Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazon輸出無在庫販売で、普通と違う稼ぎ方はあるのか?

 

「価格競争がすごくて全然稼げない…」
という人も多い、Amazon輸出の無在庫販売ですが、
僕の記事を読んでいる方はご存知の通り、まだまだ稼げます。


が、確かに競争が激化してキツイ面があるのも事実です。

しかし…競争がここまで激化してる原因を考えたことはありますかね?


あれだけ巨大な市場で、
「全然稼げない」ほどの競争は、本来ないはずです。


競争がここまで極端に大きくなる原因は、
「皆が全く同じことしかしていない」
というところにあります。

皆同じ商品、皆同じ仕入先、皆同じツールを使う…

これは普通に考えれば異常です。


あまりに外れたことをする必要はないんですけど、
「ちょっとだけでも違うことをする」
っていうだけで、かなり違います。

先日書いたように、50品しか出品しなくても、
1週間で利益5万円くらいとれちゃったりするんです。

http://ossblog.jp/archives/3422

まあ無在庫販売は「数で制圧」が基本ですし、
ここまで上手くいくのはレアケースですけどね。



かといって「自動化」がいけないわけではなく、
むしろAmazonでは「自動化」を考えるのはかなり重要です。

「なぜ稼げるのか?」のロジックもわからないまま、
自動化しちゃうのがまずいだけ。


僕がAmazonでの稼ぎ方を考える際は、
やっぱり「将来的に自動的に運用できるか」っていうことは強く意識します。

例えば…
Amazon以外の他の仕入先の商品情報を、自動でとってこれるのか?とかね。


最近そんな思考が実を結んで、
今ある無在庫販売のモデルに上乗せして、
Amazon無在庫輸出で、月収数十万円はさくっといけそうな方法が見えてきました。

マニュアルは大事ですが、マニュアルしか見てない人には見えません。


Amazon輸出に限らず、
ある程度マニュアル的な稼ぎ方を極めたら、
「なぜ稼げるのか」をしっかり考えて、
ちょっとずらしたキャッシュポイントを考えるといいと思います。

限界きました。

 

今日はちょっと残念なことが…


Amazonの商品の価格を全部引き上げました。

要するに、意図的に注文を減らすってことです。


注文数が増えすぎたのと、Amazonからの資金保留により、
ちょっとこのまま行くと回らないかな…
という状態になってしまったためです。


クレジットカード枠も1000万円近く確保してこれですからね。

売れすぎた為とはいえ、かなり残念です。


どーーしても僕らみたいなビジネスをしていると忘れがちですが、
ビジネスの基本は、
「元手があって、それを何らかの形で増やす」
っていうことです。


無在庫販売なんか特に、
「資金ゼロで始められる!」
っていう感じで始めるところがあるし、それに慣れちゃってるんですけどね…

ある程度いくと、お金勝負にならざるをえませんね。


来年とか、Amazonで月商1億とかいってみたいなーってぼんやり思ったんですけど、
どう考えても一番のハードルは資金です。


すぐに大きな金額を稼ぐビジネスというのは、
結構大きな元手を使っていることが多いですし、
やっぱり、僕を含めて皆、お金を使うっていう視点が足りないよなあと思います。


まあ、始めたばかりで下手なリスクを背負わなくていいので、
それは素晴らしいこととも思いますけどね。

突き抜けよう!ってなった時は邪魔になるので、
常に「お金を使った人が早く伸びてく」っていう事実は忘れちゃいけないってことです。

50品でも売れるAmazon無在庫販売

 

最近勢いのすごいAmazonですが…
普通の無在庫販売とは別に、ちょっと新しい試みをしてみました。

「日本のAmazonで仕入れられない商品を出品する」
ということです。


なんだそんな普通のこと…って思うかもしれませんが、
地味にライバルが少ないのがこの場所。

小規模な無在庫セラーでも、十分に戦えます。


僕も実はやってなかったので、
ちょっと、「これ売れるんじゃ?」っていうのを出してみたんですよ。

えーっと、50品くらいですね。


普通無在庫だと、50品出品すると、
大体1ヶ月で5品も売れたら優秀です。


それが…

なんと、たった2日で、10品以上売れてしまいました。


どれもこれも、Amazonでは仕入れられないけど、
フツーに国内のネットショップで仕入れられるものばかり。


長いこと無在庫販売やってますけど、
ここまで反応がよかったのは初めてかもしれません。

Amazon恐るべし。


それにしても、マジでライバルがいないので、
今からやってもフツーに稼ぎまくれると思います。


問題は、リサーチですね。

僕の今回の事例は、Amazonのランキングとか一切見てないし、
そもそもほとんど新規登録の商品です。

ついでに言うとeBayの販売履歴も見ていません。


eBayとかAmazonとかとは全然別の角度からリサーチして、
「これ売れるんじゃね?」で突っ込んだ感じです。


そんな感じで、色んなリサーチ方法を身につけるのも大事っちゃ大事ですが、
フツーにeBayの販売履歴を調べるだけでも、
かなりいい感じにリサーチできると思います。


「全自動で在庫チェック&価格改定!」
みたいなモノがあると、どーしてもそっちに引っ張られちゃうし、
もちろんそれでも突き詰めればむちゃくちゃ稼げるんですけど、
どーもそっちが行き詰まってるなら、
こうやってアナログなほうにいくのは完全にアリですね。

Amazonに潜むもっとも凶悪な悪魔

 

Amazonの売れ行きは、
サイバーマンデーがピークかと思いきや…
今日は今月最高を記録しちゃいました。

サイバーマンデーの1.3倍くらいです。

どーも、「世間一般」とはだいぶ違う動き方をしてるような。
なんででしょ?


まあそんなことはさておき…

Amazonで急に売り上げを伸ばすと、忘れてはいけない悪魔がやってきます。


それが、「資金保留」です。


通常だったら2週間に1回資金が口座に振り込まれるのに、
その一部、または大半が、次回か、それ以降に回されちゃうっていうやつです。


なんて理不尽な!って思うかもしれませんが、
Amazon側からすれば当然のこと。


だって、

売り上げが上がったタイミングで、
セラーが商品を発送せずに、発送したことにして、
クレームが入る前に売り上げを引き出してドロン…

みたいなことも有り得るわけですから。

仕方のないことです。決して怒っちゃいけません。



なんでこんな話を急にしたかというと…。



まあ、早い話が、それが僕の身に起こっちゃったんですよ。


それも、「忘れてはいけない」とかいいつつ、すっかり忘れてました。


なんて理不尽な!ふざけんな!!




ってことで…
資金を早めに引き出せるようにアピールすることもできるので、
同じ目にあってしまったら、まずアピールしましょう。


かなりの額を保留されたので、
この売れまくる時期に痛いは痛いですが、別に大丈夫です。

クレジットカードがあればなんとかなっちゃうからですね。


限度額の話はしたと思いますが、
「一時的に限度額をあげる」みたいな技があるので、あれを使うと、
余裕で1000万円以上は使えるでしょうから。



皆さんも、理不尽な資金保留にはお気をつけを…。

万単位の顧客リストを持ってます

 

僕は、
「無在庫販売は物販アフィリエイトに非常に近い」
という話をよくします。


だって、在庫を持たないで売るわけですから、
言ってしまえば、仕入先とお客さんを繋いでいるだけです。

「これはここで変えるよ」
と紹介してアフィリエイト報酬をいただく、物販アフィリエイトと、
形としては非常に近いですよね。



が!

それは売れるまでの話。

ここから先に、無在庫販売とアフィリエイトの大きな違いがあります。


「顧客リストが手に入る」ということです。


顧客リストは、基本的にモノを販売する人が手に入れます。

アフィリエイターが手に入れられることもなくはないですが…
物販の場合はほぼないですね。


そして、販売者は、ほぼ例外なく、
なんらかの形で顧客リストを手に入れます。


eBayは、
「メールアドレスが取れる」
というのが大きな利点なのは言うまでもないですが…

顧客リストというのは、何もメールアドレスだけではありません。


住所や電話番号だって、立派な顧客リストです。

なぜなら、こっちから相手に何かしらのアクションをかけられるから。


メールアドレスが素晴らしいのは、
こっちからのアクションにお金がほとんどかからないこと。

メールを配信するシステムさえあれば、
何人に送ろうが、コストはほとんど変わりません。


住所だったら手紙を作るコストや送料がかかりますし、
電話番号だったら通話料がかかります。


逆に言うと、それをペイできるならば、
何の問題もなく顧客リストを活用できるということです。



そういう意味では、Amazonでも、たとえFBAであろうとも、
顧客リストはしっかり取れているということ。

これは冷静に考えたら凄いことですね…


僕の場合だったら、Amazonだけで万単位の顧客リストがありますし、
ある程度やってる人だったら、数千の顧客リストはあるでしょう。

これは、活用しない手はない。



どうも、Amazonというのは、セラーにそういう視点を持たせないですよね。
不思議なことに。

思考停止しても売れちゃう構造を作り出したのは、
それはもう本当に凄いことですが、
それに乗っかりすぎてわざわざ視野を狭めるのはもったいないですね。


ってことで、何かしら仕掛けてみます。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。