Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

月収マジック

 

この業界で「月収」というと、
「瞬間最大風速」である場合が多いです。

要するに、一番稼いだ月の月収を、
「月収」と表現しているってことです。


僕は最近はあまり「月収○○円!」とか言わなくなりましたけど、
多くの人がそう言ってるのは、基本そういうことだと思ってください。


それがダメって言ってるわけではありません。

最高月収というのは、実力を測るための、
とても良い指標の一つだと思いますし。


ただ…
同じ「月収」にも、価値の違いは存在します。

物販で言えば、その手法によって、同じ金額でも価値が違ってきます。
なぜなら、売上の継続性が違うから。


例えば、以下の4つの場所での無在庫販売を比較すると…

・欧州Amazon
・Amazon.com
・eBay
・ネットショップ

同じ月収でも、上の方が価値が低く、下にいくほどが価値が高いです。

上の方がサスペンドリスクが高いからですね。

売上が止まる期間があるなら、最高月収が高くても、
平均月収を考えればもっと低くなりますよね。

僕の感覚だと…欧州Amazonとネットショップは、
同じ月収でも10倍以上価値が違うかと思います。


その代わり、上の方が「最高月収」を上げるのは簡単です。

欧州Amazonとか、Amazon.comより遥かに利益率が高いですし、
ネットショップでAmazon並みの売上を作るのは、かなり難易度が高いです。



無在庫販売と在庫販売だと、
サスペンドリスクが薄い分、在庫販売の方が安定度が高いですが、
在庫販売には資金が必要ですので、どちらが価値が高いかは微妙です。

ネットショップだったら、無在庫に軍配が上がりますね。



そんな感じで、単に「月収」といった場合は、
何で稼いでいるのか?と合わせて考える必要があります。

だから何ってわけでもないんですけど、
そんなことを考えつつ、自分の今いる位置を再確認してみてください。

機械に振り回される仕事

 

Amazon輸出で無在庫販売に取り組む人を見ていると、
物販的なところ以外に時間を使ってる人が多いように思います。


よく見るのが、
「ツールの不具合」に関するもの。

Amazonの無在庫販売では、
今やツールでガツッと出品するのが常識になってきてますけど、
その分、テクニカルなことで悩むケースが増えてるんですね。


原因がホントにツールの不具合だったとしたら、
そこに時間を使うのはかなりもったいないです。

だって、自分じゃ修正しようがないですから…

Amazon輸出系のツールは、ものすごい数が出てますので、
さっさと見切りをつけて乗り換えたほうが賢明です。


こればっかりは、利用者が多いものを使うのが確実ですね。

「他の人と同じになっちゃうんじゃ??」
と思うかもしれませんけど、
同じツールを使っても、使い方次第で全然結果は違ってきます。

特に、ASIN収集の方法ですね。
どんなセラーから取るのか、どんなカテゴリーから取るのか…

使うツールはあまり重要じゃありません。
使いやすければOK。



ただ、それもある程度いくと限界がきます。

不具合以外で皆がとーっても時間を取られてるのは、
「出品ファイルの作成」です。


ツールから出てきたデータをもとに、
エクセルで出品ファイルに変換する作業…

これが地味に大変なんですよ。

エクセルって件数増えるとむちゃくちゃ重たくなりますし、
平気で何時間も取られたりします。

こんな無駄な時間ってないですよね…


そのくらいの件数になったら、もーさっさとツール開発しちゃってください。

ちゃんと、出品ファイルまで生成してくれるように、です。

既存のツールで、自分のスタイルができていれば、
「これと同じことが出来るようにしてください」
って依頼すれば、優秀な人は一発で理解してくれます。


僕はほとんど最初から自分のツールを開発していたので、
めっちゃ詳細な仕様書とか書いたりしましたけど、
それができなくても、なんとかなるでしょう。



とにかく、機械に振り回されるのは僕らの仕事じゃありません。

特に最初の頃は、物販スキルを向上することが大事ですので、
出来る限りそこに取られる時間を減らしていってください。

教える立場としての責任感?

 

昨日の話なんですが…
http://ossblog.jp/archives/4699

これに関して、ちょっと意見をいただいたので、
その話をしていこうかと。


その意見というのが、

「君嶋組というコミュニティを、お金を受け取って運営していく上で、
そういうことを言うのは、教える立場として責任感が足りないのではないか」

要約するとこんな感じでした。


気持ちはわからなくもないですが、
はっきり言って僕からすれば完全に的外れです。



僕は別に、
「教えてもらおうなんて甘えるな!」って言ってるわけではありません。

「教わるのはいいけど、頼りすぎるな」って言ってるんです。
あんまり頼りきりになると、自分の成長が一切ないからですよ。


究極の目的は、稼ぐことよりも、
「稼げるようになること」であって、
そのためには、実際に自分で実践して学ぶことと、
自分でできる!っていう自信がつく体験が重要なんです。

もちろん、教わるのも重要。
人が通った道を、わざわざ1から探ることはありません。時間の無駄です。

十分に方向性を学びつつ、
実際は自分でやる、っていうことが大事なんです。


昨日の例は、「eBayのアカウントを作る」っていうことですけど、
感覚的には、
「アカウント作成マニュアル」みたいなのを見ながら作るのはOK。
Team Viewerで人にやってもらうのはアウト、です。

やってもらっちゃったら、他の似たようなサイトがあった時に、
自分で登録できる自信もつかないですよね?


勉強と一緒ですよ。

問題の解き方を教わって、類題を自分で解いてみるのと、
自分で何もやらず、類題の解き方も解説してもらって終わり、
では全然違うでしょ?



あと一応言っておきますと、
僕は君嶋組の中の質問には全て答えます。

が、そのあとに、
「それは自分では調べられなかったんですか?」
という話をすることはあります。


別に教えることを放棄しているのではなく、
「稼げる人になること」を優先して発信してるのです。

ブログ&メルマガでも、スタンスは全く一緒。



本当にすっっっっっっごい当たり前のこと言ってますけど、
これがわからないようだったら、
自分でビジネスするなんてやめたほうが賢明です。

中学生でもできるでしょ?

 

とある輸出ビジネスの塾を運営している人から、
ちょっと内部の話を聞く機会があったんですよ。

その話があまりに衝撃的すぎて…目ん玉飛び出そうになりました。


その塾には、結構初心者の方が多かったみたいなんですけど、
どうやら、いわゆる「クレクレ君」みたいなのが多く、
全て手取り足取りやってほしい、っていうノリ。

塾の募集の仕方によっても集まる人が変わってくるんですけど、
それにしたってあまりに酷い。

チャットワークのグループチャットにたどり着けない人がいるほどだそうです。


一番衝撃的だった例が…
「eBayとAmazonの登録ができないので、
Team Viewerで一緒にやってくれませんか?」
という問い合わせがあったこと。

Team Viewerっていうのは、遠隔操作で相手のPCを動かせるツールで、
何かを教える時に使ったりするんですけど…


アカウント作るくらい、中学生でもできるでしょ??

そこまで手取り足取りしてもらわないといけない人が、
一体どうやってこれから稼いでいくんですか??


こういう人が稼げるようになる未来は一切見えてこないですね。

初心者だから手取り足取り教えてもらいたい、
っていう気持ちはわからんでもないですが、

・自分で試行錯誤して実践する
・教えてもらう

この2つのバランスが崩れてしまうと、
どーやったって前に進めません。

そーですね…感覚的には、8:2で実戦じゃないですかね。


基本的に、他人に頼る気持ちがあっては一生無理です。

教わるのは、あくまで「ショートカット」という気持ちであって、
自分でも出来る、という自信がない人は無理。

アカウント作るなんて、どんな初心者だろうが、
自分でやった方が早いですから、
そこを人にやってもらおうとする時点で論外です。


あくまで、やるのは自分。
教わるのはそのちょっとしたお手伝い。

基本的にそういう気持ちで臨んでください。

稼ぐってことは経営者になるってことですから。

あの人は良くなかった

 

僕が運営するコミュニティ、君嶋組に入ってくる人は、
「他のところで習っていたけど、成果が出ずにこっちに来た」
みたいなケースも結構あります。

そういうのの中にも二通りのケースがありまして…


一つは、単にその人がちゃんとやらなかったせいで、
成果が出なかった、というもの。

もう一つは、その塾などが、単にダメダメだったというもの。


基本的に、「あの塾はダメだった!!」とか、
人のせいにするのは良くないことです。

そもそも自分が入ることを選んだわけですから。


とは言っても、酷い人は酷いし、
話を聞いていると、そう少なくもないです。

例えば、この前聞いた話だと、
ちょっと前までコンサルを受けていた先生のブログが、
完全に削除されていた…ということがありました。

要するに、物販もコンサルも全てやめて、
ブログも綺麗さっぱり消してしまったということ。

ブログ消すって余程のことがない限りありえないですよ。

多分、僕はこれから何をやろうと、更新するのをやめる日があったとしても。
ブログは一生とっておくと思います。

その活動の軌跡を見られては困る、という何かがあったとしか思えませんよね。


その人のコンサルティングは、
他の参加者と一切の関わりを持たない、という性質だったらしく、
他にどんな人がいるのか、どれだけ成果が出たのか?
こういうことも一切わからなかったそうです。

そうやって不透明にするのは、まーよくないことがあるからです。



僕は、お金を払って教材を買ったりコンサルを受けたりした中で、
「この人はダメだった!」という人は一人もいません。

学びたくて学んだものに、そんな感情が出てくるのが不思議です。



思ったのと違った、ってことなんでしょうけど、
それを見るのも能力の一つですしね。

「その人がまともなことを言っているのか」
っていうことがわかればそれまでなので、
何も難しいことはないと思いますけど…

それができないのは、お金を稼ぐのは向いていないのかもしれません。


「あの人は良くなかった!」と思った経験がある場合は、
根本的に何かが欠けているので、
なぜそうなったのかを徹底的に考えるようにしてください。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。