Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

たったの7時間睡眠

 

昨日は「短期間で大きく成果を出す人の秘密」
みたいな話をしたんですけど、
実は、決定的なものが抜け落ちています。


それは…
「超がむしゃらに、やりまくる」
ということです。


これ、皆わかってるようでわかってません。

一昨日話題に出した3ヶ月100万円の人は、
睡眠時間が、たったの7時間だったそうです。

…一週間で。


1日じゃないですよ。1週間で7時間です。

これには耳を疑いました。

僕はロングスリーパーなので、
1日7時間睡眠でも眠いです。


しかし、副業でそこまで成果を出すには、
実際問題それだけの時間が必要なんです。

そこを甘く見積もってる人が多すぎるってことですね。



ついでに言うと、
「そしたら、半分の作業時間を確保すれば、
半年以内に月収100万円を達成できるだろう!」
という考えは、恐らくあんまり正しくありません。


なんというか、それだけがむしゃらにやってる人って、
その勢いで、やってる時間の密度も濃いんですよね。

なんとなくぼーっとしたりする時間がなかったりとか、
そういうのだと思います。


あとは、勢いを維持するのって難しいんですよ。

3ヶ月死ぬ気でやるのと、その半分を6ヶ月やるのでは、
恐らく後者の方が難しいのでしょう。


僕の場合は、めちゃくちゃ頑張るのは1ヶ月が限度ですし、
ずっと続けるのは、毎日ブログ&メルマガを一つ書くくらいが限度です。

そんな感じで数字に個人差はありますけど、
傾向としては皆同じなのかなと思います。


ですから、
「とにかく成果が出るまで一切他のことを捨て、
死ぬ気で頑張る!」
という決意をしてこそ、短期間で大きな成果が出るし、
むしろそれをやらずには何も生まれない、ってことですね。

短期間で大きく稼ぐ人の秘密

 

昨日は、
「3ヶ月で100万円」っていう話をしたんですけど…

http://ossblog.jp/archives/4372


それを達成するのに必要なことって、
まあ割と限定されています。

本質を見抜いて、それをやりきる力というか、そんな感じ。


でもそんな難しいことじゃないですよ。

在庫物販だったら、やっぱりリサーチですね。


リサーチにおいて必要なのは、
算数ができて、最初からそれをちゃんと信じられることでしょうか。

「これだけの期間にこれだけ、この価格で売れてるから、
じゃあ自分が仕入れたらこのくらい売れて、これだけ儲かるはずだ。」
という根拠に基づいてやる。

初心者は、なかなかこれができません。
算数の結果とは違うことをしてしまうのです。


例えば、僕が初心者の頃ちょこっとやったミスは、
価格差があるけど、1年に1回しか売れてないようなものを、
ガンガン仕入れちゃったんですよ。

こんなもの、売れるわけないじゃないですか。
ちょっと考えたら当たり前の論理なんですけど、
そんなこと考えられていなかった。


それをわかって、それに見合ったリサーチと仕入れをすれば、
なんの問題もなく売れます。



無在庫販売の場合は、
「とにかく数が必要」
ということを理解している、ということが大事ですね。

これを本当に理解していたら、
3ヶ月で100万円は達成可能のような感じがします。

eBayはリミットで無理ですけど、
AmazonでもBUYMAでも達成している人がいますしね。


これに関して必要なことは、
やっぱり「人を使う」っていうこと。

最初からその発想があるとない人では、劇的な差が出ます。


まあ、普通はないですよ。人使うとか考えないです。

でも別に難しいことじゃないですし、
やればできちゃいます。

ほんと、僅かな差です。



やること、に関しての差は、これだけのような気がしますね。

成果が出ない人は、振り返ってみて欲しいです。

3ヶ月目で月収100万円

 

京都に行ってきました。

君嶋組の飲み会やったり、飲み会に参加したり、
珍しく清水寺観光してみたり…

とまあ、ゆるゆるな感じです。


そこで、ちょっとすごい人に会いました。

国内転売で、
「始めてから3ヶ月目で月収100万円」を達成した人です。


しかもカードを使わずに高回転で…みたいな感じでやってたらしく、
聞いたことのないスピード感です。



まあ、ここでは細かい話は置いておきますが…
その話を聞いて、強く思ったことがあります。


僕らがやっているような物販ビジネスでは、
「3ヶ月目で月収100万円」という数字が、
結構、達成可能なもののような気がしてきました。


というのは、
有り得ない実績に見えて、結構いるんですよ。


そりゃーもちろん、全体からしたら稀なんですけど、
稀って言っても、だから天才しかできないとか、
そういうことではないと思うんです。

そもそも、月収100万円っていうのが、
日本全体からすると僅かなわけですから、
「稀な人」を目指すのが、そもそも普通なのです。


凄い人から学ぶ、ということで最も大きいのが、
「そんなことが出来るんだ」ということを知ることです。

3ヶ月で月収100万円を達成できることを知らなければ、
その為の行動をとることができませんから、
一生達成することはかないません。


が、それを知る人が多くなってきた今、
これから沢山そんな人が出てくるのかなーと思いますね。

もちろん、それだけの実績を出すのに必要なことはありますけど…
その話はまた明日にでも。

Amazonで独自ツールで複数アカウント運用できるか?

 

最近Amazonのアカウントを複数使う人が増えてきた印象ですが…

複数アカウントを使うのは、
実はそんなに容易じゃありません。

Amazonにばれたら終了だからです。


可能は可能なんですけど、
一番の壁が、あるところにあります。

それは、
「独自開発ツールの利用」です。


Amazonの無在庫販売を効率よくやろうとすると、
やっぱりツールを独自で開発することになるでしょう。

ただ、複数のアカウントに同じツールを使ってしまうと、
様々なところで、アカウントの同一性が確認されることがあります。


細かすぎて、あんまりここで詳しい話は出来ませんが、
チェックするべきポイントは意外と多いです。


かと言って、新しいツールを一から開発するというのは、
ちょっといくらなんでも…という感じですし。


ですから、複数アカウントを使う時は、
市販のツールを使う、というのも一つの手ですね。

使ってる人が無数にいますので。


または、気合入れて、バレないように開発するか…です。

複数アカウントを使う時は、
プログラマーの腕次第で、考えてみてください。

無在庫販売による仕入れの機会損失

 

無在庫販売っていうのは、
在庫リスクを手放すのと引き換えに、
色々なデメリットを持っています。

そのうちの一つが、仕入れの機会損失です。


例えば…僕の話で言うと。

ちょっと前にこんな話をしました。
http://ossblog.jp/archives/4273


その後も謎の大量買いのコレクターとつながっていて、
定期的に注文をくれるのですが…


最初は、
「リクエストをもらってからヤフオクで大量処分品を探す」
ってやってたんですよ。

しかし、それだと仕入れられる単価がまちまち。

安い時もあれば、高い時もあり、
あんまり待たせられないので、ある程度高くても仕入れなければならず、
利益率が下がっちゃうんですよね。


普段からヤフオクをウォッチして、安い時に買っておけば、
リクエストが来た時に、最大の利益で販売できます。

無在庫販売することによって、
かなり、仕入れの機会を損失してるってことになりますね。


もちろん、こういった販路がなければ、
無在庫販売の方がいい場合も多いです。

が、ヤフオクで価格が上下するような商品は、
安い時に買っておいてヤフオクで併売すれば、
損するということもないでしょう。


価格の上下しやすい中古品等は、
そういったちょっとしたテクニックで簡単に利益がとれますので、
特にリミットが少ない時なんかは、是非チャレンジしてほしいです。

1 / 612345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。