Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

「これしかない!」と言う資格

 

eBayの無在庫販売で重要なことというか、
初心者がまず身につけなければいけないことの一つが、
「こだわりを捨てること」だったりします。

「○○は絶対売れるはずだ!」みたいなやつですね。

無在庫販売なんて、次から次へ違う商品を扱えることが大きなメリットなのに、
一つの商品に拘る意味はありません。

売れないならば、早々に次にいくのも、必要な勇気です。


初心者って、そもそもリサーチの量が足りていないので、
なんとなく売りやすそうな商品とか、利益が取れそうな商品が見つかると、
「やっと見つかった!これでいこう!」っていう思考回路になっちゃいます。


これは一番ダメ。
商品は本当に無限とも言えるほどあるわけですから、
「これしかない」なんてことは有り得ません。


・全体でどれだけ売れてて、
・どれだけ出品されていて、
・大きく稼いでいる人がいるのか?

こういったことを数字でみたら、
意外と大したことない、という場合がほとんどです。

まあ、実際出品すればわかることなので、
それで失敗を重ねるのも大事ですけどね。



特定のセラーをパクる場合も同じ。

なんとなく扱いやすそうな商品が多いセラーを見つけたら、
その人ばっかりウォッチして、それだけに時間を取られる。

これがとてもありがちなパターンです。


それも、
・どれだけ出品していて、
・どれだけの売上、利益が出ていて、
・自分にはどの程度真似できそうなのか?

ということを、数字で冷静に考えると、
実はパクる意味がなかった、ということが多いですね。


そもそも、簡単に丸パクリできて、
それだけで大きく稼げるようなセラーなんて存在しません。



商品にしてもセラーにしても、
「日本人、日本人の出品物は全て見てやる」
くらいのノリでやらないとダメです。

全部見ないのに、
「これしかない!」とか言う資格ないと思いませんか?


基本、売れるものは出すだけで売れますので、
ダメだったらぱっぱと次に行っちゃいましょう。

eBayでBelow Standardになってしまったら??

 

eBayのアカウントのトラブルで、最もよく聞くのが、
「Below Standardになってしまいました…」
というものです。

Below Standardについては過去に何度も話しているので、
「ならないための考え方」は散々触れてきたので、
詳しいことは省略します。


が…
「なってしまったあとの対処法」
に関しては、よく考えたら触れていなかったなと。


とはいえ、話は単純です。

Below Standardは、簡単いえば、
「問題のある取引の割合」が高いとなってしまう、
という話ですから、
問題のない取引数を増やすことで解決します。


ただ、Below Standardに落ちたアカウントは、
リミット枠がゼロになり、新規に出品できない場合が多いです。

その場合、急激に取引数を増やせないように見えますが、
実は、裏技的なやり方が存在します。


それは、
「既存の商品をRevise(編集)する」ということ。

新規出品ができなくても、今ある商品を編集することはできますし、
それこそ、タイトルやカテゴリーから、すべての情報を編集できます。

つまり、新規出品と変わらないことができるんですよ。


一つだけ気をつけなければいけないのは、リミットがゼロなので、
編集前より価格を上げることはできない、ということ。

なんで、安くて絶対売れるような商品に直して、
販売しまくってしまう、というのがいいですね。


ついでに言うと、セラーパフォーマンスは、通常1年の数値でみますが、
過去3か月の取引数が400を超えると、過去3か月で計算します。

ですから、そこを越えれば、数値を減らすのが結構楽になります。

極端な話、3か月そのままにしておいて、
そのあと400件売ればOKですからね。



Below Standardは厳しいですが、
なってしまっても諦めずに対応しましょう。

50人かな?100人かな?わくわく

 

先日まで、中本さんの教材「eBay輸出バイブル」を紹介していたんですが、
結果、200名近くの方に、僕経由で購入頂きました。


で…
特典としてつけていた、購入者限定飲み会。

僕としては、これがメインの特典だと思ってます。

僕はもちろん、中本さんも参加してくれますし、
教材購入者としては、この上ない機会です。


ですから、きっと大盛り上がりになると、
かなり楽しみにしていたんですね。



飲み会自体は今週末なんですけど、
現時点で、何人参加申し込みしていると思いますか?


50人?100人??

僕の感覚では、そのくらい来て当然、と思っていましたが…



なんと、たったの5人です。


これには目を疑いましたよ。


教材を買って、さあ頑張ろう!と、
モチベーションが一番高いはずのときに、
ほとんどの人が、この機会を使おうとしない。

まあ、つまり、やる気がないんでしょうね。

きっと既に何もやってないし、
教材も目すら通していない可能性もあります。


「そんなん行ってもしょうがねー」
とか思ってるんでしょうかね??

そんなスタンスだったら、教材買ってもしょうがないし、
そもそも僕の記事なんて読んでもしょうがない。

だって、そういう場所の大切さなんて、
もう数え切れないほど説いているはず。

真剣に読んでないでしょ?
そういう人は、稼ぐのなんてさっさと諦めたほうが賢明です。



購入者向けに言う話だったかもなんですけど、
あまりに衝撃的だったので、改めて言っておこうかと思いました。

まあ、それでもほとんどの人はわかってくれないでしょうから、
大事なことを大事とわかる人だけ、稼いでいきましょう。

というか、自然とそうなりますので。

Amazonで無在庫で売れる商品の1割が

 

無在庫販売で上手く稼げない人の特徴の一つは、
「仕入先が皆と同じである」
ということ。

まあ言ってしまえば、日本のAmazonですね。

そりゃ調べやすくて仕入れやすいですから、
初心者のうちはそういうところに偏りがちです。


出来ることなら、ちょっと違う系統の商品を探して欲しいですけど、
その前に、まずやらなければならないのは、
「最低でも、売れてから、最も良い仕入先を見つける」
ということ。

Amazonで仕入れられるからといってAmazonで仕入れるのではなく、
ヤフオクだったりとか、他の場所を全て見てみる。

それだけでも、結構利益の伸びが出ると思います。


特に、多くの人が仕入先としてスルーしがちなのが、
eBayと、海外Amazonです。

まあ、「輸出」っていう観点でいえば、スルーするのは当たり前なんですけど、
特に海外Amazonで売れる商品に関しては、
eBayや海外Amazonで仕入れるのが有効なケースは意外と多いです。

「Amazon.com仕入れAmazon.com販売」なんて、意味がよくわからんでしょうけど、
実際に成り立つのです。


ライバルが本当に少ないので、意外と高利益が取れたりしますし、
海外から海外への直送なので、発送もしなくていい。


あとは、日本で在庫切れのときなんかも、
それだけでキャンセルを避けられたりしますよね。


僕の場合、無在庫では実に1割ほどの商品が、
eBayかAmazon.comの仕入れだったりします。

これは人によっては結構驚きじゃないですか?


話を聞くと、結構知らない人が多くてびっくりしたので、
取り入れてみてほしいと思います。

物販やってて一番忙しい時

 

仕事を人に任せ始めたばかりの人に、こんな質問を受けることがあります。

「質問に次ぐ質問に対応するのが大変すぎて、
任せているのに全く楽になりません…」と。


こういうことを言う人は、僕が何もしないで回ってるって話をすると、
「何か、仕事を全て簡単に投げられる技があるのでは?」
と思うみたいですね。


まあ、こういう話をするわけですから、
御察しの通り、そんなものはありません。


思い返してみると、物販に関して一番忙しい時期は、
「今ある仕組みを人に回してもらおうとしている時」です。

そりゃ、最初は相手も何もわからんわけですから、
質問が死ぬほど来るのは当たり前ですし、
その仕組みを回すのと、教えるので、2倍忙しくなります。

それは、教育できるような人が育つまで、
気合で乗り切るしかありませんし、
それを避ける裏技なんて存在しません。


それをわかってないと、
「あれ?こんな忙しいなら人使っても仕方ないわ…」
って、手離れさせることを諦めてしまいます。


逆に上手くいく人のマインドは、大げさに言えば、
「こんな単純作業を自分でやるんだったら、生きてても仕方ないわ…」
という感じなんじゃないですかね?

少なくとも僕なんかは結構そんな感じです。


最初のうちは、質問をもらって、答えて、マニュアルをアップデートして…
これの繰り返しです。

人はほとんどやめますので、大量にこなさなければならないのは事実です。

でもそれを乗り越えて、教育係のような人が出来上がったら、
途端に何もやることがなくなります。


そういう未来を見据えて、気合で乗り切って欲しいです。

1 / 712345...最後 »

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。