Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

テンションが上がります

 

こんばんは、君嶋です。





ネットショップで、eBayのお客さん以外からの初受注がありました!


昨日から、oDeskで本格的に人集めをして、さあ、集客!という感じでスタートしてたんですが、

どうやらそれは関係なく、単純に検索エンジンからのお客さんのようです。


eBayの購入者のリピート購入は今までもいくつかあったんですが、

それは当然というか、リクエストの商品なので、特に何の感慨もなかったんですが、

純粋なネットショップのお客さんというのは、中々テンションが上がります。


大げさに言えば、

「おお、本当に売れるんだ!」という感じです。



実は、このショップは、あとで結構後悔するほど、

商品選定が適当でした笑


リサーチほぼゼロで、

「あのジャンルは、何となく売れそうじゃね?」

くらいのノリで始めたショップです。


今回の受注は、ほぼ完全に商品力のみで売れているわけですから、

僕の見込みは、そんなに悪くはなかったということですね。



これができるのは、本当に数多くの商品をみてきたから、ということに尽きます。


最近は全く商品を見れていないですが…

大まかな傾向というのは、そう変わるものではないということですね。



もちろん、これから集客もかなり力を入れていきます。

そっち方面のことも、楽しみにしていてください。

(さらに…)

スパム行為が許されるプラットフォーム

 

こんばんは、君嶋です。





あることをして一つの成功体験を得たら、

それの数を増やしていくだけで、稼ぎを伸ばすことができます。


まあ僕がよく言ってるのは、eBayの出品数を増やすことですよね。


増やせば増やすほど、売れていくわけです。



が、これは、何もお金に直結する話だけではありません。


例えば、リサーチをしてくれるSOHOさん。


出品さえ伴えば、いくらいても困らないし、

その分だけ稼ぎを伸ばせますよね。


さて、SOHOさんを増やすためには、一体どうすればいいんでしょう?


やり方は色々考えられますが、最もポピュラーなのは、

@SOHOやoDeskなどのサイトで探す、というやり方です。


では、これらのサイトを使えば、無限にSOHOさんの数を増やすことができるでしょうか?


もちろん、世界広しといえども、人の数は有限ですので、

本当に無限に増やすわけにはいきませんが、

「プラットフォームのキャパが許す範囲で、ほぼ制限なく、いくらでも」

増やすことを考えてみましょう。


@SOHOで募集をかける場合…


これは、制限なく増やすことができます。


@SOHOの求人は、最新のものが上に表示されますので、

「ちょっと下がったら終了して再掲載」

というのを繰り返せば、マックスまで持っていくことができるからです。


が、oDeskの場合はこうはいきません。

「Spam-Opening」というポリシー(?)が存在して、

あんまり終了→再掲載を繰り返してると、怒られてしまうからです。


ただし、oDeskにも抜け道があります。


それは、「こっちから仕事に招待をする」というやり方です。


僕がスパムのようにたくさんの人にメールを送ったところ、

特に何も言われませんでした。


これならば、無制限にSOHOさんを集めることができますよね。



僕が思うに、どんなプラットフォームであっても、

このような「スパム行為」というものが存在して、

それをやる人が増えすぎたり、度が過ぎると、禁止されてしまうわけです。


つまり、oDeskはスパム行為を(半分)許さないプラットフォームで、

@SOHOは許すプラットフォームと言えますね。



他にも例を挙げればいくらでもあります。


Twitterだったら、業者が無差別にフォローをして、フォロワーを増やし、

アフィリリンクや、何かしらの売り込みをつぶやいて、収益を得る。


こんなことをあまりに多くの人がやりだしたため、

あまり急激にフォローをしだすと、アカウントが凍結されます。


facebookも同じですね。

無差別に大量に友達申請を送ると、止まってしまいます。


これらは、スパム行為を許さないプラットフォームでしょう。



eBayは、明らかにスパム行為、つまり(無在庫)大量出品を許していません。


amazonは許していますが、キャンセルが増えすぎると、すぐにアカウント停止になります。

eBayよりは緩いけど、基本的には許していない、という感じですね。



で、結局何を言いたいかと言うと、

「スパム行為を許してくれるプラットフォームは、オイシイ」

ということ。


これも例を挙げればキリがないと思いますが、

出品制限のない頃のeBayで無制限に無在庫出品をすれば、

いきなり稼げたでしょうし、

Googleが今ほど厳しくなかった時代は、

スパムのように被リンクをつけるだけで、簡単に上位表示させることができたそうです。


で、それらのプラットフォームが成熟してくると、

必ずと言っていいほど、そのスパム行為が出来なくなる。


言い方を変えれば、

数を増やすだけで稼ぐことができたのが、

別の策を考えなければならなくなる、ということです。

つまり、より高度になるんですね。



なので、「スパム行為が許されるプラットフォーム」では、

可能な限りスパム行為をすべきです。


そうすれば、お金だけでなく、別の形かもしれませんが、

必ずやった分だけの結果が出ます。


これをやれるかどうかが、結構重要。


Nijuyonセミナーの懇親会で話してて「懐かしいなー」と思ったんですが、

TRS作戦が正にそれだったんです。


1か月で500個くらい売りましたからね。まさにスパム。


今ここまでやったら、まあ、ただじゃ済まないでしょう笑



「抜け穴を見つけたら、迷わず通る」

これが、僕が考える一番簡単な稼ぎ方です。


まあ運によるところも多いので、参考程度に覚えておいてください。

(さらに…)

七転び八起き

 

こんばんは、君嶋です。





以前、「仕事を丸投げしたら失敗した」という話をしました。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11395941961.html


「丸投げしてはいけない」

と言いましたが、本当にしてはいけないわけではありません。


「??? 何言ってんだコイツ」

となると思うんですが…


何が何でも「丸投げしてはいけない」ではなく、「丸投げをすると大体失敗するよ」という話です。


なので、失敗してもいい場合は、丸投げをしてもいいんです。


これはどういうことかというと、

詳しい人から学ぶことができる、ということです。



例えば、ネットショップのデザインを丸投げして失敗した話をしましたが、

単にその時失敗しただけで、次に活かせる数多くのことを学びました。


僕が丸投げで何も言わないので、そのデザイナーさんは色々聞いてくるんですよ。


「○○のページはどうやってつくる?文章をくれ」

とか言われると、

「ああ、なるほど。○○も必要か。」

みたいな感じで、思いもよらぬ気付きを得ることができます。


で、その時は失敗したんですが、

次デザインをお願いしたときは、必要な事柄が大体わかっていたので、

かなりスムーズに話を進めることができました。



多少は損しますが、次回に活かせば取り返せますよね。


正に、七転び八起き。



SOHOさんって、単純作業のイメージが強いかもしれませんが、

結構専門的な知識を持っている人も多いです。


oDeskとかで調べてみると、

「私は○○に関して7年の経験があります」

なんてプロフィールに書いてある人がわんさかいます。



なので、「全く何もわからない」という状態のときは、

失敗する前提で、丸投げをしてみるのもアリだと思います。

(さらに…)

無料でOfficeを使う方法

 

こんばんは、君嶋です。





新しく入ってくれたSOHOさんの中で、たまにあるのが、

「パソコンに、Officeが入っていない」

とか、

「Officeのバージョンが古すぎる」

というケースです。



僕の、最も広く募集している仕事(リサーチ、出品)は、

Excelをヘビーに使います。


しかも、残念なことに、Open Officeとか、

そういう系のソフトだと対応していない機能が必要なんですね。


また、Office 2007以降でないと、うまく仕事ができません。



ということで、以前は、Office 2007以降を持っていない人は、お断りしていました。


でも、それってかなり虚しいじゃないですか。

その中には超やる気がある人がいたかもしれないのに…。



が…なんと、無料版のOfficeがあったんです。


これです。

http://www.snapfiles.com/get/officestarter.html


無料版というと、「60日限定の試用版」というのがありますが、

それではなく、期限に制限はありません。


ただし、ExcelとWordしか入っていなく、

機能がやや制限され、広告が入っていたりします。



もともと、市販のパソコンにインストールされていたり、

初期の頃公式ページで配布されていたものらしいんですが、

現在は公式ページでは配布を終了しています(多分)。


特に必要な機能が制限されていない場合は、

これをダウンロードしてもらえば、滞りなく仕事を進めてもらうことができますね。



皆の環境を合わせる、というのは地味に重要ですので、是非活用してください。

(さらに…)

今から始めるなら… 

 

こんばんは、君嶋です。






昨日も言ったように、最近Amazon輸出を始める人がかなり増えています。


で、よく聞かれるのが、

「今から始めるなら、eBayかAmazonか、どっちがいいでしょう?」

ということ。


前も似たような話はしましたが、もう一度僕の考えを書こうと思います。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11369441346.html



まず、話を聞いていると、まだ何も始めていない人は、

「eBayは難しそう」

と考えている人が多いようですね。


出品制限が主な理由だと思うんですが、

Amazonは日本にもあるし、何となく親しみやすいということもあるでしょう。


事実、英語になっているだけで、出品方法とかは同じみたいですし。



確かにeBayは、すぐに結果を出すのが難しいとは思います。


が、それはそれで、ちょうどいい歩み方を出来るという見方もあります。



例えば、Amazonを始めてもなかなか稼げなかった場合、

「やっぱり自分には稼げないんだ…」

と思うでしょうが、eBayだったら、

「稼げないのは出品制限のせいで、枠が上がれば絶対稼げる」

と、自信を失わずに済むかもしれません。


実際僕はそうだったような気がします。



前も言いましたが、結局、何がいいかなんてことはわからないんですよね。


ただ一つ言えるのは、

「迷って何もしない時間は、一番ムダ」

ということ。


まずこういう明らかなことから片付けていきましょうよ。


よっぽど間違ったことをしない限り、

真っすぐ進めば、ある程度実践したところで必ず結果がでます。


eBayもAmazonも、それ自体は全く間違った方法ではないです。


そういえば、僕はAmazon.comのアカウントすら持ってません笑


だから、どっちをやったっていいし、どっちもやってもいいんです。



自分で決めた道を、しっかり歩いていくこと。


ちゃんと手を動かしてれば、絶対これだけで上手く行くと思いますよ。

(さらに…)

1 / 712345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。