の対応

 

こんばんは、君嶋です。



たくさん商品を扱っていると、

・間違えてちょっと違う商品を送ってしまう

・箱が潰れてしまう

・その他よくわからないクレームをつけられる


という事態に遭遇することがあります。


こんなとき、対応としては以下のようなものがあると思います。

・一部返金

・返品・返金


大抵の場合は、一部返金のほうが、コストが少なくて済みます。

(返品に送料がかかるため)


なので、出来る限り一部返金で納得して頂けるように説得することが第一です。


それがどうしても無理な場合は、返品・返金対応ですね。


これについて絶対に守らなければいけないのは、

「商品を受け取ってから返金をする」

ということです。


以前、僕が先に返金をし、商品が送られてこなかったことがあります…


この場合、PayPalからの保護を受けることはできませんので、

泣き寝入りするしかないわけですね。


同様に、追跡番号のついていない発送方法で送ってもらうのもNGです。

送ったかどうかわからないからですね…


送料でこちらが大損をする場合や、

そこまで価格が高くなく、返品返金の手続きをするのが割に合わないような商品の場合は、

いっそのこと全額返金をして、商品はあげてしまいましょう。



こんな感じで、返金対応をする場合は、多少金銭的に損をしても、

とにかく面倒事は極力減らしていくのがいいと僕は思います。


頭にひっかかっていると仕事もはかどりませんからね。







P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

話だけではわからない

 

こんばんは、君嶋です。



Skype相談で、驚くべき話を耳にしました。



PayPalを通して商品未着のクレームが来た場合、発送証明を提示すると、大抵の場合はお金が返ってきます。


以前紹介したこのケースも、「お金が返ってきた」という連絡を受けました。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11179026873.html


さて、この「発送証明」についてなんですが、

通常、「書留付き小型包装物」などの書留の書類は、「発送証明」とは認められないことになっています。


EMSか、FedExなどの発送方法でないと、「発送証明」にはならず、お金が返ってこない、ということですね。



…が、Skype相談で聞いたのは、なんと、

「小型包装物の書留の控えで、お金が返ってきた」

ということです。


それも1度ではなく、数回やったのに、全てお金が返ってきたというのです。



恐らく、EMSなどで送っていない場合、商品未着のクレームを受けた時点で諦めてしまうケースがほとんどだと思います。


もちろん、本当に未着ならば返金すべきなのですが、明らかにそうでない場合もありますよね。

(同時に複数のクレーム、書留の追跡で到着済みとわかる場合、等)


そういう場合は、ダメ元で書留の書類を提出するといいということですね。



このように、話を聞いているだけでは不可能なことが、実は可能だったりします。


特にこういうルール絡みのことには多いですよね。

リミットアップに関することなんかはその最たるものだと思います。



人から聞いた話を信じるのも大事なことですが、

鵜呑みにするだけではなく、自分で試してみることで、道は開けるものなのかもしれませんね。





P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

知らないこと

 

こんばんは、君嶋です。




「サインが入ってないじゃないか!」


と、あるeBayのバイヤーからクレームがありました…



「サイン???なんじゃそりゃ…」


と思って見てみると、タイトルには「Autographed」という単語が。





autograph : ~に自署[署名]する





いやー、知らなかった笑



今回は一部返金という形でおさまりそうです…




さて、何がいけなかったのでしょうか?



当然、「リサーチの段階でautographedという単語をスルーしていたこと」ですね。


最悪、売れた時に「ん?autographed??」と思っていれば防げました。



これは、


「知らないことをそのままにしておいてはいけない」


ということのいい例ですね。


とにかく、「知らない」というのは危ないことです。


何か少しでも疑問に思ったことは、すぐに調べておくといいですね。



特に今回の例のような英単語は、1つだけでも大きく意味が変わってしまうことがあります。


気をつけましょう!




P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

1 / 3123

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。