Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

ネットショップで1日に1000ドルの売上

 

最近ネットショップの決済の話を何度かしてると思うんですが、
とりあえずちゃんと注文を取れるようになった結果、
かなり好調な感じです。

昨日なんか、1日で1000ドルも売上がありましたからね。

利益率は50%くらいあるので、約6万円の利益です。


しかーし、このネットショップ、売れるためにやったことなんてほぼありません。

構築は、うまくいってるショップのデザインをパクったりとか、
割と力を入れましたが…

インド人の仕事なので、まだいろんな画像が粗かったり、
オーダーの画面の入力項目がおかしかったり、
問題はかなりあります。


それでもなんで売れるのか?

当たり前なんですが、商品が素晴らしいから、
つまり、リサーチがうまくいったから、です。


偶然国内一番の仕入れ先を確保できたりとか、
それ以外にも幸運はあるものの、競合がいるわけでもないので、
商品力だけで売れています。


とにかく物販はリサーチ…
本当に、それをわかってない人が多すぎです。

やたら裏技を求めてるんですよね。

そんなものを探す前に、死ぬ気でリサーチしまくってくださいな。



ただ、今回の商品は、eBayやAmazonでは売ることができない商品なので、
Terapeakを見たりとか、Amazonのランキングを見てリサーチすることは不可能です。


じゃあ、一体どうやってリサーチしたのか?

その話は、また、いずれ…

海外向けネットショップを最も簡単に構築するには

 

僕は「ネットショップの構築」が苦手です。

苦手っていうか、嫌いっていう方が正確ですかね。


まだ「これだ!」っていうテンプレみたいなのがイマイチ出来上がってないので、
ページの構成とかを考えるのが結構苦痛なんですよね。

そもそも、扱う商材だったり、
目指すショップのスタイルによって、
レイアウトもページの数や構造も変わってきますから…
テンプレが完成すればOK!という類のものでもないような気もします。


構築っていうのは以外とスルーされがちですけど、
同じような悩みを抱えてる人も多いんじゃないですかね。


そんな中、比較的簡単に、
いい感じのショップを構築してしまう方法があります。

海外向けだからなせる技なんですが…


それは、
「日本のいい感じのショップを、そのまんま真似する」
という方法です。

いい感じのショップっていうのは、
言ってしまえば、売れてそうなショップのことです。


売れてるショップであれば、
ショップに必要なものは全て揃ってますし、
その商材に適した構造になっているはずです。

それをまるまる英語に翻訳してしまえばOK。


ショップのレイアウトなんて、真似したからって文句言う人はいないし、
そもそも翻訳してしまったら、元のショップなんて分かりはしません。



ショップに限らず、eBayの商品説明とかだって一緒ですよ。

誰が書いても同じになるようなスペック等の説明なんて、
真似をしても誰も怒りません。


「真似しても問題ないものはとことん真似をする」
これが、何か新しいことを始める時、一番楽をする秘訣ですね。


どーもそこにブロックがある人が多い気がしますが、
最短ルートを目指すならば、ガツッとブロックを壊していきましょう。

納期のない人種

 

紹介した青木さんのAmazon輸出の企画には、登録しましたか?

Amazonはマジで稼げます。

eBayをやってて…っていうならば、やらなければならないとは思いませんが、
「やる」という選択をするなら、見ておいて欲しいです。

http://flmk.biz/member/go/ga/004190001160361/




先日、「インド人しか応募こねーーーー」っていう嘆きの記事を書きました。

http://ossblog.jp/archives/3507



で、あれだけインド人をディスっておいて、
結局選択肢がインド人しかなかったので、
インド人にネットショッップのデザインをお願いしました。


$500という割といい感じの予算の設定のせいか、
そんなに悪くない感触です。

ほぼ希望通りのデザインが出来上がりそうな感じ。



しかーし!

ヤツらには、重大な概念が抜け落ちています。


それが、「納期」です。


oDeskにも仕事の期限の設定がありますし、
最初の話し合いでも、
「いつまでに出来る?」
ということを必ず確認するようにしています。

すると、
「4〜5日もあればできるよ!」
っていう答えが帰ってくるわけですよ。



ん…もう2週間経ってるけど……。


本当に、あの人種には納期という概念がないんです。

「いつまでにできる」
なんていうのは、
「機会があったらお食事でも」という社交辞令と同じ。

まーったく意味を持たない言葉です。



かといってこっちが諦めるのはおかしな話なので、
納期を過ぎたら怒りましょう。

そしたら、ほんの少しだけは慌ててくれます。


ただ、この際にも注意点があってですね…

「最初にしっかりと仕様をまとめておく」というのが重要です。


というのは…

途中で「やっぱこうして!」みたいなことを言うと、
「そのせいで納期すぎたんだよ。オレのせいじゃないよ!」
って言い張るんですよ。必ずと言っていいほど。

いや、どう考えてもその変更は1時間もかからんだろ…

と言ったところで意味がありません。


とにかく言い訳する隙を与えないことを忘れてはいけませんね…



こういったことを踏まえておけば、
◯◯日過ぎたら◯◯ドル減額
っていうのも有効かもしれません。

ほぼ反発してくるはずなので、
ねじ伏せられるだけの準備をしておきましょう。



こうやって書いてて思うんですけど、
一体僕らは何と戦ってるんですかね…

全くわかりませんが、負けないように頑張って、
ネットショップを完成させようと思います。

インド、インド、インドっ…!!

 

何度も何度もネタにしてきましたが…

僕は、海外のSOHOを使ったネットショップのデザインには、
幾度となく失敗してきています。



原因は全て、あの国。

そう、「インド」です。


インド人の厄介さは、多くの人の想像の斜め上をいきます。


ネットショップを作ってるはずが、「Add to Cart」が存在しない。

「この3つの商品の画像で、ナイスな画像作って!」って言ったら、
白背景にただ商品を真っ直ぐ並べただけの画像が出てくる。

「この決済システムをbigCommerceに入れたい」に対して、「できるできる」って応募してきたはずが、
「それは無理だから、こっちの決済サービスはどう?」
という謎の提案をしてくる。



…とまあ、振り回されてきたわけですよ。


今度作るネットショップこそは、
インド以外の国の人にお願いしたい。

しかし、海外のショッピングカートを利用する以上、
それに精通してなければ大変なので、日本人というのは、また難しいのです。



ということで、今までの反省点を生かして、oDeskで募集をかけてみました。


今までよくなかったところは、
「あまりにも安くしすぎた」
ということです。

そりゃまあ、ショップ全体デザインしてもらって$100とか、
ちょっと異様な安さです。


それでもある程度うまくいったこともあったので、
「金使いたくねーしな…」ってことで、そのくらいで募集してたんですが…

それだと、本当にインド人しか来ないんですよ。

たまに欧米の人がきたかと思えば、
10倍の、$1000とかで入札している。


なんで、ちょっとずつ高くしてみようと、
「$500」で募集をしてみました。



すると!!

なんとたった半日で、100件以上の応募がきました。


oDesk凄い…日本じゃ考えられないことです。


これだけ来れば、さすがにインド人じゃない人が多いはず。

蓋を開けてみると…




9割以上がインド人、
残りの8割がアジアの発展途上国、
ごくごく一部、カナダやウクライナ。



…………

素敵な結果でした。

したら欧米の人に頼もう!って感じなんですけど、
やっぱりというかなんというか…その辺の人はみんな評価ゼロ。


oDeskの評価なんてあまりアテにならないとはいえ、
さすがにそんな高額な仕事を、評価ゼロの人に任せられません。



こんな話聞いて何になるんだって感じですが、
とりあえず覚えておいてください。

「$500では、インド、インド、インドっ…!!」

価格比較サイトがすげー増えてる

 

僕はBigCommerceのネットショップを持ってるんですが、
あの辺のサービスは競合が多いせいか、
サービスの進歩が早いような気がします。


例えば、以前は安いプランでは100品しか出品できなかったのが、
今はそーいうくだらない制限はなくなってたり。

代わりに取引あたりに手数料がかかったりしますが、
大した率じゃないし、その方が理にかなってますよね。



で、最近すごいなーと思ったのが、
「対応する価格比較サイト」です。


価格比較サイトっていうのは、いわば価格.comみたいなやつですよ。

ああいうサイトに、サクッと出品する機能があったりするんですけど、
その対応するサイトがかなり多くなってた、って感じです。


一覧を載せると…


Bizrate
http://www.bizrate.com/

Shopzilla
http://www.shopzilla.com/

Beso
http://www.beso.com/

Nextag
http://www.nextag.com/

PriceGrabber
http://www.pricegrabber.com/

Shopping.com
http://www.shopping.com/

mySimon
http://www.mysimon.com/




ここまで色々あると、かなり夢が広がりますよね。

この辺のサイトって、大体使い方が似たようなところが多いですし、
平行展開するだけで、集客の入り口を広げることができそうです。


「Amazonでしか買い物をしないお客さん」
みたいな人がいるわけですから、
こういったサイトにしかいないお客さんも、一定数いるはずですしね。



ちなみに、BigCommerceは、
「簡易的な出品に対応している」というだけであって、
他のショッピングカートであろうが、ちょこっと頑張れば大体どこでも出品ができるはずです。


ネットショップを持っている方は、是非試してみてください。

1 / 3123

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。