Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

出品物のバックアップの取り方

 

出品物のバックアップって取ってますか?


あんまり聞いたことはないと言っても、

eBayは出品を全部削除出来ることを忘れちゃいけません。


消されてもすぐに再出品できるように、CSVなどで保存しておくべきですね。

または、出品ツールに保存してある場合はそれでもまあOKです。



さて、それに関連して、デザイナーの人から、

「元々あるネットショップから、違うショッピングカートを使ったショップへの出品物の移動って、簡単なんですか?」

って聞かれました。


簡単といえば簡単ですが、これもバックアップの取り方に依存します。


というのは…

例えば、出品用のCSVファイルの商品説明の欄は、

大体HTMLの形式でどかんと入ってるだけですよね。


全部の情報が、一つのセルにひとまとめになってるってことです。

これだと、あとである情報だけ抜き出して別のセルにいれたりは出来ないですね。


重さとかもそうです。

「重さを入力したら送料が出る」っていうのは、出品の効率化の基本ですが、

値段に送料を含めたりしていると、CSVには重さは残りません。


要するに…

入力したデータ→出品用CSV

の操作は簡単でも、

出品用CSV→入力したデータ

の操作は簡単じゃないってことです。


だから、入力したデータが残ってないと、引っ越しはちょっと大変になるってことですね。


僕の場合、eBayに出した商品は、ほぼワンクリックでショップに出品出来ますし、

ショップからショップへの引っ越しだって一瞬です。


一番基本的な、細かいデータを取っておいてあるからです。


出品の作業の手間、人件費もバカにはならないので…

ショップを立ち上げるときは(出来ればeBayでも)、

こういうことを意識してデータを残しておくと、余計な心配をしなくてすみますね。

力と、リスクと、依存の関係

 

Amazonって、どうやって集客してると思います?


Amazonにいくらブランド力があると言っても、

商品を探すときは、Amazonのサイト内検索をするか?っていうと、そうでもないですよね。

ってことは、今も様々なところから人を集めているはずなのです。


ぼんやり、「アフィリエイトで色んな人が勝手に集客してるもんなー」

なんて思ってる人が多いんじゃないかと思います。


それ以外でまず目につくのは、検索エンジンのリスティング広告(PPC広告)ですね。

Google検索したら上とか横に出てくるアレです。


そこでAmazonを目にしたことがない人はいないでしょう。


僕は、アフィリエイトと、検索エンジン、このくらいかなーと思ってたんですけど…。

今日、Shopzillaっていう価格比較サイトでリサーチをしていたら、

そこにもAmazonの価格情報が載っていました。

Shopzilla
http://www.shopzilla.com/


よく考えると、日本でも同じで、価格.comに載ってますね。


これらの価格比較サイトって、クリック課金(PPC)なので、

クリックされるたび、Amazonがお金を払ってるんですよ。

でもセラーがお金を払うのは、売れたときだけ…。


リスティング広告でも同様ですね。



つまり、本来セラーが背負うべきリスクを、Amazonが背負ってるってことです。


これは、Amazonにその広告費に見合った売上を出す力があるから、

わざわざそんなことをするんですね。


だから、セラーとAmazonの力関係は、常にAmazonが優勢なんです。

Amazonが力を持ってるから。

大きいサイトだからとか、そういうことじゃないんです。


自分に、その広告費に見合った売上を出すことが出来るなら、

その力がAmazonよりも大きいなら、Amazonに出すメリットは少なくなります。


これは理想論で、完璧にAmazonに出すメリットがなくなるようになるのは不可能でしょうが、

やっぱり、力がないから依存する、っていうのは、イヤなもんですよね。



初心者のうちは、いかにリスクを他人に背負わせるか?がポイントです。

即ち、自分がリスクを抱える在庫販売より、仕入れ先がリスクを抱える無在庫販売。

広告費で赤字になる可能性があるネットショップより、

売れたときだけお金を払うeBayやAmazon。


でも、自分で売れる力を持ったら、リスクを自分で取った方が儲かります。

当たり前ですよね。eBayやAmazonの取り分を貰うわけですから。


先日お話しした、無在庫販売から在庫販売に流れるっていうのもそういうことですね。



究極にリスクをとるとなると、

「Amazonになって、億単位の赤字を出しまくりながらも、成長する」

っていう話になっちゃうので、

結局はそこのバランスが重要になってくるんでしょうけど…


とは言え、究極に力を使わず、リスクをとらず、様々なものに依存しまくる、

「ただeBayやAmazonに無在庫で出品する」

っていうのは、絶対卒業しなきゃいけないのは間違いないです。


そういうこと、考えてますか?

と、いうお話でした。

あと1時間もありません…。

 

告知し続けたこちらのセミナーですが、今日で募集が締め切られます。

http://ossblog.jp/youtubeseminar


僕経由で申し込みされた場合は、特典がついてきます。

詳しくはこちらです。

http://ossblog.jp/archives/2225



最初にこのセミナーの話をした時に言ったように、

ネット上の集客っていうのは、既にあるサイトから人を引っ張ってこなきゃいけません。


ってことは、ある程度普遍的なものはあるにしても、

基本的にはそのサイトごとの特性をしっかり勉強して、集客に活かさなきゃいけないんですよね。


とは言っても、そんな難しいことじゃありません。

実際僕も、Twitterについてちょっと勉強したら、集客に使えるようになりましたし。

eBayだって、商品さえ持ってれば、集客に使うのは初心者でも出来ます。



ですが…Youtubeというと、ちょっと事情が違ってきます。


他のサイトに関しては、基本的に文字を使いますが、

Youtubeだけは、動画が中心になります。


となると、「ちょっと勉強すればいいんだろうな」とは思いつつも、ちょっと足が止まっちゃいますよね。

だって、面白い動画を作る方法とか、やっぱりよくわからないですもん。


そのイメージが湧くようになるためには、セミナーに足を運ぶのが一番です。

しかも講師はその道のプロフェッショナルなので、言うことないですね。


僕と一緒に、「ちょっと勉強」して、今最も熱いと言われてるYoutubeを攻略しましょう。



それに比べると若干地味に見える僕の特典ですが、

かなり新しくて、面白いノウハウなんじゃないかと思ってます。


特典内で紹介している、「あるサイト」なんですが…

最近は、色んな人がこのサイトの記事を書いていて、

結構興味深い内容のものも多いのに、リンクがアフィリリンクじゃないんですよね。


まあ、難しいのはわかりますけどね…非常に勿体ないです。


そんなことをしない人でも、

海外のアフィリエイトプログラムを自在に使えるようになれば、

かなり色んな展開が見えてくるんじゃないかなーと思ってます。


ましてや僕らは海外向けのビジネスをしてるわけですからね。

使えないわけがありません。


ってことで、そっちも期待して申し込んで頂ければと思います。


会場でお会いしましょう!出来れば、懇親会で!



Youtubeセミナー
http://ossblog.jp/youtubeseminar


君嶋特典について
http://ossblog.jp/archives/2225

スパム行為を許さない度合い

 

最近、Twitterにハマってます。

ハマってるっていうのは、普通に楽しんでるわけではなく、集客に利用してるってことです。


結構前に、こんな記事を書きました。

http://ossblog.jp/archives/1794

この考えって結構重要です。

即ち、「許される限り、大量に行う」っていうことですね。


Twitterでは、超大量にフォローしたりすると、アカウントが凍結されることがあります。

多くの場合、ユーザーによるスパム報告が原因だそうです。


スパムだと思われなければ、つまり、他のユーザーに迷惑をかけなければ、

大量フォローしても、まあそこそこ大丈夫、という感じです。


また、アカウントを複数作るのも容易ですから、

その気になれば、いくらでも集客の入り口を増やすことができますね。


「スパム行為を許さない度合い」は、非常に大雑把に言うと、以下のようにレベル分けすることが出来ます。

レベル1:許される

レベル2:ユーザーに迷惑をかけなければ許される

レベル3:許されない


Twitterは、この考えでいくとレベル2です。

というか、大体のサービスはレベル2ですね。

その中でも、サービスごとに変わってきますし、度合いがありますけど。

例えば、facebookはレベル3寄りな気がします。


完璧なレベル3の例は、eBay(の出品)です。


どんなにいい商品を持っていても、どんなに外でものすごい売上を誇っていても、

eBayを始めた段階では、10品しか出品することが出来ません。


そのセラーが1000品出品することは、

多くの顧客を喜ばすことになるかもしれないのに、です。



まあ、レベル3のサービスについては、どうしようもありません。

クソ真面目にやるしかないです。


が、レベル2以下なら、とにかく数を無理矢理でもこなすべきです。


Twitterだったら、人に迷惑をかけなければ、

1アカウントで1日500人フォローしたって、何も起こりません。


そのサービスの意図を理解して、

ギリギリのラインを攻めていくのが、成功の秘訣ですね。

Amazon.comのサスペンド事例

 

Amazon.comのサスペンド事例を聞きました。


アメリカはあんまりサスペンドされることはなかったんですが、

最近ちょっとあるみたいですね。


原因は、EUと同じで、

「Notice of Intellectual Property Rights Infringement」です。

要するに、ブランドからクレームが入るので、売ってはいけない商品ですね。


特に、同じブランドで2回やらかすと、サスペンドの危険が高いようです。


幸い、すぐに復活したという話ですが、

今後それが難しくなっても不思議じゃないですよね。


正直、こういうブランドを全て把握するのは不可能です。

次々に新しいのが出てきますし。


ですから、「1度消されたら、二度と出さない」を徹底するしかありません。


関連してるものを一気に消されたりすると、

微妙に違うブランドのものが混じっていて気づかない…

ということもありますので、消された全ての商品を入念にチェックしましょう。


こういうのは、Amazonに限ったことではありません。

どんなプラットフォームでも、

「同じ規約違反を繰り返す」というのが、処分が重くなる理由の1つです。


例えば、eBayのPolicy Complianceも(今は表示が消えてしまいましたが…)これがそのまま当てはまります。

軽いものなら、同じ違反を繰り返さない限り、アカウントの状態は悪化しません。



もちろん、違反をしないに越したことはありませんが、

曖昧なものも多すぎるので、完璧に、っていうのは無理です。


その代わり、「注意を受けたときは完璧に対処する」ということをしっかりやるといいでしょう。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。