Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazon輸出で20万は、「余裕」

 

昨日から、「フロントラインマーケティング」が、
今月分の募集を開始しています。

たったの3980円で、
Youtube、Facebook、Google+、Amazon、BUYMA…
と、幅広いビジネスの手法を学ぶことができます。

入らないっていうのは、
「まるで勉強する気がない、いつか稼げなくなってもいい」
っていうことと同義だと思いますので、
幅広く学んで安定して稼いでいきたいならば、必ず入っておいてください。


フロントラインマーケティング
http://ossblog.jp/frontlinemarketing


と、いうことで、この魅力を伝えるべく、今回も対談を録りました。

募集期間が短いので、コレで終わりか、あと1つくらいですね。


今回は、多くの方にとって、もの凄く身近な話題ですよ。

お相手は、長尾さんという方で、
発表内容は、「Amazon輸出」です。


月に5万円くらいしか稼げなかった長尾さんが、
NBGCで、稼いでいる人に触れて、月収20万円を達成した道のり、
それを、全て報告会で発表していました。


僕の名前も何度も出してくれて…
そりゃ、対談録るしかないでしょう!
ということで、発表とは違った角度で色々聞いてみました。


僕もかなりノウハウ的なことを喋ったような気がします…

これが対談の醍醐味ですね。
単なるインタビューじゃないですから。


Amazon輸出なんて、本当に簡単。

10万20万稼げない人は、根本的な何かが間違っているか、
何もやってないだけです。


長尾さんとの対談で、稼げないスパイラルを抜け出すヒントを得てもらえたら、と思います。

では、どうぞ!


長尾×君嶋 対談
http://ossblog.jp/contents/taidan/201408nagao.mp3


今回の対談も、2日で消しますので、お早めに。

お客様を大事にする企業?

 

最近何かと「アンチAmazon」みたいに思われることが多い僕ですが、
別にそんなことはなくて、
特に今年末は、Amazonにかなり力入れて取り組もうと思ってます。

というか、準備段階で決まっちゃうので、今結構頑張ってる感じです。


この界隈で聞いたことがないような数字まで持っていけたらいいなー。


とまあそんな話はさておき、
僕もAmazonやってるし、NBGC君嶋組とかにも、Amazonをやってる人が多いので、
それはそれは色んな話を聞くんですが…

ちょっと、今までの常識を覆す事例が入ってきましたよ。


Amazonと言えば、
「お客様を大事にする企業」
じゃないですか。

だから、マーケットプレイスでは常にバイヤー寄りの立場です。

まあ、それはeBayとかも一緒ですね。


が、ある人からこんな話を聞きました。

その人はAmazonを初めたばかりで、新しいアカウントで販売をしてたんですが、
来る注文来る注文、全て「Pending」の状態だったそう。

Pendingって、支払がまだだったり、決済がうまくいかなかったり…
みたいことがあって、
「注文はされたけど、まだ確定していない」
という状態のことを指すはずです。


しかし、その数が多すぎて不審だったので、
試しに友人のアカウントで買ってみたんですよね。

したら、フツーに買えて、注文完了のメールも来たのに、
セラー側では、「Pending」になっていたんです。


つまり、他の注文も、全てそんな感じである可能性が高いですよね。


簡単に言うと…
お客さんは買ってるのに、その情報を何故かセラーに送らない、ってことですよ。


まー…これは大問題です。

このままってことはないでしょうが、
例えば一週間後とかに全部確定すると、全てが出荷遅延になっちゃうんですよね。

既に注文が入って3日とか経ってるようですし…


こんなことって普通はあり得ないので、
新規セラーへの何かしらの規制なのは間違いなさそうですが、
お客さんが注文してるのに、それを全部止めちゃうっていうのは、
ちょっと大事にしている感ないですよね。

いや、最初に聞いたときは、
「Amazonはそんなことしないでしょ?」
と思ったんですが、見事に裏切られましたよ。



まとめると、
「お客さんを大事にするはずだから…本当にお客さん都合のPendingなんだろう」
って思ったら大間違いだったって話。


意図的か、システム的な問題があったのかはわかりませんが…。

いずれにしても、新規セラーへの締め付けが、かなり行き過ぎていますね。


始めたばかりの人は、
「こんなこともあるんだなー」って覚えておいてください。

現金製造マシーン

 

昨日の記事もそうなんですけど、
最近の僕は、Amazon輸出を否定しまくってる感があるので、
ここで若干弁明しておきます。


別に、Amazon輸出を否定しているわけではないんですよ。

Amazon輸出にも、いいところがあります。

それは、
「Amazonの強大な力を利用出来る」
ということです。


自分は、商品と価格決めるだけで売れるわけですから、
こんなに素晴らしいことはありません。

だから僕はしばしば、Amazonのことを、
「現金製造マシーン」
とか言ったりします。


しかし、この言葉の裏には、ある種の皮肉も込められていて、
「ただ、現金を生むだけ」
ということなんですね。


もちろん、皆稼ぎたいわけですから、それはいいんですけど、
それ以上のことを期待することができません。


要するに、100万稼ごうが、それだけなんですよ。

将来的な稼ぎには、繋がりにくい。


Amazonのアカウントを育てたところで、
稼げる資産になるわけではないですし…

Amazonでの販売でつくスキルと言えば、
・一部のリサーチスキル
・システマティックなビジネス構築スキル
・外注化スキル
この辺だと思うんですよね。


外でビジネスをする際に肝心になってくる、
・集客
・セールス
等のスキルは、全くと言っていい程つきません。


そこをいくと、eBayの場合は、
商品の幅が広いので、リサーチの幅も広いですし、
説明文を書くのは、ある意味セールスですし、
「どんなキーワードを入れたら人が見に来るか?」
というのは、集客について考えてると言えます。

Amazonには、そういうのすら一切ありません。


その分、何のスキルもなくても売れやすいのはAmazonですから、
ホントに「現金製造マシーン」という感じなんですよね…。


ただ、現金製造マシーンには最も優れている点があります。

それは、
「稼げるということが理解出来る」
ということです。


稼げるイメージが湧くと湧かないとでは、
ビジネスへの取り組み方が全く変わってきます。

なので、何もやったことない人は、
Amazonをやることで、稼ぎのイメージが湧く、というのはありますね。


ただまあ、それもeBayでいいんじゃない?とか思っちゃいますけど。


良くも悪くも、現金製造マシーンのAmazon。

使い方は、自分次第ですね。

AmazonとGoogleが辿る道の話

 

「同じような価格帯の人の中で、カートが回ってくる」

僕は、Amazonという場所における、この現象に対して、
なんというか…うーん。
むちゃくちゃ違和感というか、異様なものを感じます。


だって、ビジネスっていうのは、競争なわけですよ。


それが、Amazonという場所では、
ド素人と、ベテランセラーがいたとしても、
評価がそこそこたまってて、
似たような価格帯だったら、同じように売れる。


やっぱり、どーーしてもこの現象には違和感を拭えません。


「Amazonの力だけで、調整して売っている」ということを考えれば、
もちろん、その状況を作り出したAmazonは化け物なんですが…

僕らは、Amazonを誉め称えている場合ではないですよね。


ってかね、そんなに、
「全く同じようなセラー」
とか、必要ないわけですよ。

まず世の中に必要ないのに、
Amazon上にそんなのが100人も200人もいたって、
誰も得しないわけです。


すると、一体どうなるのか…。


それを考える際に、Googleのことを考えてみましょう。


Googleっていうのは、検索エンジンのアルゴリズムを変更することで、
「ユーザにとって本当に価値のあるサイトが、自然と上位に来るようにする」
という状態を目指しています。

その結果、小手先のテクニックで上位表示することは、
昔に比べて遥かに難しくなり、
多くの稼げていた人が、稼げなくなりました。


結局、このようなプラットフォームを提供しているサービスは、
Googleと同じような道に進みたいんですよ。

「本当に価値のあるものを、自然に提供する」
という状態が、常に理想なんです。


Amazonにそれを当てはめてみると、どうなるのか。

将来的には、
「カートが順番に回ってくる」
なんていう、愚かなことは起こるであろうはずもなくて、
「最もよい購入体験を提供できるセラー」
だけから売れる仕組みに近づいていくでしょう。

具体的に言うと、評価のシステムがもっと洗練されたりとか、そういう感じ。


まあ、別にそれはそれでいいことなんですよ。

Googleのアルゴリズム変更だって、皆騒いでるけど、
全体から見たらとてもいいことじゃないですか。


だけど、多くの人が稼げなくなるということは事実ですから、
その点を絶対に忘れてはいけません。


どんなサービスも、Googleのような道を辿りたい。

Googleが最先端を行き過ぎているだけで、皆同じはずなんです。


一番大事なのは、
「自分に価値があるのか?」
を考え続けることですよ。

個々のAmazonセラーに価値がない、ということに向き合えば、わかると思うんですけどね。


なんか最近特に、こういう視点で物事を考えられる人が、少ないなあって思います。

Amazonの売上が激減する原因

 

「香港に発送してくれないか?」

Amazonのお客さんから、こんな質問が来ました。



いや、発送してくれないかも何も、

全世界発送してるんだから、そのまま買えばいいじゃん…

と思ってたんですけども、

「買えないんだけど」の一点張り。


Amazonって、別のセラーと間違えて問い合わせてくる人とかもいて、

その類いだと思いつつも、一応チェックしてみると…



「本当に、アメリカ国内発送のみになってる…」



ってことで…いつからか、まだわかってないんですが、

「最近売上が芳しくないなー」と思ってたので、最近のことでしょう…。



原因は、出品ファイルを吐き出すシステムのエラーでした。


いやー、今気づいてよかったです。

香港のお客さんに感謝…



Amazonとかやってると、まーある程度原因不明の波があるので、

何かあっても、「ま、こんなもんか…」って思いがちですけど、

今まで、割と大きな波には、全て何かしらの明確な原因がありました。


つまり、

「よくわかんないけど、Amazonのせいで売上が激減する」

みたいなことは、基本的にないと思った方がいいです。



「売上が下がってきたなー」と思ったら、

くまなく原因を探してみましょう。


僕のケースみたいに、意外とすげー簡単なことだったりしますので…。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。