Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

eBay格差社会到来

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



久々の?eBayリミットアップの話題です。


全く知らないうちに、自動リミットアップを果たしていました。


+1500品&$100000ちょっと 程度の、割合で言うとさほど大きくない上がり幅ですが、

普通に数字だけ見たら十分でしょう。


はっきりとした理由はわかりませんが、

最近、eBayアカウントのパフォーマンスが劇的に改善したので、

それのおかげである可能性は高いです。

パフォーマンスっていうのは、直近のDSRとかですね。


それでも自動でこれだけ上がるのは、以前なら考えられないことでした。


マジでeBayは格差社会に突入してますね。


かたや、自動リミットアッップで+1500品!

と思ったら、初心者は…

クロスボーダーリミットなる謎のリミットで、更に厳しい制限を受けています。


一見すると、理不尽な!と言いたくなりますが、

それこそ健全な姿だとも思えます。


実力のある者は更に儲かり、実力のない者は更に稼げなくなる。

結局ビジネスってそういうことじゃないですか。


それを理不尽だと思う人は、今のAmazonの状況に慣れすぎてるんですよねー。


ほぼ全員が同じことやるから、みんなで仲良く利益を分け合う、

みたいなのが当たり前だと思うようになるわけです。


昨日僕が言ったようなことを皆やるようになったら、

Amazonの状況だってeBayに近づくでしょーし。

http://ossblog.jp/archives/2462


目を覚まさないとヤバいと思います。

格差がイヤなら、コンビニのバイトでもしてください。


一度壁を越えれば、eBayは楽しいところですよ。

Amazon無在庫販売、1商品で利益10万円超?

 

こんばんは、君嶋です。


来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazonでの無在庫販売は、

物販ビジネス初心者が取り組む対象としては、最も簡単と言えると思います。


英語のサイトなのに、日本と同じ仕組みで、

お客さんとのやり取りもeBayよりずっと少ないので、

英語がわからなくても簡単に取り組めます。


出品もeBayほど複雑でなく、

ASINがあるから、日本で仕入れる商品との一致も簡単にチェック出来ます。


唯一ネックだった、日本語での情報の少なさも、

今ではエグゼクティブクラブの大量のマニュアルなどで、

全く問題ではなくなっています。

http://ossblog.jp/amazonexport



無在庫で出品して、売れたら日本のAmazonで仕入れて発送する。


なんと、稼ぐ道が整備されていて、簡単なビジネスなんでしょう。



が…故に、皆同じことばっかりやってるんですよ。


だから同じ商品に何十人、時には100人以上のセラーが群がるし、

価格競争は歯止めがききません。


100品や1000品、いや10000品の出品数ですら、

今では勝負にならなくなってきています。


でもそれは、型にはまって、皆同じことをしているから。



「Amazon無在庫販売で、1品で利益10万円超」

なんて言ったら、ウソだと思うでしょ?


これ本当ですよ。

実際に僕が販売して、目を疑いました。



ただし、やっぱりちょっと違うことしてます。

でも、ほんとにちょっとです。


ホントにちょっと違うだけで、数百円の利益を取り合うはずが、

10万円の利益を独占する…


「Amazon」という鎖、というか、概念?に縛られないで、

eBayほどとは言いませんが、自由に販売したらいいと思います。


要するに、上記の流れからちょっと外れればいいんです。簡単ですよ。

FBA 売れなかった理由

 

こんばんは、君嶋です。


来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazon.comのFBA販売も、そこそこの数になってきたので、

売れなかった商品の分析をしています。


この作業が一番面白いですね。

なんというか…一番勉強になるのがココなので。


ホリデーシーズンに売上が伸びても何とも思わないんですけど、

こういうのはちょっとテンション上がりますね。

自分で言うのもなんですけど、変な人間になったなーと思います笑



それは置いておいて…


売れない理由で一番多かったのは、

「価格改定の設定がうまくできてなかった」

というところですね。


これは、全体の価格が急激に落ちたりしたのも含みます。


結局、価格改定って、理想を言えば、

「この時期に、このくらい最安値が下がったら、ここまで価格を変える」

みたいなところまで、全パターン設定するのがいいんですけど…

まあ、何が正解かもわからないし、

そもそもそんな細かい設定が出来るツールがありません。


僕は自分のツールを使ってますけども、

開発費をかけてそこまで改良する気にはなれませんし。



いずれにしても、最安値と大きく乖離することだけは避けたいですね。


正解がわからないうちは、

ツール+少し人力 を使うのが一番でしょう。



次に多かった理由は、ランキングデータの読み間違い、です。


恐らく、原因は中古品でしょう。

SOHOさんに任せきりで数字だけで仕入れてもらったので、

「中古からめっちゃ売れた商品」

みたいなやつも、結構売れた商品として仕入れちゃったのかと。


中古品がいっぱい出品されてる商品は、ちょっと気をつけたいですね。



あとは、僕が納品している間に、

メーカーが参入してきて太刀打ち出来なくなったりとか、

そんなレアケースもありました…。



まあそんな感じで、割と多くの場合は、

事前にしっかりリサーチすることで、「売れない」という事態を防げます。


が、eBayと違って、Amazonでは、他人の詳細な販売履歴を見ることが出来ませんから、

「とりあえず仕入れて納品してみる」

というのは、一番勉強になるやり方かなと思います。


よほど変なことをしない限り、トータルでは赤字になったりしないでしょうし。


納品とかリサーチとか全部含めて、FBAは思った程難しくありませんでした。

まだまだ取り組む人も少ないでしょうから、まず何か売ってみるといいと思います。

Amazonの返品商品の送り先

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazonでは、eBayよりもやや多めの返品リクエストがあります。


この際、返品先の住所ってどうしてますか?


アメリカ国内じゃないといけないとか、そんな話もありますけど、

日本に設定してもあまり問題になったことはありません。


その場合は、SOHOさんの住所に設定して、国内で捌いてもらう、

というのが一番楽でいいですね。


送り状の発送元もSOHOさんにしておけば、

バイヤーさんが間違えて送る心配もないですね。


自分に送ると後回しになりがちで…

僕なんか未だに超でかいおもちゃが1つ残っています笑

1000円のために自分で送るのもなー…って。



とまあ、国内でも問題ないんですが、

一度海外に行った商品である以上、現地で捌ければ一番です。

海外販売では送料が大きくなりますので。


特に、Amazon.comでの販売は、アメリカ向けが中心になるでしょうから、

少なくともアメリカ国内で捌く方法はあるといいですね。


一番オススメなのは、普通にAmazon.comにFBA納品すること。


最もコストも手間も少なく、日本より高値で売れる可能性も高いです。


そのためには、一人でもいいので、アメリカ在住のSOHOさんがいるとやりやすいですね。

出来れば、日本人の…。


SOHOさんを募集していると、海外在住の日本人は結構います。

特にアメリカは一番多いです。


アメリカ在住の方の応募があったら、あの手この手で引き止めておきましょう笑


「アメリカ在住の人しかできない、こんな仕事もあるんだけど…」

なんて言っておくだけでも、離れていく確率は結構減ります。


「特別感」って大事ですね。

仕事を伝えるのが仕事

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



昨日、「伝える文章力」っていう話をしました。

http://ossblog.jp/archives/2453


「自分には関係ねー」って思った方もいると思うんですけど、

関係ない人は、おそらくいません。


文章で伝えるというのは、

質問のメールをするとか、ブログを書くとか、そういうことだけじゃないんです。



僕の記事を読んでいるということは、

恐らくは、自分で何かしらのビジネスをしたい、という感じでしょうから、

よほど特殊なことをするか、よほど働きたがりじゃない限り、

「仕事を人に任せる」

ということが必要になってきます。


仕事を人に任せると言っても、人さえいれば任せられるわけではありません。

必ず、「仕事を伝える」という過程が存在します。


要するに、仕事のマニュアルですね。


動画や音声でも作れますが、基本的には文章で作り込むのが一番。


当然、文章力はかなり必要になってきます。

それも、小説のように芸術性を求める文章力は一切必要なく、

「伝える文章力」オンリーです。


僕はもっと芸術的で面白い文章を書けるようになりたいんですけど、

それは置いておいて…。


結局、僕らの仕事って、コレの繰り返しです。


・ビジネスを考えて(実践して)

・人に伝えて、やってもらう


例えば僕だったら、

無在庫販売のリサーチ、出品、仕入れ、発送…

このあたりは、全部自分でマニュアルを書きました。


最初かなり頑張って作り込んだので、ずっと使えていますし、

「前提」を出来るだけ排除して作っていますから、

誰でもわかり、SOHOさん自らのアップデートも容易です。


だから、

「発送の人がやめたらどうするんですか?」

って言われたら、

「また真面目な人を引っ張ってきて、マニュアルを見せるだけです」

って答えられるわけです。



ビジネスも学問も一緒ですね。

考えて、伝える。これだけ。


伝える文章書けてますか?


出来てなさそうなら、前提を考えつつ、読み直してください。

そんな難しいことじゃないですよ。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。