Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

普通でないバイヤー

 

こんばんは、君嶋です。



今日は知人から聞いたeBayのトラブルを紹介します。



・商品を落札されたが、忙しくて1日メッセージに返信が出来なかった。


・たった1日返事をしなかっただけで、PayPalにクレームを入れられる。


・商品は既に仕入れてしまっていた。高額商品だったので、なんとか取引を成立させようと、商品を送った。



この対処は、まあ間違いというわけではないです。


何故なら、追跡番号を提示すれば、PayPalの資金保留は解除される「はず」だからです。



ちょっと話は逸れますが、eBayのポリシーには、「土日(休日)はバイヤーからのメッセージをチェックする必要はない」と書いてあります。


なので、1日メッセージに返事をしなかったからといって、eBayから何かされるわけでもありません。




ただ、僕の場合は、クレームが来た時点でおとなしく返金する可能性が高いと思います。


このバイヤーが普通でないのは明らかですよね。

一度資金が返ってきても、到着後にまたどんなクレームを入れられるかわかりません。


eBayやPayPalは基本バイヤーが有利になるようになっているので、そういうバイヤーは避けた方が無難です。



ただ、絶対返金するとは言い切れません。


その基準は、「その商品がどの程度売れやすいか?」というところにあります。



例えばヤフオクで1円出品しても、仕入れ額と同額で売れるならば、即返金ですよね。


しかし、

$2000で売れたから10万円で仕入れたのに、通常は5万円にしかならない…

という話だったら、在庫リスクも非常に高いので、送るほうを選ぶと思います。



とにかく重要なのは、トラブルに遭っても冷静に対処することです。


「その行動によるリスク」をしっかり見極めましょう。





P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

数打ちゃ当たる

 

こんばんは、君嶋です。




「数打ちゃ当たる」


という言葉を聞いて、何を思い浮かべますか?





僕の記事から予想すると、「出品」が真っ先に思い浮かぶと思います笑


もちろんそれはひとつの正解です。



ただ、今日言いたいのは別のことです。


それは、「SOHO」です。



言い方は悪いですが、非常に当たり外れが多いです…。


・毎日やる、という話なのに、何故か3日に1回しか仕事を提出してこない


・報酬については合意をしているし、ほとんどやってもいないのに、「稼げないので辞めます」と言って辞める


・それどころか、何も言わずに自然消滅


などは、普通に起こります。


僕の感覚からすると、海外の方よりも、日本人のほうがこういう人が多いように思います。



恐らく、同じような報酬でお願いしているからでしょうね。

賃金の安い国の方からしたら高報酬ですが、日本人からしたらとても安いので…。



それでも中には、やっても全然できていなくて、でも指摘すればしっかり直し、わからないことをどんどん聞いてきて、決して諦めない、というような方もいます。


そう、こういう人だけを残せばいいんですね。


やる気のない人にやる気を出させる、というのは、非常に難しいことです。


学校の先生がこれを出来たら、みんなしっかり勉強しますよね笑



なので、まずたくさん雇って仕事をやらせてみて、その中から選ぶ、と言うよりは勝手に選ばれる、という方式が最も効率がいいと思います。


商品と同じですね。

一つのもの(一人の人)にこだわり過ぎないようにしましょう!






P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

裏ワザなどない

 

こんばんは、君嶋です。





eBayをやっていて発生する悩みの一つに、


「しっかりリサーチして出品している商品が、全く売れない…」


というものがあります。


僕は今もこの悩みを持ってます。


一ヶ月に売れる商品数は、出品数の一割にも満たないので…



それはさておき、初心者の頃は、


「こんなに売れるには何か裏ワザがあるに違いない!」

と思いがちです。

僕も思ってました。


例えば、

「TRSになったら、ベストマッチでの検索順位が上がるから、今の倍くらい売れるに違いない!」

って、TRSになるまでは強く信じていました。


そしてTRSになり、結果…



販売成功率は下がりました笑


出品数が極端に増えたので、リサーチの質が少し落ちたのが原因だと思います。


実感としては、

「TRS効果で売れやすい」

というのは、なくもないかなーと思いますが、ほぼないと言っても差し支えない程度です。


あとは初心者の頃、

「扇子に名前を刻印するサービス」

をしている日本のネットショップを発見して、

「これは売れるに違いない!」

と思い、

・「ここに名前が入ります!」みたいな画像を作り込んで、

・そのショップに電話して、実際に名前が入った扇子の写真を送ってもらい…

と、色々手を尽くして出品したんです。



結果は…まあ察してください笑



要するに、「こうやって売れば売れる、という裏ワザ」は、多分存在しないです。

少なくとも僕は知りません。



「いやいや、あのセラーは自分と同じような商品を扱ってるのに、自分の倍くらい売れてるじゃないか!」



その気持ち、よくわかります。


でも、ちょっと冷静になって調べて下さい。


その人、安売りしてませんか?


以前の記事でも言いましたが、


「単に計算が出来てなくて、売上はあるのに利益が出ていない人」


って、結構いるんですよ。



僕が思うに、売れるかどうかは、

・商品

・価格

だけでほぼ決まると思います。


あとは完全に運ですね。


つまり、リサーチがよっぽどうまくないと(または運がよっぽどよくないと)、売れる確率を上げるのは難しいです。



ものすごく売れる確率の高いセラーの真似をすれば売れるかもしれませんが、昨日の記事(http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11175829540.html)でも言ったように、「お手本」がいないんですよ。


新商品を開拓するのも、当然売れる確率は高くないので、割り切って出品していくしかないですね。



P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

輸入と輸出の違い

 

こんばんは、君嶋です。




今日はSAATSのセミナーに行ってきました。


非常に面白い内容でした。


特にリサーチ方法が斬新なものばかりで、目からウロコでしたね。




さて、今日のセミナーを通じて、僕がずっと感じていた一つの疑問に答えが出ました。


「なぜ輸出は、輸入(eBay→ヤフオクなど)のような稼ぎ方ができないのか?」ということです。



ヤフオクで仕入れたものを$0.01スタートのオークションで出したり、先に仕入れたものを即決で出品したりしても、

普通のやり方では売れる可能性は非常に薄いと思います。




eBayで仕入れてヤフオクで売る、という手法は、とても数多くの方が実践されてると思います。

恐らく、eBayで出品を行っている人よりは、かなり多いでしょう。


その分、ヤフオクで売れている輸入品、その手法で稼げている人も非常に多いわけです。



つまり、「お手本」の例が多いわけですね。


この「お手本」通りにやっていれば稼げますよね。




当たり前ですが、最初から「お手本」になる人がいるわけではありません。


誰かが「これは売れる!」と思って販売するから、「お手本」が生まれるんですよね。


つまり、新境地を開拓する人が必要です。




さて、eBayで販売を行っている人は、非常に少ないです。


実際、出品されていない日本の商品は非常に多いですし、日本の商品を外人が日本人より大量に売ってるわけですからね。


つまり、まだ「お手本」がいない(非常に少ない)ということです。




では、どうするべきか?


簡単ですね。


「お手本」になるべく、新境地(新しい商品の販売)を開拓していくしかありません。




ということで、僕はこれから「開拓」を頑張っていこうと思います。




最初のうちは必要ないですが、


「物足りない…」


と思ったら、積極的に新しいものを出品しましょうね。


無在庫ならノーリスクですから…




頑張れ日本!






P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

新しいリミットアップの考察

 

こんばんは、君嶋です。




あの「商品ガイド」の募集が期間限定で再開しています。

http://bit.ly/w2xQzn


もちろん僕もずっと購読してますが、毎週見たこともないような商品が紹介されて、非常に勉強になります。


初週無料なので、必ず申し込んでおいてくださいね。







さて、今日は昨日の続きで、「大幅リミットアップに至るには?」という考察です。




まだまだ謎が多いリミットアップですが、今回はいくつか新しいことがわかりましたね。



・Policy complianceの基準はeBayサイトによって違う。


・なので、別の国にかけると違う結果が得られる可能性大


・「来月までリミットアップできない」はウソ


・極端な話、eBayシンガポールでリミットアップした直後にアメリカでリミットアップが可能かも?




前にもアメリカにかけたことがあったんですが、その時は、


「香港の管轄だから、こちらではリミットアップができない」


と言われました。


これは、ウソだったかもしれないし、変わったのかもしれません。

(香港とシンガポールは同じようなものだと思います。シンガポールに電話しても香港からメールが来ます。)




しかし、今回アメリカでのリミットアップを果たしました。


つまり、「どこの国でもリミットアップができるのではないか?」と考えられますね。


UK、オーストラリア、カナダ…この辺にかけてみるのも面白いかもしれません。




eBayシンガポールは、一時期日本語のできる人がいました。

その人がとても優しく、簡単に大幅リミットアップをしてくれたんですね。

が、今はその人はいなくなってしまいましたし、ここ何回かはシンガポールに電話してもあまり良い結果は得られませんでした。


「リミットアップはシンガポールか香港」という固定観念は取っ払ったほうがよさそうですね。



選択肢の一つとしてアメリカが出てきました。


もしチャレンジ精神があるなら、他の国にもかけてみるといいでしょう。


「不満があったら別の国にかける」

とか、

「1か月待てって言われたけど待てないから別の国にかける」


という風にしてみるといいかもしれません。



「一度アメリカでリミットアップをすると、システム的に香港やシンガポールでリミットアップできない」


という噂を聞いたことがありますが…この感じだとそれも怪しいですね。


もし本当でも、あまり不都合はなさそうです。



サスペンドの時も言いましたが、eBayを相手にするときは、

「諦めない」

ということが非常に重要です。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11163796683.html



eBayの言うことを鵜呑みにしてはいけません。


オペレーターによって言うことは全然違います。


「ダメって言われたから、待たなきゃ…」


ではなく、別の方法をどんどん試してみると、いい結果が得られると思いますよ。



リミットアップはeBayで販売をする上で最も重要なので、力を入れて検証してみてくださいね。






P.S.

メルマガもやっています。

「君嶋の輸出メルマガ」
https://epfrm.com/fDZy/1/reg

(さらに…)

1 / 612345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。