Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Listing Analytics

 

こんばんは、君嶋です。




僕は、人の商品を調べるよりも、自分で出品することが一番のリサーチだと思ってます。


もちろん、売れたかどうか、というのを見れるのが一番大きいですけど、

その他にも色々な情報を手に入れることができます。



売れたかどうか、の次に大きいのは、バイヤーからの問い合わせメッセージでしょうね。


海外の人は、よく「何でこんなに高いんだ」とかいうメッセージを送ってきますけど、

それがあまりに多いときは、「あ、相場とかけ離れた価格なんだ」って気づけるし、

関連した欲しい商品をリクエストしてくれることもあります。



あとは、アクセス数やウォッチ数を見ることも出来ますよね。


ただ、よっぽど大きな数字にならない限り、

アクセス数とウォッチだけでは、何もわからないことも多いです。


eBayには、もっと詳細なデータを見れるアプリがあります。

Listing Analyticsというアプリです。

http://www.ebay.co.jp/sellerinformation/SellerAnalyticsTool.html


インプレッション(検索に何回表示されたか)や、

クリックスルー率(表示されたうちのクリックされた割合)も見ることができます。


クリックスルー率が大きい商品というのは、

競合が少なかったりする商品である可能性が大きく、

より深く調べてみる価値があると言えるでしょう。


例えば…僕が最近大量に仕入れた商品は、こんな感じです。

・インプレッション:25561

・クリック:1152

・クリックスルー率:4.51%

・購入率:4.69%


かなりバカ売れしているので、クリックスルー率がこれよりも上だったら、

結構面白い商品なのでは?と思います。


僕の商品でこれを超えるものは90個くらいありましたが、

やっぱりよく売れるカテゴリーの商品だったり、人の真似でない商品だったり、

いい感じの商品が多かったです。



購入率は、本当はしっかり見たいんですけど、

ほとんどの商品が数量1での出品で、売れたら終わってしまうので、あまり使えないですね。


リミットによっぽど余裕があれば、数量を上げることもできるので、

その辺は昨日の話とつながってきますね…。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11480076805.html



とにかく、面白い情報が手に入るかもしれないので、

一度試してみてくださいね。

(さらに…)

まさかの。

 

こんばんは、君嶋です。






今日は、久々に「アレ」をやろうと思っていました。




僕のeBayでの出品数は、1ヶ月あたり3000以上。


常にリミットいっぱいに出してるので、1ヶ月で3000以上の商品を取り下げていることになります。


ストアレベルはプレミアムなので、3000品を出しっぱなしにしておくコストは、

1ヶ月あたり、150ドル、つまり約14000円程度。


いかに古い商品とはいっても、3ヶ月前の商品なので、

3000品で14000円の利益が出ないはずがありません。


なので、取り下げてしまうことは、それだけで損をするわけです。



ここでやることが「アレ」。

そう、リミットアップです。


ずーっとしてなかったんですが、ここまで急速に増えたら、流石にしないとなって。

お金を捨ててるようなもんですからね。



Skypeの準備をして、久々に英語を喋らなければならない現実に緊張しつつも、

いざ!と、リミットアップ電話のリンクをクリック!



すると…



「This feature is currently available only in limited release」




まー…結論を言うと、リミットアップはできませんでした。


何か新しいポリシーが出来たみたいで(ひょっとすると前からあったのかも)、

DSR(Detailed Seller Ratings)の各4項目が、全て4.8を超えていないと、

リミットアップが許されないようです。


1項目だけ…4.77でした。残念。

(どの項目かは想像にお任せします)



たったそれだけのことで、どう少なく見積もっても、

10万円以上の利益(自分は何もせず出る)がなくなってしまうんですね。



最近プラチナパワーセラーになったんですけど、正直言って無意味です。


TRSだって、あってもなくてもそこまで売上に影響はありません。



でもリミットだけは別ですね。ダイレクトに関わってきます。


なので、DSRが4.8を下回ることだけは避けるようにしてください。

TRSを維持したりすることよりも、ずっと大事です。

(さらに…)

Nextagから初アクセス

 

こんばんは、君嶋です。




先日、Nextagというサイトを紹介しました。

http://ameblo.jp/oversea-selling/entry-11464594422.html



日本語のサイトはあるものの、僕らが出すところは英語のサイトなので、

結構苦労しましたが、今日、やっとNextagからのアクセスをゲットしました。


クリック単価の平均は$0.5程度でした。

商品にもよるんですが、僕の場合は今のところPPCと同じくらいですね。


なので、使う価値は十分にあるでしょう。

手間を考えたら、PPCよりは遥かに楽です。



実際に利用するまでの流れを、シェアしたいと思います。


登録をして、最初に躓いたのが、クレジットカードです。


クレジットカードは、手数料の支払いに使うんですが、

何でも、USのクレジットカードでないと書類の提出が必要とかで、カード情報をFAXしました。


これは問い合わせをすれば専用フォームを送ってくれます。

Nextagのカスタマーサポートの対応は非常に丁寧でした。



ちなみに…日本語のサイトがあるので、そっちで手続きをしたらもっと簡単だったかもしれません。


ただ、所々英語まじりだったり、しっかり整備されていない感じがしたので、英語サイトを選択しました。

英語は嫌だ!という場合は、そっちを試してみてもいいかもしれません。




次に、商品のインポートですね。


BigCommerceでのカテゴリーと、Nextagのカテゴリーを対応させる作業をして、

それをCSVでエクスポート、Nextagにインポートすれば完了です。


特にいじるところもなかったので、一瞬で終わります。



で、BigCommerceは、別に自動でNextagの商品をアップデートしてくれたりするわけではありません。


あくまで、CSVで手動でエクスポート、インポートを行う必要があります。



なので、別にBigCommerceでなくても、同様の手続きで出品が可能ですね。

CSVを作ればいいだけなので。


ただし、Nextagは価格比較サイトであって、そこで買い物をするわけではないので、

商品のリンク先のURLが必要です。


これをCSVに入れることはほとんどないと思うので、そこだけクリアできれば、

どんなショッピングカートシステムを使ってても、普通に出品可能ということです。


なので、ネットショップを持っている場合は、是非出品してみてください。

(さらに…)

適材適所

 

こんばんは、君嶋です。





最近、嬉しいことに、SOHOさんから、

「この仕事が楽しい!」

という声を聞くことが多くなりました。


リサーチ、出品、顧客対応、発送、どんな仕事でも、です。



僕の感覚で言うと…楽しさは、

リサーチ>>>>>>>>>顧客対応>>>>>>>>(超えられない壁)>>>>>発送=出品

こんな感じですね笑


やっぱり、売れている商品を見るリサーチが一番面白いですね。


多分、ある程度慣れてきた人なら、大体こうなるんじゃないかなと、勝手に思ってます。



が、SOHOさんの声を聞いていると、全くそんなことはなくって、

むしろ発送をやってくれてる人なんかは、最も楽しんでくれていそうです。



発送と言えば、真っ先に、「自分でやりたくない!外注したい!」と思う仕事ですよね笑


でもそれは、物を売る側の視点だからであって、

作業する側としては、全然違う世界が見えてるんです。



仕事を振るときっていうのは、

「その仕事をやりたくない」

という気持ちがあるから外注する、という面が少なからずあると思います。


なので、ちょっと後ろめたい気分になることもあるんですよね。


「こんな仕事、こんな安い報酬で押し付けて…いいんだろうか?」

ここまで積極的な思いでなくても、こんな感じのひっかかりがあります。


僕はかなりありました。全ての仕事に対して、です。


でも、SOHOさん側は、全然そんなこと思ってません。

(思ってる人は、すぐやめます笑)


堂々と仕事を任せて、自分は、もっと多くを還元出来るように、

自分にしかできないことをやっていく。


後ろめたさを感じる必要はありません。


お互いに楽しんで、どんどん前に進んでいきましょう!

(さらに…)

トラッキングコードとは

 

こんばんは、君嶋です。





僕がネットショップを始めて、特に意味が分からなかった概念の一つが、

「トラッキングコード」

と呼ばれるものです。


簡単に言うと、トラッキングコードとは、

お客さんのアクセスをはかる、htmlで書かれたコードです。


それをウェブページに入れておくと、そのページが表示されたときに、

「表示されました」(言い換えれば、アクセスがありました)

というのを、どこかに通知してくれるんですね。


例えば、Googleアナリティクスとかに通知をして、アクセスを解析するわけです。

http://www.google.co.jp/intl/ja/analytics/



この「表示されただけで、わかる」というのが、最初はイマイチ理解しにくかったですね。


htmlメールに組み込めば、メールが開封されたこともわかります。



このトラッキングコードが、成約のページ、つまり、

ご注文ありがとうございました!が表示される画面に入っていると、

成約(コンバージョン)をはかれるわけですね。


これを、コンバージョントラッキングコードと言います。


アフィリエイトプログラムを運営する場合にも、必須の概念ですね。


アフィリエイターAのリンクから入ってきた人(これはクッキーでわかる)が、

コンバージョントラッキングコードを表示させたから、

Aに報酬が入る、という情報を、アフィリエイトセンターに送ってくれる。


これが大体のアフィリエイトプログラムの仕組みです。


僕もネットショップのアフィリエイトプログラムを立ち上げたんですが、

説明が英語だったので、ここを理解するのが大変でした…。



大まかな仕組みさえわかっていれば、BigCommerceなどでは、

簡単に設定ができるようになっています。


英語で説明を読むのはしんどいと思うので、

大枠をイメージしておくといいでしょう。

(さらに…)

1 / 612345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。