Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

このままではヤバい

 

先日、アカウントが全部サスペンドされた人の話をしましたけど、
僕は、それはそれでよかったのかなと思っています。

なぜなら、過去のアカウントとの紐付きの対策が甘かったため、
バレてサスペンドされるのは時間の問題だったでしょうし、
この件によって、十分に対策をするようになったからです。


彼は月収100万円くらいなんですが、
もっと規模が大きくなってからサスペンドされたら、更に大変になりますので…


災害が来ないと災害の対策をしないのと一緒ですね。

人が動く動機として、
「こうなりたい」より「このままではヤバい」の方がずっと強い。


サスペンドっていうのはその最たるもの。

今まであったものが失われるわけですから、
「ヤバい」感が一番得られます。


一度稼いだ人が落ちにくいのはそのせいです。

eBayで出品しまくって稼いで、
稼げたーって出品をサボるようになると、当然売上は落ちます。

そうすると「このままではヤバい…」ってなりますから、
また頑張ることになります。


だから、副業の人なんかは、なかなか頑張るのが難しかったり。

だって、別に稼げなくてもお金減らないので。
生活費はあるわけですからね。


本業の人であれば、稼げなければお金が減り続けますので、
その危機感といえば大変なものです。

実際僕がそうでした。


何もなくてもそういう危機感を持てる人は強いですね。

今の生活に疑問を感じ、理想の生活と対比して、
「このままではヤバい…」と思える人。


どーも頑張れない、という人は、
「このままでヤバくないのか?」を考えてみましょう。

稼ごうと思ってるわけですから、実は結構ヤバいはずです。

まさかのアカウント復活事例

 

先日、
「全Amazonアカウントがサスペンドされた」
と報告してきた人の話をしたと思いますが…

彼が、その後面白い事例を持ってきてくれました。


あの後、すぐ日本で新しいアカウントを作ったそうなんです。

当然、前のアカウントと紐付かないように細心の注意を払って。


しかし…すぐに、
「閉鎖されたアカウントと関連性がある」
ということで、またサスペンドされてしまったとのこと。

基本的に、こうなったらアカウント復活はありえません。

悪質な規約違反がバレているということですから。


しかし、彼は諦めずに、
「いや、なんのことでしょうか?」
と、シラを切り通したんです。

その結果…
なんと、1週間ほどで、知らないうちにサスペンド解除されていました。


初めての事例なのでかなりビックリしましたが、
これはかなりの朗報ですね。


Amazon側は、確定的とまでは言えない情報をもとに、
「閉鎖されたアカウントと同一人物だろう」
という疑惑で、サスペンドをしていたのでしょう。

おそらくは、出品物の一致とかその辺だと思います。


そういうことで、知らないを押し通せば、
解除されることもある、ということ。


なので、同一であることがバレない努力をしっかりすれば、
万が一があっても、復活する可能性があります。


いや、そもそも「こうなったら復活しない」というのは、
単なる思い込みなのかもしれません。

サスペンド事情っていうのは、あまりに規則性が少なく、
「気まぐれ」としか言いようがないことも多いです。


どんな状態になっても、謝るとか、シラを切るとか、
できることはしっかりとやり遂げる、
というのは、必ずやっておかなければならないですね。

当たり前すぎて気付かない強み

 

売れる確率っていうのは、
売れてる数÷競合の数
という式で決まってきます。

もちろん、価格とかの条件がありますが、
大雑把に言えば、ということです。


ただし、ここで「競合の数」を数え間違えてはいけません。

ある条件を考慮すると、競合の数は大きく変わってきます。


それは、
「全世界に発送するかどうか?」です。


eBayであれAmazonであれ、特にアメリカセラーなんかは、
「アメリカ国内にしか発送しません」
というセラーが、かなり多いです。

そういったセラーっていうのは、僕らの感覚でいうと、
交渉次第でどこでも送ってくれるだろう、
って思うかもしれませんが、お客さんはそんなことは思いません。


アメリカ国内のみに発送するセラーは、
それだけで、アメリカ以外の国のお客さんを失ってるんです。

つまり、アメリカの外で考えれば、
「競合」にはカウントする必要がありません。


それを考えるだけで、かなり競合の数が減る場合がありますから、
軽く検索かけたくらいで、
「うわ…競合多すぎ…」って諦めるのは早いかもしれません。


また、価格も高く設定することができたりしますね。

「全世界に送るセラーの中で最安値」
であれば、アメリカ以外の国のお客さんには、かなり買われやすくなります。

なので、場合よっては、無理に全体の最安値に合わせることはありません。


もちろん、アメリカはeBayやAmazonでは最もよく売れる国ですが、
全世界に売ることができる、っていうのは大きな強みです。

当たり前すぎて気付かないかもしれませんが、
存分に活かしていきましょう。

リサーチ力に大きな開き

 

「どうしても、中古品では価格差のある商品を見つけられません…」

eBayの無在庫販売に取り組む中で、こんなことを言ってる人がいました。


確かに、中古品は新品よりも数が少ないので、
単に「eBayと国内との価格差がある」という商品を見つけるだけなら、
新品よりは数が少なくなってきます。

が、それ以上に競合が少ないですから、
見つければ売れる可能性が遥かに高いですし、
そもそも、「見つからないほど少ない」ということはありえません。


ってことで、そうやって言ってる人の前で、
片手間でリサーチしてみたんですよ。

その人が、
「見つかりません!」
って言っている、類似のカテゴリーで。


そんだけ見つからんって言ってるんだから、
今のeBayでは本当に多少厳しくなってるのかなーなんて思ったんですが…

ものの1分で、6万円程度の価格差が生じている商品を見つけました。


本当に、僕からしたら何も考えてません。

思いついたカテゴリーで、日本セラー限定で検索かけただけです。
仕入先も普通にヤフオクですし、難しいことはしていません。


その後も、1万円以上の価格差のある商品がバンバン…

改めて、「リサーチ力」っていうものに、
大きな開きがあるということを目の当たりにしました。



単にリサーチ力って言っても大雑把過ぎるのですが、
今回のケースだと、
「だいたいどんなものが売れているか」を把握していた、というところが大きいです。


その人が調べている類似カテゴリーのうち、
「この辺がよく売れてそうだな」っていうのを、感覚的に知ってるんです。

なので、ほとんど何も考えずに選んだカテゴリーで、
だいたい当たってしまう…と。


初心者からすると信じられない話かもしれませんが、
数をこなせば必ず見えてくるようになります。

僕だって、がっつり自分でeBayを見まくってたのは、
せいぜい最初の1年くらいですから、
1年も頑張れば十分把握できる、ってことですね。


「広く、全ての商品を見る」というのを意識して、
まずはそのくらい、頑張ってみる。

それ以前に諦めちゃうのは勿体ないです。

史上最年少棋士の誕生!?

 

趣味というほどでもなく、すげー弱いんですけど、
僕は将棋が結構好きで、プロの対局とかよく見たりしています。

そんな将棋界で今、
「史上最年少棋士」が生まれようとしています。

この人。
http://www.asahi.com/articles/ASHBL5G7NHBLPTFC00G.html


詳しい話は省きますが、中学2年生にして、
非常に狭き門である「プロ棋士」に、あと一歩のところまできています。

ファンとしては興奮する話です…


今まで中学生で棋士になった4名の方は、
あの羽生善治さんをはじめ、歴史に名を残す大棋士ばかり。

きっと彼も、そうなるんであろうと思っています。



こういうのを見ていると、
「早熟である」ということが、いかに優れたことであるか、がわかりますね。

始めるのが早ければ早いほど、成功する可能性が高いのです。


僕は22歳でeBayを始めました。

今ではさほど珍しくないですが、当時は本当にそんな年齢の人はいなくて、
周りは全員めっちゃ年上でした。

上手く説明しにくいんですが、そのアドバンテージはめちゃくちゃ感じてましたし、
本当に、あの時始めてよかったのは間違いないです。


いつ始めても、遅いということはありません。

実際、僕が運営する「君嶋組」でも、
40代の活躍はめちゃくちゃ目立っています。


が、全体を眺めれば、やっぱり若い時に始めた方が有利です。


ですから、「やりたい」という思いがあったら、すぐにでもやって欲しいんですよ。

大学生であろうと、高校生であろうと、なんなら中学生でも、
「ビジネスなんて早すぎる」ということは全くありません。

僕が中学生の頃は、すでに遊戯王転売で、月10万円くらい稼いでましたし。


思い立ったら、すぐに始めちゃってください。
後悔することは絶対にありません。

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。