Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

商品の保証をつけるべきかどうか…

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



商品の保証に関して、質問を頂きました。

要約するとこんな感じです。

・ある商品について、保証はあるかどうか尋ねられた

・その商品は、国内のみのメーカー保証がついている

・どう答えるべきか?どう対応するべきか?


このケースだと、僕の場合は、

「すみません。保証はありません。」

と答えます。


だって、万が一商品が壊れたら…

・保証書と共に送り返してもらって、

・こちらで修理or交換等の手続きをして、

・更に送り返す

・送料の負担等の取り決めも必要

という感じで、相当面倒だからです。


とは言っても…

僕はやりませんが、出来ないことはありませんし、

「どうすればいいかわからない」といううちは、

とりあえずやってみるのがオススメです。


それだけ自分の引き出しが増えるからですね。


一見儲からなそうでも、突き詰めたら儲かるかもしれません。


保証をつけただけで劇的に売れる、なんてことはあんまりないと思いますが、

商品によってはあるかもしれませんし、

保証をつけたい商品が増えてくるなら、

修理や交換等の手続きをうまくマニュアルにして、

手間いらずで利益を生んでくれるかもしれません。


とにかく、マニュアル状態から脱却するために、

「思いついたことは何でもやってみる」というのは重要ですね。


ルールなんて、eBayやAmazonのポリシーとか法律とか、そういうモノだけなんですけど、

何故か、教材等に書いてあることを「ルール」だと思ってしまっているケースが多いです。


リスクがなく、新しいことであれば、

やって損することはありません。

僕の感覚的には、100%、プラスの経験になります。


何か迷った時には、

「とりあえず試してみてもいいんじゃないの?」

っていうことを、まず考えるようにしてみてください。

ルールを理解して、ご機嫌を伺うスキル

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



「eBayやAmazonのご機嫌を伺うのは、もうイヤだーーー」

って思ってるセラーさんは多いでしょう。


まあ、本当に理不尽な理由でアカウントが止められたりしますし…

http://ossblog.jp/archives/2471

気持ちはよくわかります。


ただ、そういう、

「ご機嫌を伺う」

というスキルは、どこまでいっても必要なのかなと。



結局、何かのサービスを利用しなくなることはありません。


eBayやAmazonは販売先ですから、依存度が非常に高く、

また、かなり止められやすい、というだけで、

アカウントが止められたりしたら困るサービスはたくさんあります。



例えば…サーバーです。


僕も以前、レンタルサーバーを急に止められたことがあって、

それはもう結構大変でした。


サーバーなんて変えればいいじゃんっていう話なんですけど、

やってることによっては、大損害を引き起こします。


まあこれに関しては理不尽な理由ではないので、

もっとしっかりしておけばよかった、っていう話にはなるんですけど…


結局は、

「ゲームのルールを正しく理解する」

ということが重要になってきます。


これが出来ている人がどれだけいるでしょうか。


それが出来ないと、まーそれは損しますし、

ご機嫌を伺うこともままなりません。



僕はAmazonに関して結構無知だった(というか今も割と無知)ので、

損してきたなーと思うことが多々ありますし、

逆にeBayに関してはルールをよく知ってるので、

活かせてきたと思うことが多いです。



最終的に依存しない形を目指すにしても、

完全に抜けられることはないので、

ルールを理解することや、リスクヘッジを怠らないようにしてください。

他のセラーとのWi-Fiの共有に注意!

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



また、eBayの理不尽な対応の事例を一つご紹介します。

事例というか、僕のやつなんですが…。


2つ目のアカウントを作って、しばらく出品をしていると、

いきなりサスペンドをくらいました。


それに関する問い合わせに対する返答が、

「このアカウントと同一人物でしょ?

これ、セラーパフォーマンスが悪すぎるから、止めちゃった!」

とのこと。



いや…でも…


それ、僕じゃないんですけど。



そこにあったのは、友人のアカウントです。


イマイチ、どこで繋がってると思われたかわからないんですが、

たまたま同じWi-Fiでアクセスしたことがあるとか、そういうことでしょう。


名前も住所も、何もかも違うんですけどね…。



そんなこんなで、eBayに(SOHOさんが)電話をかけ続けること2ヶ月。

昨日、やっとのことでサスペンド解除されました!


・FAXしろと言われ

・FAXしても、見つからないと言われ

・折り返し連絡すると言われ

・しかし連絡は来ず、催促すると…

・FAX(以下略


という感じで、めちゃくちゃ大変でした。


最後に、たまたま話の分かる人に当たって、

「名前、違う。IPアドレス、違う。Paypal、違う・・じゃこっちの間違いですね笑」

ってことで、やっと解除されました。


そんな簡単に確認できるのかよ!っていうほどあっさり…。


直前に電話した担当者は、

「12/28まで待てば、解除されるかもしれない」

とか言ったにも関わらず、です笑



サスペンド解除っていうのは何度やっても心が折れそうになりますけど、

要するにこういうことなんですよね。


結局ほとんど誰もわかってないから、運なんです。


それにしても、英語がペラペラでもこうなので、

これに関しては英語が出来ないと大変です。


こればっかりは、自分でチャレンジするより、@SOHOとかで募集したほうがいいでしょうね。



ま、そんな感じで…

他のセラーとのWi-Fiの共有には、十分注意してください。

ナノブロック楽しすぎ

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



eBayや海外Amazonでの販売を行ってる人なら、

「ナノブロック」

の存在を知らない人はいないでしょう。

http://www.diablock.co.jp/nanoblock/

それはもうよく売れますからね。

で、軽くて小さくて安い。初心者が扱いやすい商品の代表格です。


ついでに言うと、場所とか季節とかの限定商品も、かなり豊富にあるので、

ヤフオクとかで価格差をとりやすい商品ですね。



さて、これを売ったことのある人はたくさんいるでしょうが、

買って、遊んだことのある人はどれだけいるでしょう?



ちょっと機会がありまして、最近初めてナノブロックを買って作ってみました。


ちっちゃいやつだったので、すぐに完成するかと思いきや、意外と難しい…。


こんなやつだったら即挫折です。

http://www.diablock.co.jp/nanoblock/catalog/real_hobby/tin-04.php

やってみてわかったのは、

・意外と難しいこと

・その気になれば、色んな部品を組み合わせて何でも作れそう、ということ

・めっちゃ楽しい、ということ


とりあえずはこんなところなんですけども、

興味が出てきて色々調べてみました。


すると…出るわ出るわ、神業、オリジナル作品の数々。


この神龍とか凄すぎです。

http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/92/8c/torisetu77/folder/610225/img_610225_18304362_1?1292858374


これ、見る程単純じゃないですよ。

大小さまざまなパーツを組み合わせないと、

そもそもくっつけることすら叶わないので…。


デザインして、設計して、それに合うパーツを探して…

気の遠くなるような作業です。



まあそんなこんなで、僕は、

こういう作品が相当な「価値」を持つことを知りました。


例えば、神龍の作り方のマニュアルと、

それに必要なパーツを得るためのナノブロックのセットが売られてたら、

欲しがる人はいると思います。


しかも、細部まで全てのパーツを揃えなきゃいけないので、

設計次第では、「たくさんの種類の、高額なセット」になります笑


売れるかどうかはわかりませんが、

少なくともアイディアは出て来るわけです。


何故なら、商品をより深く知ることで、

「お客さんにとって、何が価値を持つか?」

ということがわかるから。


こういうこと考えてると、無機質な転売なんてやってられなくなりますね。


セラーも増えてきて、

そろそろ、皆が得意分野を持つべき時期でしょう。


今回みたいに「お客さん」になるのが手っ取り早いんでしょうけど、

そうもいかないでしょうから、まずは色々調べてみることです。


価格差だけのリサーチはやめて、ちょっと違った角度でリサーチしてみましょう。

eBay 写真ポリシーの抜け道

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



ちょっと懐かしい話題ですが、今年のeBayのアップデートで、

「商品の写真は、長いほうの辺が500ピクセル以上でなければならない」

っていうルールが追加されました。


それ以下の写真で出品しようとしても弾かれてしまうんですが…

実は、抜け道がありました。



それが、「File Exchangeで出品する」ということです。


今まで気づいていなかったので、いつからそうだったのかわかりませんが、

eBayはFile Exchange関連のアップデートをなかなかしてくれないので、

多分最初からずっとそうだったのでしょう…。


File Exchangeで出品すると、500ピクセル以下の写真だろうが、

構わず出品されます。



ということで、この抜け道を使って、

画像リサイズとかをせずに出品する、っていうのは一つの方法です。


ただし…

この方法で出品した場合、

Automation Rulesで再出品の設定にしても、GTCに設定しても、

最初の期間が終わった段階で、再出品(若しくは出品継続)されなくなります。


で、再出品失敗したときに、

「写真が小さいから再出品できなかったよー」っていうメールが来る感じです。


ってことは、再出品したければ、もう一度File Exchangeを使わなければならず、

ちょっと、というかかなり不便です。



特にGTCの場合は、終了した商品全てがごっちゃになるので、

「再出品失敗したやつがどれなのか?」というのがわからなくなります。


ですから、抜け道を利用する、と言うよりは、

File Exchange利用者は、写真の大きさに注意して出品してください。

という方が重要ですね。


最初に弾いてくれないで、あとで面倒な形で終了されることになりますので。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。