Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

Amazonで、発送除外したほうがいい地域はあるのか?

 

先日、Amazonの顧客対応を担当してもらってる方から、

「メキシコとブラジルだけ異様にトラブルが多いので、
その辺の国を発送国から除外しましょう」

という提案を受けました。


まあ確かに、この辺の国々はトラブルが多いイメージですし、
それで返金とかが多発しているならば、
除外したほうが利益が大きくなるということもありえます。

担当の方的には、
「どう考えても赤字になっているだろう」
というテンションでしたし。



ということで、
「実際にどの国宛にどの程度トラブルがあるのか?」
というのを計測してみました。


Amazonの場合は、国ごとに発送除外することはできませんので、
上記のような国を除外するとならば、
「北米、アジア、ヨーロッパ以外の国」
をまとめて消すことになります。


で…

この国々の取引全体のうち、
トラブル(返金か、それ系の何か)のあった取引は、
わずか7%ほどだったのです。


最悪、全額返金したところで、
「仕入れ値+送料+人件費」
がマイナスされるだけですので…

僕の場合、利益率が20%程度であることを考えると、
全く、その国々を除外することにメリットはありません。



やっぱり、人間、悪いことばかり目に付きやすいもので…

実際に数字にしてみると、
「割に合わないのでは?」と思われていた国も、
確実に利益に結びついていたわけです。

この辺の検証を怠って除外してしまうと、
丸々損することになっちゃいますね。


なんで、Amazon輸出をやってる場合は、
基本的に全世界に発送したほうがいい!ということになります。

数字での検証の大切さを思い出した出来事でした。



ちなみに…

eBayの場合は、国ごとに除外が可能ですから、
特にトラブル率の高い国を除外すれば、一応プラスにはなりますが…

ほとんど取引のない国なので、
やってもやらなくても一緒のような気がします。

データとしても信頼性が薄いですしね。

初体験。カード不正利用。

 

今日の昼、見知らぬ番号から電話がかかってきました。

092〜…?九州か??
と思いつつ電話を取ると、
とあるクレジットカード会社からでした。


カード利用の確認とのことだったので、
あー、またいつもの面倒臭いセキュリティか…と思ったら…

本当に身に覚えのない、
Z○Z○T○WNで4万円ほどの請求の話が出てきました。

しかも発送先が岐阜県。


そう、完全なる不正利用です。


確かにそのカードは、
最近Z○Z○T○WNで買い物に使ったカード。

調べてみると、結構多いみたいです。
Z○Z○T○WNで使ったカードが不正利用されるケースが…。

もちろん、原因を100%断定することはできませんが、
Z○Z○T○WNで使われているわけですし、
セキュリティが甘くて、カード情報が抜かれている、
と考えるのが自然でしょう。



カードの不正利用なんて、自分の身に降りかかるとは全く思ってなかったので、
割とショックがデカいです…

最近網棚に置いたカバンも盗まれましたし、
僕の純粋無垢な心が不信感によって汚れていってしまいます!!



無在庫販売をしてる人は、
基本、カード仕入れが中心になると思うんですよ。

カードで支払える場所で、わざわざ銀行振込にするメリットもないですし。


ただ…
カードを使うサイトのことは少し考えたほうがいいかもしれませんね。

若干危なそうなところは、限度額の少ないカードを使うとか、
明細をしっかりチェックするとか。


とにかく、
「カードの不正利用は、マジである」
ということだけ、忘れないようにしてもらいたいなーと思います。

しかもそんな大手のサイトであるなら………。おお怖。

リミットアップの都市伝説

 

初出品から1週間程度という人から、
「リミットアップできました!」
という報告をもらいました。

英語ができるわけでも、通訳がいるわけでもない状況で、
このスピード感は素晴らしいですね。



eBayでスタートダッシュを切るためには、
「いかに早くリミットアップするか?」
というのは、最重要課題です。


しかし…リミットアップには、
どーも、様々な都市伝説が存在します。


例えば…
「クロスボーダーリミット」っていうのがあったの、
覚えてる方もいますかね。

アメリカ以外のセラーは、アカウントを作って90日間、
一切リミットアップができないという制限です。


当時、なんて無茶苦茶な…と思いましたが、
案の定、この制限というのは、知らぬ間に消え去っていました。

実際、すぐにリミットアップしてるわけじゃないですか。


あと、最近だと、
「次は45日後にかけてください」
とか言われることが多いみたいですが…

これに関しても、30日後にリミットアップした話を聞いています。


要するに、ですね。

誰に何を言われていようとも、
電話さえすれば、上がる可能性があるってことです。

何度か断られても一緒。

「もう今は上がらない」という状況は、
ほぼありえないと思っていいです。


30日以内に上がった話すら、聞いたことがあります。



本当に最初のうちは、一刻も早くリミットを上げることが重要。

なので、どんな状況であれ、
「埋まったら、とりあえず電話して交渉」
というのを、しっかりやるようにしましょう。


これができる人って…意外と少ないんですよね。

マレーシアのエロいお客さんと会ってきましたよ。

 

突然ですが、昨日、
来日しているeBayのお客さんと会ってきました!


マレーシアの方で、
もともとは、G-SHOCKを買ってくれた方だったんですが…

その後、僕が海外向けに発行している、
「ちょっとアレなジャンル」
のメルマガのファンになってくれた、面白いお客さんです。


そういうお客さんですから、
「おお…そういうDVDを一緒に買いに行くのか…」
なんて思ってたんですが、
家族で来日していたので、買って帰るのは無理とのことでした。残念…。

まあ、その日は家族はディズニーランドに行っていたので、
歌舞伎町でいろんな商品を見てきましたがね…。


マレーシアというと、
基本的にあまり裕福でないイメージ。

「僕はマレーシア人だから、こんなの買えないんだ」
って言ってくる方もいるくらいです。


しかし、そのお客さんはおそらく割と裕福な方。

日本が好きすぎて、毎年日本にきてるみたいですし、
Skypeのレッスンで、日本語も勉強していて、
ペラペラではないですが、ある程度コミュニケーションが取れます。

寿司屋に連れてったら、奢ってくれたんですけど、
カードはAMEXのプラチナでした。

その時の写真↓
http://ossblog.jp/contents/20150224081422.jpg

(※「君嶋太った…?」はナシでお願いします。切実。)



どうでもいいですが、寿司屋では、店員さんを見てやたらと、
「カワイイネ」
って言ってました。

その辺は万国共通ですな。




ついでに更にどうでもいい話。



歌舞伎町を歩いていたら、まー、いろんな怪しげな店があるじゃないですか。

そしたらおもむろに、
「Tetsuhiroは、日本のソー◯ランド行くんだよネ?」
って聞かれたんですよ。


「いや、行ったことないけど…なんで?」
と言うと、



「あれ?メルマガに書いてなかったカイ??」

と…。



そう。僕は今ソッチのメルマガを自分で書いていなくてですね…

内容も全然知らないんです。


おそらく、
「今日も行ってきた!」
というようなことを、うちのSOHOさんが書いてたんでしょう。

しかも女性です。優秀すぎる。


「あれ?そんなこと言ったかな…きっと英語がわかんなくて間違えたんだ。」
って誤魔化しましたけどね。

リアルで会ったりする際は、この辺の辻褄合わせはしっかりやっときましょう。





そんな話はさておき、こういうお客さんを見てると…

僕らのビジネスって、まだまだアメリカ中心だと思うんですけど、
本当にもったいない気がしてきますね。

ネットショップとかやると、
結構まんべんなく、いろんな国から注文が入りますし。
eBayだって、別の国に出せば、そこの国の人が来ます。

まだまだ市場は無限大です。


eBayを始めたばかりの頃、
「海外のお客さんに会う」なんて、
まさか本当に実現すると思ってませんでした。


しかし、特に積極的に会おうとしてなくても、
僕は2人会ってますので、
会うというのは、割と当たり前のことなのかもしれません。


せっかくこんなビジネスしてるなら、
可能な限り会っておくことをおすすめしますよ。

ぜーったい得られるものがありますので。

「緩み」を戻すのは至難の業

 

最近どーも、メルマガの配信日時設定ミスが多いです。

多分これって、僕のメルマガに対する、
「気の緩み」だと思うんですよね。


今は自分のコミュニティ「君嶋組」があったりしますし、
若干優先度が下がっているのかもしれません。


いずれにしても、何かしら自分の中でマイナスになってるのは間違いないです。



で、最近すごく思うのが、
「一度緩んだもの」というのは、
本当に取り返すのが大変ということ。


一体どういうことか。


例えば、
「君嶋組」のメンバーには、
毎日「日報」なるものを出してもらってます。


日報には、0時から12時までという期限があります。

が…最初は皆が時間を厳守していたのが、
長くやればやるほど、
12時を過ぎてしまう「遅刻」が、かなり増えていったんですよ。


一度増えた遅刻って、黙っていると減ることがない。

これが「戻らない緩み」というやつです。



多分、似たようなことって誰にでも経験があると思うんです。

新しいところに通うとき、
最初は時間に余裕があるのに、
一度ギリギリに行ってしまうと、それからずっとギリギリ
だったりとか。

ダイエットするぞ!と決意しても、
一度沢山食ってしまうと、
それから頻繁に食うようになってしまったりとか。



じゃあ、一度緩んだものを取り返すには、どうすればいいんでしょう。

やっぱり、強烈な「衝撃」が必要です。


君嶋組の日報の場合は、遅刻に対して、
「ペナルティ」を設けました。

そしたら、その瞬間に遅刻が激減。


ダイエットの場合だったら、
「太ったね」って言われたりするのがそれでしょう。


なんで「緩んでるな〜」って思ったら、
何かしらの衝撃を与えることを考える必要がありますね。



僕のメルマガだと…なんだろ。

「毎日楽しみにしてますので、ちゃんとしてください!」
ってメールでももらうことでしょうか。


うん。よろしくお願いします。笑

1 / 612345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。