Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

30分以内に返事をすればよく売れる??

 

今日も、eBayで大きな成果を出している人と対談を録ってました。

こちらでは公開できないのが申し訳ないですが…


その方が成果を出す秘訣の一つが、
「問い合わせメールにできるだけ早く返事をする」
ということだそう。


しかも、その徹底っぷりが尋常ではなく、
「この商品ない?」みたいな問い合わせをもらってから、
30分もすると、その商品を出品して返事が出来るって話です。


普通はここまでできませんけど、
これはSOHOを使うメリットでもありますね。

人は世界中にいるわけですから、
日本にいる社員だけで回そうとしたら、
地球の裏側からやってくる深夜の問い合わせなぞ、すぐに対応できません。



まあそんな感じで、普通は割と軽視しがちなところに力を入れてるわけですが、
これはかなり理に適っています。


お客さんの気持ちを考えれば…
当然、問い合わせをした瞬間が、
最もテンション、つまり購買意欲が高いです。

そりゃそーですよね。買おうかなって思って問い合わせるんですから。


そこから何の動きもない間は、よっぽどのことがない限り他のことを考えるので、
テンションは下がっていきます。

問い合わせるからには、その返事がないと買えないわけですから、
さっさと返事をして、テンションの高いうちに買える状態にするのは大事です。


また、競合との兼ね合いもありますね。

同時に何人ものセラーに同じ問い合わせをしていたら、
一番返答が早いセラーから買うに決まってるじゃないですか。



返事の早さなんて、
Amazonの、「24時間以内に返さなければならない」
っていうポリシーを守ることしか考えない人も多いでしょうが、
Amazonがそのルールを設定してる理由を考えてみましょう。


あのルールは、
「顧客以外の人に対するちゃんとした対応」
を義務付けている、異色なものです。

すでに購入したならともかく、購入してない人にいくら返事しなかろうが、
クレームには繋がりません。

返事が早ければよく売れる。
それがわかってるからそんなルールを設定してるのでは?
という考えはかなりアリだと思ってます。



僕が自分で細かな実験したわけではないので、正確な事は言えませんけど…

意外に、返事の早さを改善するだけで、
結構売上が伸びたりするかもしれませんよ。

ステップメール自動物販

 

以前ちょろっとお話したと思うんですけど、
海外向けに、「月額課金の物販」を細々とやっています。


最近は他のところに力を入れているので、あんまり何もしてないんですけど、
たまに、ステップメール経由で売れてるんですよね。

要するに、会員になってくれてるってことです。


現状、集客は、
検索エンジンからと、自動で回してるTwitterからがほとんどなので、
お金は全然使ってません。


収益としては全然大きくないですが、
・お金を使わず
・自動で
ということを考えると…

あとは拡大するだけ、感がありますね。


あんまり、この界隈の人(?)で、
「メールでセールスする」っていう話は多くないと思います。

もちろん、そんなに簡単ではないんですけど、
立ち上げは、ネットショップ作るよりずっと簡単だと思ってます。


・メルマガ配信スタンド契約して
・メール書いて
・流すだけ

ですからね。

極端な話、サイトなんて必要なくて、
売るのはPayPalの決済リンク流せば済む話です。


もちろん、普通はサイトを使って集客をする必要があるんですけど、
eBayやってる人は顧客リスト持ってるじゃないですか?

ネットショップの構築に苦戦している身としては、
もっと皆チャレンジしたらいいのになーと。


とは言っても僕は今はネットショップの方に可能性を感じて、
そっちを頑張ってるので、なんとも言えませんけどね…

いずれまた戻ってテコ入れしていきます。



プラットフォームの販売が落ち着いてきて、
「なんかチャレンジしたい!」欲がある人は、
是非チャレンジして、成功例を作ってくれたら、と思いますよ。

誰もが後発組

 

今日はとある方と対談を録ってました。

これは表では流さないのでアレなんですけども…


その人、結構物販歴が長くてですね、
2006年にはネットショップを始めてたそうです。


2006年っていったら、僕らからしたら相当早いです。

僕がeBayを始める5年前ですからね。


その頃は今に比べたら、教材とかも全然なかったみたいですし。


しかし…
それでも、当時、
「2006年から始めるなんて、後発組」
という認識だったそうなんですよ。


いやいやいや…

今の感覚で言うと、
「その頃にやってたら儲け放題なんじゃ…」
って感じですよね。

でもその頃はそういう時代だった。


多分、いつの世もそうなんですよ。

よっぽど一番最初に始めた人じゃない限り、
「後発組」と呼ばれるもの。

だから稼げないなんてことは全然ないんです。


例えば僕だって、Amazon輸出を始めたのは2013年。

あの頃、「今更ながら始めます」って感じでしたよ。

それが今も、どんどんどんどん参入者は増え続けてるし、
だからと言って稼げないわけではなく、稼ぐ人はむちゃくちゃ稼ぎます。


「後発組だから稼げない」なんてのは言い訳でしかないんですよね。

だって、人に勝てば稼げるんだから。

ちょっと経験が違うだけ。
1年もやったら、ある分野では十分に戦えるようになりますよ。


僕も結構、「今更始めてもな…」と思うところがある方なんですけど、
もっとフットワーク軽く、儲かる話に飛びつこうと思いましたね。


いつの世も、始める人はみんな後発組。
3年もしたら、ベテランになってます。

その市場が終わってる、っていう状況じゃない限り、
ガンガン始めちゃいましょう。

永久にネットサーフィンから抜けられない

 

こんな質問が来ていましたので、その話をしようと思います。


「個人輸出をするにあたり、
各国の関税、付加価値税、売上税等の取扱いをできるだけ詳細に教えていただければと思います。」


うーむ…

関税や付加価値税(VAT)とかは、相手が払うか、
かかればこちらで負担する…みたいな感じでしょうし、
売上税っていうのは…日本の事業者には関係のないことでしょう。

とまあ、僕も別にそんなに詳しくないので、
このくらいにしておきます。



それよりも僕が言いたいのは、
「一体何を聞きたかったのか?」
ということです。


できるだけ詳細にって…あまりに漠然としすぎています。

「調べるのが面倒臭かった」
って言ってるようにしか聞こえません。

僕らの規模のビジネスだったら、
今はAmazon輸出とか超流行ってることですし、
フツーにググれば必要な情報は全て手に入ります。


そもそも、そういう税の相談とかは専門家にするのが筋というものですし、
詳細に知ったところで、一体どう活用しようというんでしょう。


多分、
「よくわかんないけど、何となく知らないと不安」
っていう感じなんだと思うんですけど、
これって、大抵の場合無意味です。


何か特殊なことや、大きなことをする場合に、
そういった知識が必要になることはあるとは思いますけど、
そしたらもっと「このケースではどうなるんだろう?」というような、
具体的な感じになってくるはずです。



これだけ情報が溢れかえってる世の中なので、
細かいことを気にしだすと、永久にネットサーフィンから抜けられません。

要するに脱線してるってことですからね。


どっかで断ち切って、
自分のビジネスを伸ばす行動をしなければならないってことです。



別に、この質問をしてきた方を批判しているわけではないですよ。

「質問」だって、時に必要な行動の一つですし、
この記事を読んで、「あ、気にしなくてもいいんだ」ってわかったら、
それは大きな一歩ですよね。


ただ、
「今それが本当に必要な情報なのか?」
っていうようなことは、常に考えるべきだなーと、改めて思います。

ワンクリックと数秒のタイピングで、新しいことを調べられちゃうのでね…。

ホリデーでの売上の上がり幅はどの程度か

 

僕はeBayでの販売を初めてそろそろ4年、
ホリデーシーズンは4度経験しています。


が、eBayでは、特に「ホリデーがヤバい!」っていうのはなかったんですよね。

まあ売れるには売れるけど、せいぜい平時の1.3倍とかそんなもん。

ほとんど誤差の範囲です。


去年のホリデーでは、割と売り上げが好調にはなったんですけど、
今も落ちてないので、恐らくホリデー効果ではないです。


それにひきかえ、Amazonでは、
ピーク時は平時の3倍4倍とかになってます。

なんで、
「ホリデーですごい伸びるのはAmazon。eBayはそうでもない。」
っていうのが、割と僕の中での定説でした。


が、色々な人の話を聞いていると…

去年のホリデーと今年の1月の稼ぎを比較して、
eBayでかなり落ち込んでいる人が多い気がします。

それこそ、ホリデーで平時の3倍売る人とかがいる感じです。


逆に、Amazonで4倍とかの変化がある人はいなかったですね。


つまり、扱う商材、手法とかによって、
ホリデーでの売上の上下は、激しく変わるってことです。



Amazonは割とハッキリしていて…

僕の場合、ほとんど売れる見込みがない商品とか、
ほとんど誰も出していないような商品も、構わず全部出品しています。

「ロングテール」にあたる商品です。


日頃はまあ、その辺からは売れないんですけど、
ホリデーになると、おそらくその辺からの売上が、
他に比べて上がる感じです。

なんで、売れ筋のみ出している、みたいな人よりも、
伸び率はすごいことになります。


なんで…
出品数を増やせば増やすほど、色々な面でコストが増大しますけど、
ホリデーに関しては、ガツッと増やすのがおすすめです。



eBayは…Amazonに比べるとハッキリしませんが、
逆にこちらも出品数かなとは思ってます。


だいたい常時出品数が1万品程度なので、
多分普通の人よりも多く出しています。

しかも売れた履歴のあるものばかり。


eBayではこれが逆に安定に繋がってるのかなと。


一つの商材に特化している場合、
商材によってはかなり売上が上下するようですし。



安定するのがいいのか、ガツッと伸びるほうがいいのか…

僕は別にどっちでもいいと思いますが、
手法によってここまで違う!ってことは覚えておくといいですね。

変に焦らなくても済むと思いますので。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。