Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

PayPalの購入者に自動返信メールを送る方法

 

PayPalを利用すると、本当に簡単に取引をすることが出来ます。


「ネットショップの構築」
というと非常に大層に聞こえますが…

WordPressで、記事の中にPayPalボタンを仕込めば、
それだけで、そこでモノを売ることが出来るわけですから、
商品数が多くなければ、簡易的なネットショップは、
すぐに構築できちゃったりするんですよね。


ちょっとメルマガで紹介した商品を売る場合とかも、
ブログがあればできるので、大変便利です。



ただ、そんなPayPalボタンの機能に、
どうしても許せない点が一つあります。


それが、
「自動返信メールを送ることが出来ない」
ということです。


これは、eBayやAmazonで販売する場合は当然ですし、
ネットショップをやる場合も、あり得ないことです。


買ったら、注文の確認メールが来るのが当たり前ですよね。

そういうのが来ないと、
「詐欺?」と思われても仕方がないのがネットの世界です。


で、以前、それを実現するツールがないものか…
と探しまくって、見つけました。

ありそうでなかった、PayPal利用者必携のツール。


「PayPalオートメール」です。

http://benri-tools.net/ps_ppmaile.php


まあ、言ってしまえば、
「PayPalの購入者に自動返信メールを送る」
というだけの機能なんですが、
どう考えてもPayPalでモノを販売する時に必要です。


マニュアルも充実していて、
インストールも、設定も、超簡単ですし、
価格もむちゃくちゃ安いです。


地味ですが、お客さんからしたら大事なことですので、
なるべく早く導入するようにしたいツールです。

「作って終わり」にはなり得ない

 

こんばんは、君嶋です。


来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazonの注文が入ったら、注文データを抽出、

ワンクリックで、EMSラベルを印刷する…


こんな感じのツールを使って、(SOHOさんが)発送してるんですけど、

このツールが昨日あたり急に使えなくなりました。


原因は、日本郵便のAPIの不具合ということで…

要するに、郵便側の問題で、こっちにはどうすることもできません。


結局、その日のラベルは手書きで書いたようです。



ツールに何かをやらせるというのは、モノによっては圧倒的に効率的で、

考えられない程、手間とお金の節約になります。


が、不測の事態が起こった時の反動も大きいです。


僕の規模でラベル手書き、程度なら大した事ありませんが…


例えば、Amazonの商品情報の抽出とか。

仕様変更に気づかずに、とってきた商品タイトルが全部同じになってしまって、

「出しちゃいけないブランド」のフィルターが機能せず、

全部出してしまった…とかそんなこともあります。


すぐに対処したので何事もありませんでしたが、

場合によっては、アカウントに重大な危機を及ぼす話です。


この「すぐに対処」っていうのが大事で、

自分がエンジニアでないならば、必ず対応してくれる人を用意しておく必要があります。


僕はこの辺が運がよかったなーと思っています。

まあ、カンファレンスで話したようなことのおかげでもあるんですが…。



最近Amazonが流行っているからか、

「ツール作って、さくっと効率化」

みたいなノリで考えてる人が多いような気がしますが、

決して「作って終わり」にはならない、

ということを忘れてはいけませんね。


そこさえしっかりすることが出来たら、

機械の手は、かなり大きな力になるでしょう。

この悪魔め!

 

また、やられた。

電車に潜む、あの悪魔に。


痴漢冤罪?

いえ、違います。


痴女?

いえ、もっと違います。



場合によってはもっと怖い、ヤツですよ。

ほら…

「キミの手助けをしてあげるよ…」

って、電車に乗った瞬間から、僕らを誘惑してくる。


「ダメだ、ダメだ」って思っても、抗えません。


嵌ったら最後、10回に1回程度、大きな損失をもたらします。




その悪魔とは…




そう、「網棚」です。




僕は昨日も、網棚に荷物を置き忘…じゃなくて、あの悪魔に荷物を奪われたんです。


最近読んだこの本には、こんなことが書かれています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4576082116

————————————–

あなたの家に電池の切れた懐中電灯はあるだろうか。
その懐中電灯の電池を交換しないといけないと思い出すのはいつだろう。
言うまでもなく、その懐中電灯を目にしたときであろう。これはよく考えると、かなり間抜けなことだ。
心に多少なりとも分別があるのなら、お店で電池を売っているのを見たときに思い出すべきだろう。

————————————–


うーん…まさしくその通り。

いくら気をつけて、「次は絶対忘れない」とか思っても、無駄なことです。


そして僕は、更に間抜けなことに気づきました。

僕は、これを簡単に予防出来たからです。


それが、このアプリです。

Go Tasks
http://ossblog.jp/gotasks


iPhoneでGoogle Tasksにタスクを追加でき、

リマインダーの時間を設定することが可能です。


最近使い始めたんですが、地味に超便利ですよ。

「あとでアレやんなきゃ」を安心して忘れることが出来るので。


これを使って、網棚のリマインダーを、電車を降りる直前の時間に設定すればOKです。



ただし、それを設定し忘れたり、

設定すべきことに気づかなかったりしたら意味がありません。

実際、僕はこのアプリを3日前から使ってたわけですから…


じゃあ、電車に乗る直前のタイミングに、

「タスクを追加する」リマインダーを設定しようか。

うーん。無限ループ。


やっぱり、網棚は利用すべきじゃありませんね。

Twitter自動フォローツール Tweet Demon

 

エグゼクティブ会員の募集があと1日で終わってしまいます。

http://ossblog.jp/s59a


再募集しない、という最悪の事態も考えられますから、

やる気があるならば、今入っておきましょう。


僕経由で入会して頂いた方には特典をプレゼントします。

http://ossblog.jp/executiveclub


まだ入会していないならば、このチャンスを逃さないようにしてくださいね。



先日ちょろっとお話した、このツールを試してみました。

Tweet Demon
http://ossblog.jp/tweetdemon


ってことで、軽くレビューをしようと思います。


まず驚くべきは、その機能の豊富さです。


一番素晴らしいのは、

「特定のアカウントのフォロワーをフォローできる」

ということです。

すげー重要な機能だと思うんですが、これを実装してるツールは多くありません。


Twitterでは、スパム報告を多くされるとアカウント凍結されてしまうので、

より属性を絞り込むことは、非常に重要になります。


「特定のアカウントのフォロワー」というのは、かなり明確に絞り込まれていますよね。


また、プロキシを使うことで、アカウントごとに、アクセス元を偽装できます。


あんまり同じIPからたくさんのアカウントを稼働させるとヤバいようですから、

アカウントを複数使う場合は、これもかなり重要な機能と言えるでしょう。


フォロー数、フォローまでの時間…等の数字のばらつかせ具合も自由自在です。


この辺の機能のおかげで、凍結リスクはかなり抑えられるかな?と思います。

あと、フォローするアカウントの言語設定も、もちろん可能です。


これらに加えて、ここでは書ききれない程多機能です。


僕も把握しきれていないし、そこまで重要じゃないので省略しますが…。



逆に、「無駄なアカウントをフォローしない機能」はちょっと足りていない気がします。


フォローマティックならば、

・フォロー数

・フォロワー数

・ツイート数

・プロフィールに存在するキーワード

等で、フォローするアカウントを絞り込めるんですが、

Tweet Demonではそれができません。


フォローマティック
http://ossblog.jp/followmatic


なので、攻めという意味では、ちょっと弱いかもですね。



とまあ、こんな感じで、設定された機能としてはかなりいいのですが…


残念ながら、現状ちょっとエラーが多すぎて、使うのがかなり大変です。


なぜか指定したアカウントが見つからなかったり、

「プロフィール写真のないアカウントをフォローしない」の設定が機能してなかったり、

意味不明なエラーメッセージが出て止まったりもします。


サポートフォーラムでも同様の事例が投稿されまくってました。


ということで、非常にもったいないんですが、

価格も約$300と高いですし、今のままだったら買うには値しないでしょう。


ただ、この手のエラーは、恐らく近い将来にしっかり修復されるでしょうから、

その時には十分「買い」のツールです。


必要になったときは、

バージョンをチェックしたり、フォーラムを見たりして、

その辺のエラーが修復されてるか?を調べるといいでしょう。


まとめると、

「今は買ってはダメだが、将来性はバツグン」

という感じですね。

簡易的なコンバージョントラッキング方法

 

最近はeBayやAmazonの外のことに力を入れてるので、

結構、テクニカルな問題に悩まされてます。


昨日今日あたりは、コンバージョン(購入とか、メルマガ登録とか)の経路を見たかったので、

その辺を色々調べてたんですが、

Googleアナリティクスが意味不明すぎて、もう大変でした。



もっとシンプルに解決する方法はないものか…

ということで、たどり着いたのがコレです。


Pretty Link Pro
http://ossblog.jp/prettylink


Pretty Linkは、短縮URLを簡単に作成できるWordPressのプラグインで、非常に重宝してました。

例えば上記のリンクがそれですね。


基本は無料なんですが、有料版のProが存在します。


Proはかなり色々な機能が加わるんですが、

その中に、コンバージョントラッキング機能があります。


簡単に言うと、ある短縮URLから別のある短縮URLにたどり着いた人が、

一体どれだけいるのか?というのを計測することが出来る機能です。


例えば、各入り口に対して、メルマガ登録の数を計測したければ、

入り口の短縮URLを複数用意して、

登録完了ページを、Pretty LinkのURLに差し替える(またはリダイレクトさせる)ってことですね。


これで、どの入り口から来た人がどれだけいて、

その中で何人メルマガ登録されたか、というのが一目でわかります。



他にも結構便利な機能が多くて、使い勝手がいいので、

一度、機能を覗いてみてください。

1 / 41234

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。