Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

10万品出品しても売れない理由

 

今日はコレに参加してきました。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


毎年のことですけども、本当に楽しいイベントです。


お話して頂いた方々、ありがとうございました!

お喋り過ぎて、余計なことを言いまくってたかも…


まあそれはさておき。


今日聞かれたことの多くは、

「外注化」に関する悩みでしたが、

そうじゃない話で、ちょっと印象的なものがあったので、その話をします。


要約するとこうです。


「10万品出品していて、価格改定とかも行っているのに、何故か全く売れない…」



一見すると奇妙な話です。

10万品というのは、まあ普通にやってたら届かない数字なわけで、

僕の感覚だと、それだけで月利益30万円〜50万円くらいは余裕で稼げそうな感じです。


なのに一向に売れないというのはどういうことか…


大体の人は、その理由を「何故か売れない」で片付けてしまうんですけど、

どう考えても理に合わないわけですから、もうちょっと踏み込んで考えなければいけません。


すると、「その10万品の中身に問題がある」ということになります。


商品に関する問題というと…結局はそのASIN収集方法にあるわけです。


お分かりだと思いますが、10万品なんて数字は、何かしらのツールを利用しなければ不可能で、

その人もとある市販のツールを利用して収集していました。


しかも、それがそのツールが限界まで収集した状態だそうです。


だからその10万品は、そのツール利用者が全員持ってるんですよ。



そしたら、その競合は全て100人とか、下手したらそういう状態です。

そりゃー売れるわけないって話で…



「ツールを動かせば大量出品出来て稼げる」

と思ったらホントに大間違いです。


市販のツールに稼ぎの根幹の部分を任せて稼げるわけないでしょう。

市販のツールの部分は皆同じことができるので、

それ以外のところで勝たなきゃいけないに決まってます。


実際、10万品でも稼げない時代がやって来てるわけですから。

感動した卑怯なAmazonノウハウ

 

今日これからお話することは、決して実践してはいけません。


が…鮮やかすぎて感動したのと、注意喚起のために、シェアします。



あるとき、Amazon経由の問い合わせで、こんなものがありました。


「このクレヨンしんちゃんのDVDが欲しいんだ。

もし持っているなら、出品して売ってくれないか?」


そのDVDは、Amazonに掲載されていない商品。

競合がいなくてオイシイので、

多少の手間はかかりますが、喜んで出品しました。


「出品したよ!買ってね!」

当然こう返事するわけですね。


しかし、いくら待てど買ってくれない。


うーん。ちょっと高かったんだろうか。



しばらくすると…また同じお客さんからメールが。


「このクレヨンしんちゃんのDVD、売ってくれない?」

前回とは違うDVDで、同じく未掲載商品。


もちろん、出品→「買ってね!」

しかし、また買ってくれない。



そして…今日SOHOさんから聞くところによると、

この流れ、今日で7回目のループでした。



ん?つまり???


真相は闇ですが…こういう仮説が立てられますね。



ふと、一人のAmazonセラーがこう思いました。


「これ出品するの面倒だな…誰か出品したところに乗っかれば楽なのに…ん?待てよ…」

Amazonのバイヤーのアカウントでログイン。

質問を打ち始めます。

「これ欲しい、出品してくれないか?」



うーん。これはフツーに引っかかりますね。


Amazonの特性をよく知り、うまく利用した鮮やかな手法です。


というわけで、感動したんですけども、

こういう同業者には注意してくださいね。


もう一度言いますが…くれぐれも真似することのないようお願いします。

Amazon無在庫販売&eBay仕入れに注意

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



また、HASSO JAPANの募集再開に伴って、僕の特典も復活させました。

HASSO JAPANと特典について
http://ossblog.jp/hasso-japan


12/28までの募集だそうなので、申し込みはお早めに。



僕は、Amazonで売れたモノが在庫切れだったりすると、

eBayで仕入れて、アメリカのセラーから直送したりします。



価格さえ折り合えば、送料も安くて、発送の手間もかからなくて最高!

って感じなんですが…


ちょっと普段とは違うリスクを考える必要があります。



結構当たり前なんですが、

「日本と違って、真面目なセラーばかりではない」ということです。


よく輸入とかしてる人だったら忘れることはないでしょうが、

どうも僕らは真面目なので、忘れがちですよね…


TRSだろうが、評価6桁だろうが、商品送ってこなかったりします。



で、普通だったら、バイヤープロテクション適用して、返金受けて終了なんですが、

無在庫販売だとそうはいきません。

既に売ってしまっているわけですからね。


ここが無在庫&直送の怖いところですね。


他人のミス(または故意の何か)が自分に降り掛かって来るわけです。



トラブルが発覚したのが、仕入れてからかなり経ったあと…とかだと、目も当てられないですね。


僕の最近の例の1つは、

仕入れて2時間後にeBayで発送通知

→「はえー。真面目なセラーでよかった!」

→2週間後くらいに、「届かないんだけど…」とのクレーム

→トラッキングナンバーを調べると、見つからない

という感じでした。


しかもセラーはTRSで評価6桁です笑



まー、こういうのもアレなんですが、

常に疑ってかかる必要があります。


お客さんの元に届いて、良い評価を貰うまでは、

追跡番号を調べるのはもちろん、とにかく慎重になりましょう。


それさえしっかりやってれば、結構オイシイです。

Amazonで販路を広げることの是非

 

ずーーっとやろうやろうって思いつつやってなかった、

Amazon.caへの出品ですが…

やっとシステム的に準備ができたので、今日から参入することにしました。


最近、特にAmazon内で販路を広げる動きが多い感じがしますねー。


例えば、Payoneerから、

「ユーロが受け取れるカード作りませんか?」

っていうオファーが来たりとか。


まだ限られた利用者にしか来てないようですが、

少ししたら一般に公開されるでしょうから、

EUのAmazonの動きはもっと活発になるでしょう。


特にイタリアとスペインは、急にセラーが増えるんでしょうね。



さて…こういう販路を広げる流れなんですが、

出来ることなら乗ったほうがいいです。


僕もAmazonに参入したのは結構遅いほうだったんですが、

正直、もっと早くやっておけばなーって思いました笑


当時は、「選択と集中!」って、あえてAmazonに参入しないようにしてたんですけど、

別にその集中の結果、eBayで何やってたかっていうと、大したことやってなかったなーと。


どっちも中途半端になったらダメだけど、

色んなことをやることで見えて来るものもあります。


すぐに結果が出る可能性を上げるには集中ですけど、

先のことを考えると、色々経験したほうが糧にはなります。

ま、それで続かなかったら意味ないので、難しいんですけどね。



今は皆Amazonやってるんでしょうから、

ガンガン販路広げちゃったほうがいいでしょう。


だって広げたって手間ほとんどかからんですから。

ちょこっと出品ファイルをいじくるだけです。



今はあんまり売れない国もあるんでしょうが…

それってeBayもAmazonも、お客さん側が、

「ここにはどうせないだろう」

って思っちゃってるからだと思うんですよね。


だから、セラーが増えて盛り上がってくれば、市場はどんどん広がってくかなって。


イタリア人の英語力なんて、日本と大差ないそうですから…。

普通に考えたらイタリア語で買いたいに決まってるんです。



Amazon.comもですけど、それ以外のサイトでは特に、

まだ誰も出していない商品とかもたくさんありますし、

戦略の幅も広がっていくでしょう。


ってことで…Amazon.comでの販売に慣れたら、

カナダとかEUとかに販路を広げない手はないかなーと思います。

ここは選択して切り捨てるところじゃないってことですね。

Amazon価格改定ツール規格外

 

最大級のお祭りで、プレゼンターとして喋らせて頂きます。

世界物販カンファレンス2013
http://ossblog.jp/conference


タダみたいな価格なのに、信じられない程豪華な内容です。

既に多くの方が申し込まれたようですね。

たくさんのメールを頂いています。


もはや来ない意味が全くわかりませんので、まだの場合は即申し込みましょう。



ちょっと前の話ですが、FBA商品の価格調整をしっかりやろうと、

この価格調整ツールを試してみました。

RepriceIT

http://www.repriceit.com/welcome.do

RepriceITは、FBA商品に限定して価格調整を自動でやってくれます。


在庫を持つ場合は、「いかに早く売り切るか?」が重要ですので、

このような価格改定ツールの導入は必須でしょう。

どう考えても、手動で調整する人件費より安くつきます。



ということで、早速RepriceITを動かして、

しばらくの間は、しっかりと価格調整をしてくれていました。


が…1ヶ月くらい経って、

「そう言えば、最近価格変更完了のメールが来ない…」

と思ってアカウントを見てみると、

ある日を境に、価格調整がストップしていました。

設定は何もいじってないのに…。



「あのー…どうやら価格調整されてないようなんですけど…」と問い合わせると…


「オー、アナタ出品シスギネ!ソレジャ動カナイヨ!」

と言われ、勝手に利用料を返金されてしまいました!



要するに、ですね。

RepriceITの場合、FBAだろうが出品者発送だろうが、全ての商品の情報をとってきて、

その後、設定に該当する商品を抜き出す、という方法をとっているのだとか。


つまり、無在庫販売の出品まで、全て情報をとってきているんですね。


で、RepriceITが扱える商品数の上限は10万点。


僕の出品数はそれ以上なので、残念ながらRepriceITを使うことはできないようです。



うーん。規格外のことをすると、それ相応の力が必要ということですね。


結局、他のツールを当たるのも面倒だったので、

自分仕様のFBA価格調整ツールを作ってしまいました。


市販のツールを使うよりは高くつきますが、

自分仕様なのは大きいです。

特に在庫販売の価格調整は細かい問題が多いですから。


市販の規格に収まりきらない場合は、そういう選択肢も視野に入れるといいでしょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。