Profile

君嶋 哲弘
-Tetsuhiro Kimishima-

2011年4月、eBayでの販売を開始。
ある程度稼げるようになったため、
翌年3月には、受かっていた大学院を蹴り、
この道一本で行くことを決意。

2013年3月に開始したAmazon輸出では、
たった2ヶ月で月収100万円を突破。
現在は、eBay、Amazonを中心にビジネスを展開しつつ、
ブログ、メルマガを通じて、
輸出ビジネスの情報を発信しています。

ブログ内検索

ブログランキング

ブログランキング ブログランキング

カテゴリー

アーカイブ

送料をカットする梱包方法 その2

 

昨日の話題の続きですが、
従来よりももっと画期的っぽい梱包方法とは、
「シュリンク包装」と呼ばれる方法です。

あのAmazonが使ってるやつですよ。
ビニールでダンボールの板に固定して、動かなくしてる感じの。


あれって、結構大掛かりなものだと思ってたんですけど、
道具さえ揃えれば、普通に家でも簡単にできるようです。

僕自身はまだやったことがないので、こういうページを参考にしてもらえればと。

シュリンク包装のやり方
http://www.sunplastic.jp/?cn=100004&bgc=10000007


僕らの場合は、これに加えて、

・ダンボールの板と一緒に包装する
・ダンボールの板を、ダンボールの底面に貼る

という作業が必要になりますね。


ダンボールの板は、
「ダンボールパッド」という名前で普通に売られていますから、
ダンボールを買う際に、それにあったサイズのものを買っておけば大丈夫です。

または、Amazonで商品を仕入れれば、
普通にダンボールにダンボールの板が付いてきますので、
それを再利用するというのが一番わかりやすいですね。


接着は、「グルーガン」というものを使うようですね。

グルーガン
https://www.amazon.co.jp/dp/B01GNVYF5A/



こうやって見てると、慣れ次第では、
プチプチ巻いたりするより早くなりそうですね。

Amazonのダンボールを再利用する場合って、
いずれにしても、下の板がないと不安定なので、
フィルムの重さだけで梱包できる感じになります。


手間も重さもカットできるのであれば、
導入する価値はかなりあるかと。

ぜひ試してみてもらえればと思います。

送料をカットする梱包方法 その1

 

無在庫販売っていうのは、小さいコストとの戦いです。


誤解を恐れず言えば…
差別化が難しい分、誰がやっても似た様な結果になるもので、
細かいことの積み重ねで利益にしていく感じ。


1品につき30円コストが減れば、
1000品売った時に30万円の違いになります。

1000品っていうのはそんなに難しくなく、
月収数十万円レベルでもたどり着く数字。

その状態の30万円というのは、相当に大きいですよね。


とはいえ、実際にコストを減らすとなると、
そう簡単な話ではありません。

・仕入れ値
・送料
・人件費
・その他

という感じで分けられますが、
簡単に下がったら苦労しないよ!というものばかりです。


今日はその中で、「送料」に触れようかと思います。
あまりこの手の話を最近してなかったので。

特に梱包ですね。

果たして、軽く梱包するにはどうするか?ということ。


まず、最も軽いのは、封筒です。
郵便局でもらえるEMS用封筒。

これに入るものは、よっぽど壊れたりつぶれそうでない限り、
全てこれで送る、でいいと思います。


そうじゃないものはダンボールで送る、ということになるんですが、
緩衝材は、なんだかんだ新聞紙、と決めていました。

というのは、緩衝材っていろいろありますが、
よく海外の荷物で使われるハイタッチとかって、
送られてくる方としては、ゴミになるのでとーっても嫌なんですよね。

ハイタッチ
http://matsuyasyokai.co.jp/ecotach.html

軽いかもしれませんが、敷き詰めるには量が要りますし、コストもバカにならない。


新聞紙はタダで、くしゃくしゃにすれば体積は増えて意外と重くなく、
敷き詰める手間もかからない。

ということで、一番優れている、と思ってたんですが…



最近、もっと画期的っぽい梱包方法をする人が現れ始めました。

この話はまた明日…

わくわくが止まらない

 

先日公開した、中西さんの対談は聞いていただけましたか?

月収300万円というのは、中々達成できる数字ではありません。
その全てを引き出しているので、存分に盗んでいただければと。

特にAmazon輸出に取り組む人は必聴です。

中西×君嶋 君嶋組対談
http://ossblog.jp/contents/taidan/nakanishi.mp3


君嶋組では、「日報」というものを毎日出してもらっているのですが、
この日報を毎日を見てると、
「その人が今どういうテンションなのか?」
ということが、かなり見えてきます。


ポジティブなのか、ネガティブなのか。
ビジネスにやる気があるのか、ないのか。

特にそういった部分ですね。


日報がポジティブでやる気がある人は、
必ずと言っていいほど大きな成果を出します。

で、そういうのって、いわば「伝染」していくんですよ。


やる気がある人に触れると、ある程度の確率で、
触発されて、やる気が一気に上昇します。

「確率」っていうのが適切かはわかりませんが、
それなりに正しい表現のような気がします。

逆に、そういうことが起こらないと、伸びは起こりません。


中西さんは、僕が今見ている中で、
多分最もやる気に満ち溢れています。

「ビジネスが楽しくて仕方ない」
「わくわくが止まらない」

そんなテンションが、毎日伝わってきます。

そりゃ、このテンションだったら、300万も稼ぐよね…って感じです。


対談で話されてるノウハウはもちろんのことですが、
そんなテンションを受け取って貰えばと思います。

この空気は、今しか出せません。


中西×君嶋 君嶋組対談
http://ossblog.jp/contents/taidan/nakanishi.mp3

2 / 212

クラウドソーシング大全集


「働かずに月収100万円」を達成した理由は、全てここにあります。君嶋のSOHOの活用法を、完全公開!3年間の集大成と言うべき教材です。

STEP1


月額15000円のエグゼクティブ会員。 その初月の教材だったSTEP1が、 なんと現在無料配布中です。 eBay販売を志すならば、絶対に手に入れてください。

Amazon海外販売戦略大全集


エグゼクティブクラブの、Amazon海外販売の教材です。 こちらも、今なら入門編が無料で入手できます。 僕が2ヶ月で月収100万円を達成するのに参照した教材はコレだけです。