Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

外注さんが辞めてしまう原因

 

「外注さんがすぐに仕事を辞めてしまう…」
というのは、個人で物販をやっている人が、常に持つ悩みでしょう。

今日は、僕が思う、
外注さんがやめてしまう原因を挙げていこうと思います。


一番多いのは、
「そもそもあんまり真面目に取り組む気がない」
ということです。

在宅ワークなので、応募も気軽だし、やめるのも気軽。
そういうノリで応募してくる人が大半です。

もちろん、仕事の種類によってその率は違いますし、
単価によっても違います。

が、一定数はそういう人達がいて、
そこはどうしようもない、っていうことです。


単価が安く、本当に単純な作業であれば、
8〜9割ここでいなくなる、くらいの感覚ですね。

そこで残った人、つまりやる気のある人を、
いかに取りこぼさないか、というのが大事です。



そういう人達がいなくなる理由で多いのは、
やっぱりお金がらみで、割に合わない、ってことですね。

これも二通りあって、一つは、
「十分に仕事が用意できていない」ということ。

やる気はあるのに、仕事量が制限されている、ってことですね。
例えば、出品の仕事なのに出品商品のリストが十分に与えられてない、とか。

こちらは、仕事が途切れない仕組みを作れば解決します。


もう一つは、
「単に報酬が安くて割に合わない」ということ。

そもそも在宅ワークというのは、在宅で出来る分報酬は安いので、
それが大半が辞める原因だったりしますが…

その耐性がある人であっても、
あまり安いと、いずれ耐えかねることになります。

これを、「外注さんは辞めるもんだから」で片付けてしまうと、
これはこれで、永久に進歩しません。


あとは、そこのバランスですね。

まずは安いところから始めて、
「この仕事を任せた途端やめる」
というような事象が起きたら、ちょっと報酬額の見直しをする。

そんな感じで、
「やめないギリギリ」の報酬を探っていくのがオススメです。


他にも細かいところはありますけど、
とりあえずこの辺から意識していけば、
普通にいい外注さんを確保できるようになると思います。

eBayは丸裸リサーチ

 

eBayがAmazonに比べて勝っているところはいくつかあります。

そのうちの一つが、
「セラー単位で物事を見れる」
ということです。


どういうことかというと…

Amazonの場合は、特定のセラーを見るとしても、

・出品物
・評価

このくらいしか見ることができません。

そこからわかることといえば、
どういう商品を出していて、だいたい月にどのくらいの数が売れているのか、
くらいが限度ですね。

無在庫の場合、出品物も多すぎますし、
どのように真似をすればどのように結果が出そうか、ということは、
極めてイメージしにくいです。


その点eBayに関しては、すべてが丸裸。

出品物も、概ねいつ出品されたのかを追えますし、
売れたものに関しても、
「何が、いつ、いくらで売れたのか」
ということが、Terapeakを使えば全てわかります。

Terapeak
http://www.terapeak.jp/


なので、セラー単位で物事を見ていけば、
「だいたいこのように販売していけば、このくらいの売上が出る」
ということがイメージできますし、
大まかな方向性が定まりますよね。


商品一つ一つを見ていくリサーチでは、
「その商品がどの程度売れそうであるか」
というリサーチはできますが、
全体の方向性を定めることはできません。



今のリサーチにいまいち自信が持てない時は、
「この人すごい!」というセラーを見つけることから始めましょう。

で、その人が何を考えてやっているのかをとことん考え抜く。
あとは真似するだけです。

量産型ジャパニーズセラー

 

昨日のリサーチの話とも通じてきますけど、
eBayやAmazonを問わず、今の状況を見て思うのは、
「とにかく、全員が同じことをやりすぎている」
ということです。


リサーチする手法も同じ。
出品する商品も同じ。
出品ツールも同じ。
ページのデザインも同じ。
仕入先も同じ。



挙げればキリがありません。



あんまり言及されることは多くないですけど、
出品テンプレートとかマジで思いますね。

全員同じで気持ち悪くないのか?と。


そりゃまあ初心者の頃とかはいいですよ。
それよりもっと大事なことがありますから。

でもある程度慣れてきたのに、
他のほとんどの日本人セラーと同じページって…


実際、お客さんの立場からしたら、
そこの差ってあると思うんですよね。

出品ページ見て、
「また量産型ジャパニーズセラーか…」
みたいな。


ちょこっとデザイン変えるだけでも、十分差別化を図れると思います。

実際売れるかどうか?というのはやってみないとわかりませんが、
やってみないことが信じられないですね。


海外のセラーの出品ページとか見てますか?

日本人セラーとは次元が違いますよ。
とにかく綺麗で見やすい。


ほとんどの人が、出品ページのスマホ対応とか考えたことないですよね?

そういうのとか、めちゃくちゃ参考になるので、
これからガンガン実験していこうと思ってます。


「皆これでやってるから、これでいいんでしょ?」
って思ったら大間違いで、完全に逆です。

皆これでやってるから、これじゃダメなんです。

結果が出ない人は、そういうところも見直していきましょう。

ダメなリサーチの特徴

 

eBayであまり稼げていない人というのは、
「リサーチ」うまくいってないことがほとんどです。


そういう人たちのリサーチした商品を、
全て見せてもらったりするんですけど…

一つの法則を発見しました。


「やたらと、Amazon.co.jpで仕入れられる商品だけを調べている」
ということです。


気持ちはわかります。
調べやすいし、仕入れやすい。

でも、その分競合が増えるのもまた当然です。

だって、何も考えないでいいですからね。
価格差があれば、出すだけ。


で、多くの人がそういうリサーチしかしていないので、
そういうセラーばかりになってきて、
リサーチしても、それ以外の商品が目につきにくくなってる気もします。

そうすると、似たようなセラーの商品ばかりをリサーチすることになって、
そこから抜け出せなくなるんですよね。


もちろん、そういった商品の売れ筋を知るのも大事ですけど、
そこだけに偏ってたら、いつまで経っても稼ぐことはできません。

特に、人手やリミットが少ないうちは。


「うわ、今の自分の状態だ。」と思ったら、
ちょっと違うことをしてみましょう。

まずは、常にAmazon以外の仕入先を調べる癖をつけること。


その次は、eBayで違う方向の売れ筋商品を探すこと。

具体的には、普段自分だったらスルーするような商品を、
アンテナ張って、スルーしないようにする。
そこの関連商品を探して、違う種類のセラーを開拓する。

手っ取り早いのは中古品ですね。
僕は何度も言ってるのに、なぜか多くの人がやりたがらない…

いいじゃないですか。ヤフオクで1点しか出品されてなくても。
今1点でてるってことは、多くの場合、どこかで手に入りますので。


「ちょっと人と違うことをする」
は常に重要ですので、
皆と同じことをしていないか?を考えてみてください。

なんか悪いから…がキーワード

 

昨日は、
「どうでもいい人付き合いの時間を切ろう」
って話をしましたけど、もちろん、その逆も重要です。

「深く付き合いたい人と、深く付き合いにいく」
というところですかね。


これもねー、すごく苦手な人が多い気がします。

僕も超得意というわけじゃないですけど、
変な遠慮は一切しない方です。

「誘いたいけど、なんか悪いから誘うのやめとこう…」
みたいなアレですね。

「なんか悪いから…」がキーワードですね。



例えば、君嶋組のメンバーであれば…

オフィシャルに開催する飲み会は月1回だけですけど、
それ以外にも、ガンガン交流して欲しいと思ってますし、
僕自身、呼ばれれば結構ホイホイついていきます。


しかし!

マジで、誘われません………


君嶋組に入るってことは、
少なからず僕と関わりを持ちたいと思ってくれてると思うんです。


多分、なんか誘っちゃまずいと思う気持ちがあるんでしょうね。

誘ったらウザがられるじゃないか、とか。


そりゃまあ、誘い方次第ではアレですよ。

入ったばかりの人が、
「相談があるんでランチしてくれませんか?」
とか言い出したら、おいおいどうした!?ってなります。

でも、飲み会で一度でも顔を合わせたような人が、
「君嶋組のメンバーを募って飲み会をやるんですけど、きてくれませんか?」
って言ってきたら、そりゃまあ行ける限り行きますよね。



別に誘ってくださいっていうアピールではないんですけど、
稼ぐ人って、こういうところが上手だと思うんですよね。


例えば、ご存知ギター王子の中本さんとか。

この前なんて、
「暇なんで家遊びに行ってもいいですか?」
っていうノリでやってきましたからね。

多くの人にはそれができません。



他の例だと、
「Skype相談無制限」というサービスをやった場合とかも、
これまた同じ感じです。

入ってきてるのに、相談は来ない。


もっと来ていいんですよ?って言うと、
「えっ、いいんですか」みたいな反応が返ってくるんですよ。

そりゃまあ、何もしてないのに相談されても困ることもありますし、
それで怒られることもあるかもしれませんけど、
嫌いになったりすることはないです。

だったらガンガンやっちゃえばいいのに、って思います。



やっぱ、稼いでいる人と仲良くなれば、自然と稼げる、
的なところは大いにありますので、
こういうところは強く意識して欲しいですね。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。