Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

SOHOは主婦が良いのか?

 

以前も書いたと思うんですけど、最近また、
「SOHOの応募が来ない」
という相談をもらってですね…

話を聞いてみると、やっぱり、出す場所が間違ってるんです。

こちらのサイト。

シュフティ
http://www.shufti.jp/


なんで応募が来ないって、単に人がいないんですよ。


集客と一緒。

出品するのは、世界最大級のeBayとAmazonでしょ?

求人だって、出すなら大きいとこに出しましょう。


@SOHO
http://www.atsoho.com/

クラウドワークス
http://crowdworks.jp/



とは言っても…それを知らなければ、
「主婦」に魅力を感じて、シュフティを選んじゃう人って多いんですよね。

「主婦はいい人材が多い」というのが一般的に言われていることだから。

主婦しか雇わない、という人も、少なくありません。


そもそも、それって本当なんでしょうか??


僕の結論は、
「別に、主婦以外にもいい人はたくさんいる」
というところです。


確かに、SOHOという働き方の性質上、
主婦の方は必然的に多くなります。

子育てをしている場合、していない場合含めて、
働きに出ていないケースが多いので、
「仕事」という意味では、一点集中してくれます。

女性の方が粘り強い、というのもきっとありますね。


統計をとったわけではありませんが、
確かに、主婦の方が、いい人の率は高いかもしれません。


が、男性でもむちゃくちゃいい仕事をしてくれる人は、腐る程いますよ。

僕の所にも、信じられないほど素晴らしい仕事をしてくれる男性が、
何人もいます。


人なんて、たくさんいる中から選べばいい話なので、
「主婦じゃないとダメだ」って絞るのは、
非常にもったいないことなのです。


なんとなく「主婦=仕事ができる」というイメージで、
惹かれてしまうのはわからなくもないですが、
それで可能性を狭めてしまうよりは、
広く人をとっていく方が、よっぽどいいと思いますよ。

oDeskのFixed Priceに関する仲介

 

最近インド人の話をよくするのでわかると思いますけど、
ショップのデザインのためにoDeskを久々に使ってます。


で、今のoDeskを見てると、
プラットフォームとして、最近かなりいい感じに進歩してる感があります。


細かい変更点はいっぱいあると思うんですけど、
一番でかいのは、Fixed Priceの仕事周りです。


以前のFixed Priceは、
僕ら仕事を発注する側にも、SOHOにも、優しくない仕組みでした。

先にお金を払えば、仕事をしないで逃げられても、お金は返ってこない。

先に仕事をすれば、お金を払わないで逃げられても、どうにもならない。


ちゃんとeBayみたいなプロテクション的な物がついてるのは時給制の仕事だけで、
Fixed Priceに関しては、何かあったとしても、
せいぜい評価を傷つける程度でした。


それが最近、
Fixed Priceに関しても、oDeskがしっかりと仲介をする感じになってます。


oDeskがお金を預かって、ちゃんと仕事が完了したのを確認したら、
SOHO側にそのお金を支払う、という感じですね。



とは言っても、納期が遅れたからってお金を払わなくて済むわけでもないですし、
インド人対策としてはまだまだですけども、
今までのFixed Priceの無法ぶりを考えたら、大きな一歩です。

いずれ、こう、文化の違う人々であろうと、
お互いが納得のいく仕事ができる、
そんなプラットフォームになってくれるのかなと、ちょっと思いました。


そんな日を心待ちにしつつ…

それまではインド人との格闘を続けます。

1日100個梱包できますか?

 

僕がSOHOさんに仕事をお願いする上で、最も重要だと思っていることは、
「信頼する」
ということです。


「ちゃんと仕事をしてくれるだろうか」
「アカウント情報を渡したら、何か悪さされるんじゃないか」

というような不安を捨てて、任せてみるってことですね。


これを越えることが、おそらく最も皆できていない事だと思います。


もちろん、自分との関係が出来上がってない人に、
いきなり信頼して大事な仕事を任せたりするのは、
かんりリスキーです。

が、ある程度関係が出来上がって、
重要な仕事を任せるようになってきたら、
信頼しないことには何も始まらないわけですよ。


最近はそれをかなり痛感していまして…

Amazonの出荷数が予想以上に伸びすぎたため、
仕入れをしてくれる方、発送をしてくれる方、顧客対応をしてくれる方、
皆にかなりの負担がかかってしまいました。


例えば、1日150件以上仕入れを担当する人がいますし、
1日最大100個の荷物を発送する人がいます。


こんなの、皆をよっぽど信頼していないと無理です。

フツーに考えたら、絶対投げ出すだろうと考えて、
出品をやめたりしなきゃいけないでしょう。

だって、自分でやってた頃は、1日10個でヒイヒイ言ってましたから。


まさに「超人」と思える人は、いるんですよ。結構。

自分のモノサシで測ってはいけないし、
「できる」というならやってもらう。


それができれば、気持ちもかなり楽になると思いますし、
本当の意味で手離れしていきます。



とか言ってみましたが…

そもそもしっかり人を用意していればこんなことにはならないので、
「普段の3倍以上の注文」
くらいの気持ちでいたほうがいいですね。


12月のAmazonはヤバいっす。
去年は手を抜きすぎたので、初めて本当の意味で体感しました…。

人手不足…。

 

忙しい時期ということで…
皆が直面している問題が、
「人出不足」です。


Amazon輸出の無在庫販売とか、
僕は大体利益率2割くらいなんですが、
普通は1割くらいでやってるみたいですし、
そんな大した売り上げじゃなくても、かなりの発送数になります。

なんで、
「いかにして捌くか」が、常に大きな問題になるわけです。


いかに効率よくやるか?というのもその一つですが、
やっぱり、どれだけの人がいるか、が一番ですね。

仕入れは全部やらなきゃいけませんし、
発送だって、代行を使うにしても、関連した作業が発生しますし。


とにかく、
「いかにして多くの人を抱えるか?」
というのが最も重要ということになります。


その点、固定費のかからないSOHOはおすすめですね。

普段手が空いていても問題ないし、
というよりは、普段は手をあけておくべきです。


なかなかこの発想に至らない人が多いですが…
全く仕事がなければ人は離れますが、
常にMAXじゃないといけないわけではありません。

つまり…忙しさに差がある以上、
「最も忙しい時」に合わせて、人を集めておくといいってことです。


いい人材を集めるのにも、
「人をたくさん集める」というのは重要ですし、
単に忙しい時を乗り切るのもそう。


常に、どうやって多くの人を抱えようか?
ということを意識していきましょう。

社員じゃないので、多くて困ることはありません。

外注する報酬を安くしなければならない理由

 

外注化に関して最もよくある質問の一つが、
作業の報酬の決め方です。


僕は、その質問を受ける度に、
「出来るだけ安くから募集するのが鉄則」
っていう話をするのですが…

逆に疑問に思われるのが、
「本当に、こんな報酬で作業を行ってくれる人がいるのか?」
ということです。


僕に言わせれば、そんなもの、いるに決まってるんですが…

なんでそういう疑問が生まれるのかというと、
やっぱり、自分基準で考えているからだと思います。


自分なら、こんな安い報酬で作業をすることはない。
だから、同様に、そんな人いないのではないか?

という考えです。


これは、一見正しいように見えなくもないですが、
実は、根本的に間違った考え方なんです。


と、いうのは…

ビジネスって、何らかの価格差によって儲けるもの。


その価格差って、モノの価格だけじゃなくて、
色々なところに存在するわけですが…

「作業の価格」もそのうちの一つです。


自分は、これだけ安く仕入れられるんだから、
こんな高くは買わない。
けどお客さんは買うから、儲かる。

と同じように、

自分は、これだけの時間があったらもっと稼げるんだから、
こんな報酬では作業をしない。
けど外注さんはするから、儲かる。

っていう考えで外注するんですよ。


搾取とかそういう考えでは決してなく、
ビジネスとして、価格差をとって稼ぐのは当然のことです。


そしたら、
「自分はそんな報酬では作業をしないから…」
というのは、大きな間違いに決まってますよね。

自分がやらないレベルの報酬にしないと、
価格差が生まれないことになり、なんの意味もないからです。


当たり前ですが、見落としがち。

「価格差をとる」っていう意識は、重要です。

1 / 1112345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。