Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

伝える文章力

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



あの…以前からなんですけど、色々な文章、

例えば人の書いたブログとか、寄せられる質問とか、

そういうのを見てて強く思うことがあります。



「全く伝わってこない…。」



コレにあたる質問とかは、結構困っちゃいます。


何が知りたいのかわかんないんですもん…。



本当に支離滅裂で何を言ってるか完全にわからない文章となると、

もうどうしようもないんですが、

それの一歩、いや二三歩手前の文章のうち、

「前提が足りない」系のやつの話をしようと思います。



人に物事を伝えるとき、1から10まで全部文章にすることは不可能です。


例えば、

「eBayで、ピカチュウのフィギュアが、10ドルで売れました!」

という文章があったとします。


これを読んでいる方であれば、eBayを知っているでしょうけど、

一般の日本人ならば、知らない人のほうが多いでしょう。


ピカチュウだって、年配の方ならば知らないかもしれません。

幼稚園児だったら、10ドルがどのくらいかわかりません。


だから、ある程度のところで線引きをして、

「ほら、eBayとポケモンと10ドルはわかるでしょ?」

ってことで、その辺の説明は省略するわけです。


このように、文章を書く時は、

「相手は、今から使う言葉や、様々な前提を、既に知っている」

というところから始まります。


だから、文章は短くなるんです。



でも、当然、これが行き過ぎると、

「相手の知らないことまで、前提として扱ってしまう」

という事態が起こります。


そうすると、物事が伝わらないわけですね。


例えば…

「取引でトラブルがあって、対応に困った。どうすればいいか?」

的な質問があったとすると、

・eBayなのか、Amazonなのか?それとも??

・バイヤーは何と言っているのか?

・そもそも、どこにどう困っているのか?


この辺は、全く「共通の前提」ではありません。

ちょっと考えればわかることですよね。


が!実は抜け落ちている場合が結構あります。



喋ってる時ならまだいいんですよ。すぐつっこんで聞けるから。


でも文章となるとそうはいきません。

出来る限り、1度でしっかり伝える必要が出てきます。



これを防ごうとするならば…

やっぱり、まずは文章を見直すことでしょうね。


前提を出来る限り排除した、長ーい文章を思い浮かべて、

そこから省略することを全て考えながら読んでいくんです。


慣れると、省略してよい前提とそうでないものが、

はっきりと見えてくるようになります。



僕がこういう力を身につけたのは…やっぱり数学やってたことですね。


興味がある方は、この本を読んでみるといいでしょう。

http://www.amazon.co.jp/dp/4000054244

数学オタクが読むモノですので、特にオススメはしませんが…笑


コレを読んで問題が解けるようになったら、

「伝える文章力」は間違いなく格段に向上します。





P.S.

僕がこの記事を書く時も、常にこのようなことを意識しています。

が!書くのが大変なので、若干「前提」を増やしている感はあります笑


今日のことだって…その気になれば1時間くらい喋れますからね…多分。


「前提が足りない!」って思ったら…

会ったときか、メールでつっこんでください!

「作って終わり」にはなり得ない

 

こんばんは、君嶋です。


来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



Amazonの注文が入ったら、注文データを抽出、

ワンクリックで、EMSラベルを印刷する…


こんな感じのツールを使って、(SOHOさんが)発送してるんですけど、

このツールが昨日あたり急に使えなくなりました。


原因は、日本郵便のAPIの不具合ということで…

要するに、郵便側の問題で、こっちにはどうすることもできません。


結局、その日のラベルは手書きで書いたようです。



ツールに何かをやらせるというのは、モノによっては圧倒的に効率的で、

考えられない程、手間とお金の節約になります。


が、不測の事態が起こった時の反動も大きいです。


僕の規模でラベル手書き、程度なら大した事ありませんが…


例えば、Amazonの商品情報の抽出とか。

仕様変更に気づかずに、とってきた商品タイトルが全部同じになってしまって、

「出しちゃいけないブランド」のフィルターが機能せず、

全部出してしまった…とかそんなこともあります。


すぐに対処したので何事もありませんでしたが、

場合によっては、アカウントに重大な危機を及ぼす話です。


この「すぐに対処」っていうのが大事で、

自分がエンジニアでないならば、必ず対応してくれる人を用意しておく必要があります。


僕はこの辺が運がよかったなーと思っています。

まあ、カンファレンスで話したようなことのおかげでもあるんですが…。



最近Amazonが流行っているからか、

「ツール作って、さくっと効率化」

みたいなノリで考えてる人が多いような気がしますが、

決して「作って終わり」にはならない、

ということを忘れてはいけませんね。


そこさえしっかりすることが出来たら、

機械の手は、かなり大きな力になるでしょう。

怒らない人

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



元々そんな怒りっぽい方ではないですが、

最近特に、「怒る」ということが少なくなったような気がします。



ヤフオクで電子レンジを買ったんですよ。


こういう時はいっつもそうなんですけど、

特に新品に魅力は感じないので、中古品を落札しました。


したら…


「すみません、在庫切れです」と…



まあ、僕らもいつも似たようなことやってますし、

怒る程のことではないですが、

中古品で写真もあるし、ちょっと「イラッ」くらいはきそうなもんですよね。


それが、全然だったんですよね。

「ふーん」みたいな。どうでもいいというか、なんと言うか。


以前、eBayで落札された商品をヤフオクで購入したのに、

1週間経っても送ってこない出品者がいて、

初心者だった僕は焦りまくって、電話ですげーキレたのを思い出しました…


ま、個人用とお客さんのものとでは重要度が違いますけど、

なんかこう、落ち着いちゃった感があります。



なんでかなーって、考えると、やっぱりビジネスの影響。


Amazonの業務のチャットでは、SOHOさんが、

個々の取引について熱い議論を繰り広げています。


中には、仕入れ先にめっちゃキレてるものとかもあったり笑


もちろん、僕の収入にダイレクトに影響することなので、

間違いなく自分の事なんですけど、感覚的には他人事。


そういう捉え方っていうか、そういうものが身に付いた感じですね。



子供の頃は、いや、数年前までは、

色んな意味で「安定したいなー」って思ってました。


生活的にも、金銭的にも、人間関係とか恋愛的にも、です。


どれもこれも、安定してしまうと、ダメになる。

でも、安定は一度経験したほうがいいです。


結局なんでもそうなんですけど、

目標を達成する→やっぱ違うな→更に先へ

の繰り返し。



カンファレンスで、「働かない」っていうテーマにしたのは正解でした。


未だに感想をじゃんじゃん貰って…

次ぎやるべき事が見えてきた気がします。



ってことで…次に向けて質問を募集します。


直接の返事はできませんが、何らかの形で発信しますので、

「働かない」ことに関して、質問ください。


質問はこちらから

https://docs.google.com/forms/d/1x27f7Am-gVUWQQUBTy5LjSHXdi77MOwsosIDZnJhQLM/viewform




P.S.


うーん。今日もまとまりがない笑

お許しください!

リミット厳しいから、eBayやめます

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



さて…最近、eBayの、

「クロスボーダーリミット」

なる制限が世間(?)を賑わせてるようです。


詳しい話は省きますが、簡単に言うと、

アメリカ在住じゃない人がeBay.comに商品を出す場合、

10品$500を超えて出品する条件が新たに設定された、という感じです。


その条件のうち一番厳しいのが、「初販売から90日以上経たなければならない」ということですね。



まー、これはかなり理不尽というか、

とっても厳しい制限と言えるでしょう。



ただ、冷静に考えてみると…

こういった制限というのは、eBayに取り組む価値を下げることはあり得ません。


それは今回に限らず、今までに存在するあらゆる制限に対して、そうです。



何故か?


バイヤーには制限がかかっていなくて、

今eBayには十分な数のセラーがいて、十分な数の商品があるからです。


つまり、eBayで売れる商品の絶対量は変わらないと考えられるんですよね。


結局、その制限に苦しんでやめるということは、

それを突破した人がよりオイシイ想いをするだけのこと。


もちろん、先行者の方が楽、っていうのはありますけど、

1年も販売を続けていたら十分な出品枠を得られますから、

長い目で見たら、そこは大した問題ではありません。


だから、eBayに取り組むことに対する稼げる期待値っていうのは、一緒なんですよね。



「eBayはリミットが厳しいからやめて、Amazonにします」

なんていうのは、全く合理的ではないってことです。


僕はAmazonやってますし、最近はAmazonの話題多いですけど、

やっぱり「最初はeBayやったらいいじゃん派」です。


リミットが厳しくなるなら、尚更です。


まずコレ読んでeBay始めましょ。

http://ossblog.jp/step1

eBayでDurationをいじくれば売れるか?

 

来年最高のスタートを切るためには、コレに参加しましょう。

最強の輸出入新年会2014
http://ossblog.jp/shinnenkai


輸出入で稼いでいる人が一番集まる場所です。

必ず飛躍の手助けをしてくれることでしょう。



前々から、

「eBayでは、Durationを短くしたほうが売れる!」

という噂がありまして、気にはなってたものの、

ずーっと試してなかったんですよね。


そもそも再出品とか面倒だからずっとGTCにしていたので。


ただ、先日記事にした「Automation Rules」を発見したので、

再出品もさほど手間ではなくなりました。

http://ossblog.jp/archives/2378

で、最近とある人から、

「5daysにすると売れやすくなりました!」

っていう話を聞いたので、ちょっと試してみたんですね。


1週間、新しく出す商品を、数百個単位で5daysに切り替えてみました。


結果…


出品数の1/15くらいが5days商品だったのに対し、

売れた商品の1割程度が5days商品でした。


つまり…若干売れやすいのか…?という感じですが、

5daysは新しい商品が多いですから、

商品の寿命を考えると、トントンかなという感じです。


いずれにしても、「明らかに圧倒的に売れる」ということはありませんね。



まあ…今どう、っていう話もそうですが、

将来的には、以前書いたようになるのは間違いないでしょう。

http://ossblog.jp/archives/1890



ただ、やっぱり数のパワーは偉大です。

出品数100の人が、僕と同じような実験をしたところで…っていう話ですからね。


最近リミットもまた厳しめになっているという話も聞きますが、

そこを極限まで伸ばして行くのは、eBayセラーのかなり重要な使命と言えるでしょう。

6 / 6« 先頭...23456

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。